メニュー

閉じる

HOME> HiViベストバイ2018 SUMMER

HiVi夏のベストバイ2018
HiVi夏のベストバイ2018
ポータブル
デジタルオーディオ
プレーヤー部門(2)
〈10万円以上〉
アステル&ケルンのフラッグシップモデル「A&ultima SP1000」が前期に続いてベストワンを獲得。全員がベストワン(☆)に推すという安定感を見せた。アステル&ケルンは、ドイツで行なわれた展示会「HIGH END MUNICH 2018」で「AK320」の後継機となる「A&futura(フューチュラ)SE100」をお披露目したばかり。日本でも発表された同機は、次回以降本部門での登場が期待される
アステル&ケルン A&ultima SP1000
アステル&ケルン
A&ultima SP1000
オープン価格
(実勢価格50万円前後)
 アステル&ケルンの最上位モデル。DAC素子は旭化成エレクトロニクス「AK4497EQ」のデュアル構成、超低ジッタークロック、低歪み・低ノイズを徹底した回路設計などにより、携帯プレーヤーの常識を超えた高密度な音が味わえる。Wi-Fi対応でネットワーク音楽再生にも対応。高機能と高音質を両立していることも驚異的で、8コアCPUによる快適な操作感も大きな魅力。限定モデルでPVDコートのブラックカラーも登場した。(鳥居)

ソニー NW-WM1Z
ソニー
NW-WM1Z
オープン価格
(実勢価格30万円前後)
 ソニーが満を持して送り出してきた携帯型の高級オーディオプレーヤー。純度約99.96%という無酸素銅切削筐体を投じられている。最新のアンプ「S-Master HX」、DSDネイティブ再生、4.4mmバランス接続対応端子など、新機軸を導入。これまでの不満を一気に解消した。分解能の高い低域と、ニュアンス豊かに描き出すヴォーカルは聴き応えがある。(藤原)

コウォン PLENUE 2 MarkII
コウォン
PLENUE 2 MarkII
オープン価格
(実勢価格18万3333円前後)
 ボリュウムノブに加えて、カスタマイズ可能なツマミをもう1つ追加したデザインが印象的。従来機から連続再生時間が伸びたほか、クロストーク減やバランス出力値の向上などを果たし、実力をさらに磨き上げた。音色は実にカラフルで、オーケストラの演奏を鮮やかに描き出す。音場の見通しがいい、立体的なステージを楽しめる。(鳥居)

クエスタイル QP2R
クエスタイル
QP2R
オープン価格
(実勢価格15万9800円前後)
ソニー NW-WM1A
ソニー
NW-WM1A
オープン価格
(実勢価格12万円前後)
順位 メーカー 型番 本体価格 得点 評価
小原 鳥居 土方 藤原
1 アステル&ケルン A&ultima SP1000 オープン価格 12
2 ソニー NW-WM1Z オープン価格 8
3 コウォン PLENUE 2 MarkII オープン価格 7
4 クエスタイル QP2R オープン価格 6
5 ソニー NW-WM1A オープン価格 4

HiViベストバイ2018 SUMMER 部門一覧

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.