メニュー

閉じる

HOME> HiViベストバイ2018 SUMMER

HiVi夏のベストバイ2018
HiVi夏のベストバイ2018
スピーカー部門(6)
〈ペア100万円以上200万円未満〉
ペアで100万円以上200万円未満のハイエンドスピーカーを扱うこの部門では、昨年日本デビューでいきなりベストワンに輝いたエステロンの「YB system」が今回もその座を譲らなかった。第2位は同点で3モデルが並ぶ大混戦。中でも前回の第5位からランクを上げたダイヤトーンの「DS-4NB70」には注目だろう
エステロン YB
エステロン
YB
¥1,900,000(ペア、マットブラック)+税
※写真はグロスホワイト仕様で
¥2,100,000(ペア)+税
 前回(冬のベストバイ)から引き続いての第1位は大いに納得の、クールビューティーを絵に描いたような傑作スピーカーシステム。筆者が愛用のYGアコースティック製スピーカーとコンセプトを同じくする本機では、大理石パウダー混入の複合素材を鋳造した強靭な密閉型エンクロージャーに、90Hz以下用22cm口径サブウーファーを下端に、ベリリウムドームトゥイーターと15cmミッドレンジを上方に配置。全帯域がシームレスにつながったワイドレンジ感が見事だ。中域の張り出しを抑えたフラットレスポンスは、超低域の暗騒音から超高域のオーバートーンの漂いまで完璧に伝える。サイズを超えた低域の伸びと質感の素晴らしさ、空間再現性に脱帽。(和田)

ダイヤトーン DS-4NB70
ダイヤトーン
DS-4NB70
¥1,200,000(ペア)+税
 ウーファー、トゥイーターともに「NCV-R」と呼ぶカーボン・ナノチューブの新素材を使い、ダイヤトーンの復活を印象づけるスピーカーだ。定位感に優れていることが特徴で、カラレーションがきわめて少なく、スピード感のあるサウンドを聴くことができる。スタイリングも含め、新世代機らしい表現力を備えたスピーカーである。(潮)

ピエガ Coax 511
ピエガ
Coax 511
¥1,450,000(ペア)+税
 アルミ製エンクロージャーを生かした優雅なデザインで知られるピエガの高級ライン、Coaxシリーズのフロアー型モデル。同軸リボン「C111」と、2基のウーファーによる3ウェイ構成(+2基のパッシブラジエーター)で、雄大かつ、おおらかな空間を目の前に描き上げる。大音量、小音量に関わらず、音像が明確で、フォーカスがぶれないのがいい。(藤原)
モニターオーディオ PL300 II
モニターオーディオ
PL300 II
¥1,600,000(ペア)+税
 HiVi視聴室のフロントL/R再生用として、着々と信頼感を高めてきたリファレンスシステム。4Ω仕様だし、トゥイーターがけっこう使い方の難しいプリーツ振動板型なので、当初はどうかなと思った。でも徐々にこなれ、時に惚れぼれするほどスムーズに洗練された美音を聴かせるようになった。現代を代表する英国トーンか。(高津)
ヤマハ NS-5000
ヤマハ
NS-5000
¥1,500,000(ペア)+税
(スタンド別売)
順位 メーカー 型番 本体価格(ペア) 得点 評価
麻倉  潮  小原 亀山 高津 藤原 山本 和田
1 エステロン YB system ¥1,900,000 17
2 ダイヤトーン DS-4NB70 ¥1,200,000 14
2 ピエガ Coax 511 ¥1,450,000 14
2 モニターオーディオ PL300 II ¥1,600,000 14
5 ヤマハ NS-5000 ¥1,500,000 13

HiViベストバイ2018 SUMMER 部門一覧

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.