メニュー

閉じる

HOME > 会社案内

企 業 理 念


「感動の極みへ」

人生のあらゆる局面において
実に多くの勇気と活力と希望を与えてくれるのが
趣味の素晴らしき世界。

私たちは、趣味を単なる道具としてではなく、
人生の糧、精神文化高揚のために趣味を追求する人のための
『コンシェルジュ役』を目指します。

人生と生活を豊かなものにする
趣味製品や嗜好商品との出会いを提供する
『専門集団』として進化し続けます。

これからも「感動の極みへ」向かって
愛好家の皆様と歩み続けて参ります。


ステレオサウンド 会社案内

会社名
株式会社ステレオサウンド(Stereo Sound Publishing,Inc.)
所在地
〒106-8661 東京都港区元麻布3-8-4
詳しい地図
代表者
代表取締役社長 原田 知幸
従業員数
45名(2018年4月現在)
資本金
1,800万円
創立年月日/設立年月日
1966年1月10日/1969年6月2日
事業内容
オーディオ・デジタルAV専門誌の制作・出版・販売
CD・SACD・DVD・Blu-ray等のデジタルコンテンツの制作・販売
デジタルAV関連ホームページの企画・運営
       

ステレオサウンド グループ沿革

1966年1月 クラシックレコードをこよなく愛していた創業者・原田 勲(現 会長)が、レコード再生による音楽の感動をひたすら追い求めるオーディオ愛好家のための指針となるべき雑誌「ステレオサウンド」を創刊(同年11月)。当時、技術的内容に重点を置いたオーディオ雑誌全盛の中、「人間の感性に勝る測定器はない」との強い自論と、「聴かねば判らぬ」という信念で、国内外オーディオ製品の試聴評論を核にした本格オーディオ雑誌を世に送り出す。現在では、中国本土、香港及び韓国の現地出版社と業務提携、中国語版および韓国語版「ステレオサウンド」「管球王国」「ホームシアター Foyer」「影音生活」が定期刊行されている。
1983年12月 オーディオ・ビジュアル時代を迎え、「大画面・高画質・高音質・サラウンド」の4大視点からAV機器のあるべき姿とその魅力を追求する、デジタルAV界のトップリーディング・マガジン「月刊HiVi(ハイヴィ)」を創刊。
1984年5月 プロ用オーディオ機器の全分野を視野に入れた、サウンドクリエイターのための日本で唯一のプロフェッショナルオーディオ・マガジン「隔月刊プロサウンド」創刊。
1989年5月 新しいカーライフを様々な角度から提案するカー・オーディオ・マガジン「季刊オートサウンド」を創刊。
1991年5月 デジタルAV製品と居住環境との調和を保ちながらホームシアターとの魅力ある暮らしを提案する「季刊ホームシアター」創刊。
1993年3月 業容拡大に伴い「港区六本木5-2-5」から現在地「港区元麻布3-8-4」に社屋を移転。
1995年7月 真空管アンプ愛好家のためのオーディオ・マガジン「季刊・管球王国」を創刊。
1995年9月 日本発信の中国本土向け世界のオーディオ・ビジュアル・マガジン「年2回刊・影音名牌」を創刊。
2000年4月 ホームページによる雑誌・書籍・CD・DVDソフトの販売を開始。
2003年7月 ロックを中心としたビート・ミュージックの再生を考えるリアル・タイム・ハイファイ・マガジン「不定期刊行物・BEAT SOUND(ビートサウンド)」を創刊。
2005年5月 いい音と暮らそうをテーマに、暮らしの中でいい音楽をいい音で聴きたいすべての人に贈る、従来のオーディオ誌にはない、新しいコンセプトのライフスタイル・オーディオ提案マガジン「サウンド・アンド・ライフ」を創刊。
2005年10月 今日のハイファイ・オーディオの原点であり、常にその最高峰に君臨し続けたメーカー「ウェスタン・エレクトリック」の全貌を明らかにした書籍(豪華本)「Western Electric Sound」を発行。
2005年11月 独自の審美眼によるセレクトショップをサイト上に開設。
2006年5月 日本版ホームシアターの香港版として隔月刊誌「影音生活」を創刊
2006年10月 JBL創立60周年記念出版別冊「JBL」が、第19回ミュージックペンクラブ音楽賞オーディオ部門最優秀著作出版物賞を受賞。
2006年11月 AV機器とインテリアのトータルコーディネイトを実際に体験して頂くための展示会「ホームシアターインテリア」ショウを開催。
2008年11月 日経「住まいのリフォーム博」にて「ホームシアターインテリア2008」を開催。
2008年12月 中国本土版AVマガジン「影音名牌」を改名し「影音生活」/Living with Home Theaterとして発行。
2009年1月 復刻版シリーズ 芥川賞作家五味康祐著「オーディオ巡礼」発行
2009年4月 ブルーレイ時代のチェックディスク「Super HiVi CAST」ブルーレイ版を発売。
