メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.7.16 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.7.12 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.7.7 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.6.30 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.6.28 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.6.21 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.5.29 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.7.18 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    隔月刊PROSOUND 2017年8月号 Vol.200

    NEW UPDATE 2017.7.18 更新

    月刊HiVi 2017年8月号

    NEW UPDATE 2017.7.15 更新

    季刊ステレオサウンド No.203 2017年 SUMMER

    NEW UPDATE 2017.6.1 更新

    DigiFi No.26 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.5.29 更新

    耳が喜ぶ補聴器選び No.2 2017-2018

    NEW UPDATE 2017.5.15 更新

    季刊管球王国 Vol.84 2017年SPRING

    NEW UPDATE 2017.4.27 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.7.21 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.7.20 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.7.19 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.7.18 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年7月)PDF

    HiVi

    (2017年7月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年7月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年7月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > HiVi BESTBUY 2017 SUMMER

ここがスゴイ!!
小さな巨人。スピード感に溢れた音で実に魅力的だ!(潮)
唯一無二のパワーアンプ。ベストバイ中のベストバイ(高津)
デジタル増幅の荒っぽさが皆無。音の骨格を明確に描き出す(藤原)
スペック 製品内容
●出力:120W×2(4Ω)、290W●接続端子:アナログ音声入力2系統(RCA、XLR)●備考:バランス入力HOT=2番ピン●カラリング:ブラック、シルバー●寸法/質量:W235×H55×D276mm/4.8kg
ニューフォースの上位ブランドとして確固たる地位を築いたニュープライムは、高効率&高出力を実現したアンプづくりで高評価を得ている。本機もその流れを汲んだ小型ステレオパワーアンプで、「シングルエンドA級+D級アンプ設計」という独自の回路設計が特徴のモデルだ。550kHzという超高速のスイッチング周波数と、高効率のリニア電源との組合せで、高い電流供給能力を低ノイズで実現しているという。リア端子のスイッチでモノラール動作にすることもでき、その場合は、290W(4Ω時)を叩き出す。バランス入力にも対応する。
推薦者のコメント
BEST1
麻倉怜士
 同ブランドのDAC-9やHPA-9とコンビを組むパワーアンプだ。「デジタルアンプは音が悪い」とよく言われるが、例外もある。「ニューフォース」の時代から推進していた、独自のデジタル駆動方式「アナログスイッチング」技術がそれ。動作原理はD級なのだが、一般的なクラスDアンプと異なり、オーディオ信号をPWM(パルス幅変調)化する際に固定周波数の鋸波を使用しないのが独自だ。これほど軽くて、小さいのに、充実した音が聴ける。音の鳴り方に淀みや人工的な痕跡がなく、音楽が自発的に発せられる愉悦的な表情だ。芯がしっかりとし、弾力感のある音の飛翔感が愉しい。微小信号から大振幅信号まで高いリニアリティで再生する。
特選
潮 晴男
 ニューフォースのハイエンドブランドとして登場したニュープライムのプリメインアンプである。PWM(パルス幅変調)方式によるスイッチングアンプをパワー段に用いて、これをトロイダルトランスを備えたアナログ・リニア電源を組み合わせている。スイッチング周波数が550kHzと極めて高く、ピーク時での反応を改善している。横幅わずか235mmのコンパクトなモデルだが、120Wの出力を持つ小さな巨人。S/N感が高く、スピード感に溢れたサウンドの、実に魅力的なアンプだ。
BEST1
小原由夫
 A+Dクラスという、ちょっと風変わりな回路を搭載したコンパクトな高効率パワーアンプ。真空管アンプの音調を目指し、偶数次高調波回路を組み込んだという点がユニークだ。定格出力は120W×2で、ブリッジ接続にて290Wのモノーラルアンプとしても使用可能。筐体は何の変哲もないメタル製ボディに映るが、脚部に特許出願中のアイソレーションフィートを採用。回路とシャーシの相乗効果によるものか、スピード感と切れのよさが抜群。
特選
高津 修
 D級出力デジタルアンプの仲間で、パネル幅が23cmほどのコンパクトサイズでありながら定格120W×2(4Ω)の大出力。しかもD級機にはめずらしく、ブリッジ接続で290Wのモノアンプになるというびっくりフィーチュアももっている。おまけにステレオモードでは、偶数次高調波をすこし残して真空管アンプに似た音質を狙う。そして価格がとてもリーズナブル。こんなパワーアンプはほかにない、ベストバイ中のベストバイ。
BEST1
藤原陽祐
 アルミニウムのヘアライン、アルマイト仕上げのスタイリッシュなデザインが特徴的なステレオ仕様のパワーアンプ。パルス幅変調を生成するために自己発振回路と、選別したトロイダルトランスを持つリニア電源の実用化により、D級アンプの高効率とアナログアンプの高S/Nを高次元でバランスさせている。実際、ダイナミックレンジに余裕があり、音の骨格を明確に描きだす肌合いのいいサウンドで、デジタル増幅の荒っぽさは皆無だ。
推薦
山本浩司
 シングルエンドのクラスAモジュールにクラスD増幅の出力段を設けたユニークな構造の、ひじょうにコンパクトで使いやすいステレオパワーアンプ。見た目からは想像できない駆動力を誇り、サラウンドシステムの音質強化用としても恰好の存在だ。また、本機をブリッジ接続して120W+120Wから290Wにパワーアップするモノ駆動時の音質向上ぶりも凄い。大型スピーカーをつないでも、しなやかで力感あふれる音を聴かせてくれる。
特選
和田博巳
 プリドライバー段はAクラス、パワー段はDクラスという独特な回路構成の本機は、ハイスピードでまことにフレッシュな音。この小さなサイズと高音質を活かした使い方として、例えば手元に既にUSB DAC内蔵プリアンプ(同社にもDAC-9があり)や、USB DAC内蔵ヘッドホンアンプを持っているという方は、高品位な音のデスクトップシステムやニアフィールドシステムを構築するのに、まさに打って付けのパワーアンプである。
※HiVi ベストバイの選考は、★(ベストワン)、◎(特選)、○(推薦)の3種類があります

HiVi ベストバイ 2017 SUMMER 部門一覧

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • 君の名は。 Blu-rayコレクターズ・エディション 4K Ultra HD Blu-ray同梱5枚組
  • 「君の名は。」Blu-rayスペシャル・エディション3枚組
  • TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)
  • Alexandros/We Come In Peace Tour & Documentary 通常盤
  • エレファントカシマシ/ライヴ・フィルム『エレファントカシマシ~1988/09/10 渋谷公会堂~』
  • アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督傑作選Blu-ray BOX 『恐怖の報酬』『悪魔のような女』『スパイ』
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.