メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2018.3.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2018.2.28 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2018.1.31 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2018.1.31 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2018.1.25 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2018.1.19 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.12.11 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2018.2.27 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    月刊HiVi 2018年7月号

    NEW UPDATE 2018.6.15 更新

    季刊ステレオサウンド No.207 2018年 SUMMER

    NEW UPDATE 2018.6.4 更新

    隔月刊PROSOUND 2018年6月号 Vol.205

    NEW UPDATE 2018.5.16 更新

    季刊管球王国 Vol.88 2018年 SPRING

    NEW UPDATE 2018.4.26 更新

    DigiFi No.29

    NEW UPDATE 2018.3.1 更新

    季刊管球王国 Vol.87 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2018.1.29 更新

    隔月刊PROSOUND 2018年2月号 Vol.203

    NEW UPDATE 2018.1.18 更新

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2018.6.21 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2018.6.20 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2018.6.20 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2018.6.15 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2018年3月)PDF

    HiVi

    (2018年3月)PDF

    管球王国

    (2018年1月)PDF

    DigiFi

    (2018年3月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2018年3月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2018年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> HiViベストバイ2018 SUMMER

ここがスゴイ!!
シネマDSPの新境地を拓く「SURROUND:AI」を採用した注目製品(潮)
「SURROUND:AI」は画期的! 映画ファンはぜひ体感してほしい(亀山)
ESS社最新DAC搭載。音質の練磨にも注力したハイコスパモデル(高津)
※HiVi ベストバイの選考は、★(ベストワン)、◎(特選)、○(推薦)の3種類があります
推薦者のコメント
BEST1
麻倉怜士
 ドルビーアトモス、DTS:X、そして独自のシネマDSP HD3(キュービック)と現代映画を愉しむための、仕掛けを総動員した。なかでも時間的な内容変化に応じて、ひとつのコンテンツ内で、シーンの状態を認識、それにふさわしい音場空間を創生してくれる「SURROUND:AI」機能はたいへん有効だ。
BEST1
潮 晴男
 映画のシーンに合わせて最適な音場を創生する「SURROUND:AI」を採用し、シネマDSPの新境地を拓く今夏注目の新製品である。しっかりとしたダイアローグとキレのよいサウンドを聴かせるとともに、プロジェクターとディスプレイを使い分けるユーザーに喜ばれそうな3系統のHDMI出力を装備。リモコンの使い勝手がよくなったことも嬉しい。
BEST1
小原由夫
 新しいシネマDSPは、リアルタイムで信号を解析し、各シーンに適切な音場を提供する人工知能機能が盛り込まれた画期的な「SURROUND:AI」。AIがより柔軟かつ濃密なイマーシブサウンド空間を創出する。その信号処理効果を視覚的にチェックできる機能もある。新ラインの末っ子モデルながら、モリモリと元気なサウンドが魅力。
BEST1
亀山信夫
 パワーアンプ7台を積み、5.1.2再生まで可能なアベンタージュの4桁シリーズ末弟。ドルビービジョンなど新映像規格への対応や、2.4GHz/5GHzデュアルバンドWi-Fi、DSD 11.2MHzフォーマット等に対応する新開発ネットワークモジュール搭載で多機能ハイスペックを訴求する。しかし本機最大の注目点は「SURROUND:AI」。ヤマハが長年追求してきた音場創生技術シネマDSPの集大成と言ってもいい画期的な提案だ。数々のDSP処理が映画の場面に応じて選ばれるが、自然な感覚で切り替わるその音世界は、もう一人のミキシングエンジニアがいるようだ。映画ファンにはぜひ、体感してほしい。
特選
高津 修
 上位機RX-A2080、A3080と同様な新機能「SURROUND:AI」を採用してシネマDSPの空間表現能力を飛躍的に強化。D/AコンバーターにはESSテクノロジー社の最新チップを導入するなど、広帯域が著しい配信音源への対応と音質の練磨にも注力した高C/Pモデルだ。前作A1070に比べ確実にフォーカスがよく、鮮やかなシネマDSP機の新境地。
特選
藤原陽祐
 注目点は、やはりシーンに応じて、フルオートで最適な音場処理を切り替えていく「SURROUND:AI」だろう。ある時はセリフを際立たせ、また、ある時は大迫力の空間を描き上げる。見慣れた映画でも、違った感動が沸き上がる。正攻法の音づくりも好印象だ。
推薦
山本浩司
 この夏もっとも感心させられたAV機器は、刻一刻と変化する映画のシーンに合わせて最適なシネマDSP効果を提供する「SURROUND:AI」を初搭載したヤマハのAVセンター、最新アベンタージュシリーズだった。本機はその末弟モデルとなるが、音質がよく練り上げられており、この価格帯でもっともダイナミックなサラウンドサウンドを聴かせてくれる。
特選
吉田伊織
 前身のA1070からの主な変更点は、まずD/AコンバーターがESSテクノロジーのSABRE9006ASから同ES9007Sに、またネットワークモジュールが2.4GHz/5GHz対応の高性能になったこと。そして音場プログラムに「SURROUND:AI」を新規採用。これは音場成分の変化をAI手法で検出し、瞬時に最適な音場処理を施して表現の質が向上する。
BEST1
和田博巳
 新搭載の「SURROUND:AI」は、刻一刻変化する映画のシーンに瞬時に反応して最適な音場空間を創出する機能だが、効果はきわめて大きい。さらに本機はハイレゾ音源再生でも、新開発ネットワークモジュールおよびDACチップの変更が功を奏して、前作RX-A1070と1対1で聴き比べてもその音はいっそうナチュラル、かつ情報量も多い。
※HiVi ベストバイの選考は、★(ベストワン)、◎(特選)、○(推薦)の3種類があります

HiViベストバイ2018 SUMMER 部門一覧

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ジャコメッティ 最後の肖像
  • 否定と肯定
  • ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
  • ファースト・キル ブルーレイ&DVDセット
  • ギルバート・グレイプ
  • 映画「伊藤くん A to E」
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.