2009年12月 ロック世代のサウンドマガジン「BEAT SOUND(ビートサウンド)」を、読者の熱い要望に応え季刊化。
2010年2月 録音技術の頂点ともいうべきダイレクト・ストリーム・デジタル(DSD)録音の楽曲から、三浦孝仁先生が厳選した、ステレオサウンド リファレンス ディスク「PURE DSD RECORDINGS」クラシック篇と、ジャズ & ヴォーカル篇の2タイトルを発売。
2010年10月 音楽配信、PCオーディオといった新世代の音楽の楽しみ方にフォーカスし、今より“いい音を楽しもう”をキーワードにした「DigiFi(デジファイ)」マガジンを創刊。
2010年11月 オーディオファイルの大定番、ジェニファーウォーンズ「ザ・ハンター」の最高音質ガラスCDを発売。
2010年11月 ステレオサウンド・リファレンスレコードSACD/CDハイブリッドシリーズとして傅信幸氏が選曲・構成した「NOBU'S POPULAR SELECTION」を発売。
2010年11月 高音質レーベル楽曲のハイレソリューションデジタルファイルをコンピュレーションしたUSBパッケージソフトを発売。
2011年4月 ホームシアターの達人 峰松啓氏による「新ホームシアターハンドブック for Professional」を発行。
2011年6月 古今東西のクラシック音楽名録音を語りつくした嶋 護氏による「クラシック名録音究極ガイド」を発行。
2011年11月 復刻版シリーズ アンプの神様伊藤喜多男著「もみくちゃ人生」発行
2011年12月 ジャズ喫茶ベイシー店主菅原 正二氏選曲による当社リファレンスSACD「A DAY AT JAZZ SPOT "BASIE"」を発売。
2011年12月 弊社Webページの全面リニューアルを実施。“Stereo Sound ONLINE”としてスタート。
2012年3月 デジタル書籍「朝沼思考 朝沼予史宏の仕事1987-2002」を出版(その後要望に応え紙版もオンデマンド出版)。
2012年4月 ステレオサウンド・リファレンスレコードSACD/CDハイブリッド盤シリーズとして柳沢功力氏が選曲・構成したクラシック名録音「EXTON BEST SOUND SCAPES」を発売。
2012年6月 フラットトランスファーシリーズ第1弾 石川さゆり「波の歌/風の歌」スタジオマスターCD-Rを発売。
2012年8月 Stereo Sound ONLINEに、カーオーディオやAVナビゲーションにまつわる話題を紹介するポータルサイト「Auto Sound Web」を開設。製品レビューなどを中心に、雑誌Auto Soundのエッセンスをウェブサイトで展開。
2012年9月 オーディオファイルの至宝として輝く逸品 グレン・グールドの歴史的名盤「ゴールドベルグ変奏曲」の石英ガラスCDを発売。
2012年9月 季刊「Stereo Sound」誌のデジタル出版開始。
2013年1月 フラットトランスファーシリーズ第2弾 石川さゆり「天城越え/朝花」スタジオマスター CD-Rを発売。
2013年3月 創刊15年60号を経た「Home Theater」誌を引き継ぎ、“リビングをエンタテインメント空間に!”をメインテーマとした季刊誌「ホワイエ/Foyer」創刊。
2013年3月 全24トラックを厳選収録した高音質ハイレゾマスターサウンドUSBパッケージソフトシリーズ第2弾発売。
2013年3月 弊社ECサイト(Stereo Sound STORE)全面リニューアル実施。
2013年4月 フラットトランスファーシリーズ第3弾 石川さゆり「津軽海峡・冬景色/風の盆恋唄」スタジオマスターCD-Rを発売。
2013年5月 復刻版シリーズ 最高のジャズサウンド再生を追求した岩﨑千明著「オーディオ彷徨」発行
2013年6月 読者の熱い要望に応え、フラットトランスファーシリーズ 美空ひばり「悲しい酒」CD-Rを発売。
2013年7月 世界初の2枚重ねギターピック Hi-Lo Pickを発売。
2013年7月 高品位PMMA樹脂メーカー日東樹脂工業によって開発された高分子特殊配合ポリメチルメタクリレート材による「CLAREX」ブランドのクラレックス・オーディオ制振ボードの読者特別頒布開始。
2013年9月 フラットトランスファーシリーズ第4弾 石川さゆり「飢餓海峡・ギターバージョン/花火」スタジオマスター CD-Rを発売。
2013年10月 クラフトビール界を代表する藤原ヒロユキ氏を編集主幹に迎え、すべてのクラフトビールファンに贈る雑誌「ビール王国」を発刊。
2013年11月 ヘッドフォン&イヤフォンの最新情報マガジン「ヘッドフォン王国」を発刊。
2013年12月 フラットトランスファーシリーズ 美空ひばり「愛燦燦/みだれ髪」スタジオマスターCD-Rを発売。
