メニュー

閉じる

HOME> HiViベストバイ2018 SUMMER

HiVi夏のベストバイ2018
HiVi夏のベストバイ2018
ビデオプレーヤー部門
ビデオプレーヤー部門は今回から価格分けを廃止している。そこでベストワン選ばれたのはパナソニックのUHD Blu-rayプレーヤー「DMP-UB900」。第2位にも同じくパナソニックの新製品「DP-UB32」が選出された。第3位のソニー「UBP-X800」もUHD Blu-ray再生機だ
パナソニック DMP-UB900
パナソニック
DMP-UB900
オープン価格
(実勢価格13万円前後)
 「DMP-UB900」は、UHD Blu-rayプレーヤーの定番として、根強い人気を誇る。本体は比較的コンパクトだが、2系統のHDMI出力を搭載。再生系の映像回路についても、あの「DMR-UBZ1」とほぼ同等で、高精度な画像処理によって4K&HDR映像の質感を高める「4Kリアルクロマプロセッサplus」も搭載済みだ。この高度な信号処理は、NETFLIX、Amazonプライム・ビデオ、YouTubeといったインターネット動画にも効果的で、4K画質全体を力強く押し上げる。
 そして4K&HDRコンテンツ再生時に重宝する「ダイナミックレンジ調整」機能は、HDR→SDR変換時だけでなく、HDR再生時でも有効(※)。特にプロジェクターユーザーにもたらす恩恵は計り知れない。(藤原)
※HDR→SDR変換時は「ダイナミックレンジ変換調整」機能になります
パナソニック DP-UB32
パナソニック
DP-UB32
オープン価格
(実勢価格3万5000円前後)
 本体をグッとコンパクトにしたUHD Blu-ray対応機。とはいえ、パナソニック技術陣の構えは一切に手抜きなく、「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載する大盤振舞い。先代の「DP-UB30」を大きく凌ぎつつ、上位機の「DMP-UB900」に迫る高画質を実現している点が頼もしい。NETFLIXやAmazonプライム・ビデオにもきっちり対応。起動時間の速さも二重マルだ。(小原)
ソニー UBP-X800
ソニー
UBP-X800
オープン価格
(実勢価格4万5000円前後)
 UHD Blu-rayだけでなく、SACDやDVDオーディオの再生にも対応するユニバーサルプレーヤーのエントリーモデル。4Kアップコンバートなど機能的には充分で、NETFLIXなどの動画配信サービスにも対応する。コントラスト感が高いくっきりとした映像は、色合いも忠実感のある仕上がりで、お買い得度は高い。(鳥居)
パイオニア BDP-LX88
パイオニア
BDP-LX88
¥278,000+税
ヤマハ BD-A1060
ヤマハ
BD-A1060
¥75,000+税
順位 メーカー 型番 本体価格 得点 評価
麻倉  潮  小原 高津 鳥居 藤原 山本 吉田
1 パナソニック DMP-UB900 オープン価格 19
2 パナソニック DP-UB32 オープン価格 14
3 ソニー UBP-X800 オープン価格 9
4 パイオニア BDP-LX88 ¥278,000 3
5 ヤマハ BD-A1060 ¥75,000 2

HiViベストバイ2018 SUMMER 部門一覧

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.