2014年2月 生涯をかけてよい音のするディスクを追い求めている嶋護(しま・もり)氏が季刊「ステレオサウンド」誌に連載中のソフト紹介記事、「嶋護の一枚〜The Best Sounding CD」の10年分(2003年〜2012年)をまとめた書籍「嶋護の1枚」を発刊。
2014年2月 新型USB DAC デジタルパワーアンプ特別付録付き「DigiFi」13号発売。
2014年3月 雑誌Auto Soundの年次企画であったオートサウンドグランプリをAuto Sound Webで実施。Auto Sound Web Grand Prixとして、1年間に発売されたカーオーディオ製品の中から、専任評論家によって最優秀製品を選定。
2014年4月 伝説的ジャズ喫茶「ベイシー」店主によるジャズとオーディオをめぐるエッセイ集「聴く鏡」第2弾発刊。季刊ステレオサウンド好評連載中の2006年〜2014年までの8年間を全網羅。
2014年4月 フラットトランスファーシリーズ 美空ひばり「川の流れのように/影を慕いて」スタジオマスター CD-Rを発売。
2014年5月 ヴィンテージアナログ機器・再生に関する蘊蓄や楽しみ、視聴記事などがたっぷりと詰まったアナログ愛好家待望の書「ヴィンテージアナログ2」発刊。
2014年8月 ついにハイレゾ仕様特別付録が実現!3号連続特別付録第1弾!96/24対応D/Dコンバーター付「DigiFi」15号発売。
2014年9月 1980年代、日本の音楽シーンを席巻した歌手・松田聖子の貴重な作品6タイトル「SQUALL」「風立ちぬ」「PINEAPPLE」「CANDY」「ユートピア」「SUPREME」を初SACD化。読者限定盤として発売。
2014年9月 フラットトランスファーシリーズ テレサ・テン「時の流れに身をまかせ/つぐない」スタジオマスター CD-Rを発売。
2014年11月 オーディオビギナーのための「はじめてBOOK」シリーズ第1弾「アナログレコードはじめてBOOK」発売。3号連続付録第2弾!96/24対応D/Aコンバーター ヘッドフォンアンプ付「DigiFi」16号発売。
2015年1月 孤高のオーディオブランドLINN、その哲学を示す初のヴィジュアルブック「LINN The Learning Journey to Make Better Sound」発売。
2015年2月 フラット・トランスファーシリーズ第9弾 テレサ・テン「空港」発売。
2015年2月 3号連続付録第2弾!バイアンプ&96/24再生対応パワーアンプ付「DigiFi」17号発売。
2015年3月 使いこなしの達人井上卓也氏の著作集「井上卓也著作集」発売。
2015年3月 管球王国掲載の歴代アンプをまとめた「上杉佳郎設計/製作アンプ集」第2集発売。
2015年5月 パソコンとスマホで良い音を求める人への入門書「デジタルオーディオはじめてBOOK」発売。
2015年5月 アナログ再生を極めたい愛好家のための「MCカートリッジ徹底研究」発売。
2015年5月 フラット・トランスファーシリーズ第10弾 テレサ・テン「愛人」「別れの予感」発売。
2015年7月 創立50年にあたりステレオサウンド試聴室を全面改装。これを機に、当社基準の「ステレオサウンド・リファレンスケーブル」を製作。
2015年8月 松田聖子SACD化第2弾6タイトル発売開始。
2015年8月 弊社WEBサイトの発信力強化のため、子会社「株式会社ステレオサウンドオンライン」を設立。
2015年8月 2号揃えてハイレゾ・スピーカーを作ろう!!連続付録第1弾!!オラソニック製フルレンジ8cmスピーカーユニット付「DigiFi」19号発売。
2015年9月 フラット・トランスファーシリーズ第11弾 大橋純子「シルエット・ロマンス」、第12弾石川さゆり「ウイスキーが、お好きでしょ」「夢の浮橋」発売。
2015年11月 名エンジニア武沢茂による入魂のカッティング!テレサ・テン≪ベスト盤≫(アナログレコード)、小椋佳≪彷徨≫(アナログレコード)発売。
2015年11月 連続付録第2弾!!40kHzの超高域まで再生可能 オラソニック製スーパートゥイーター付「DigiFi」20号発売。
2016年4月 オリジナルマスターテープからダイレクト45回転ラッカー盤カッティング、メタルマスター・ダイレクトプレス 美空ひばり≪ベスト盤≫(アナログレコード2枚組)、石川さゆり≪ベスト盤≫(アナログレコード2枚組)発売
2016年4月 別冊「耳が喜ぶ補聴器選び」発刊。補聴器ことはじめは、この一冊からスタート!前向き志向型補聴器選びマガジン。
2016年4月 「Contemporary Records Vol.1」 (SACD BOX 5枚組)発売。Contemporary Recordsの名盤の中から、5人のステレオサウンド執筆陣が推薦する計10タイトルを、名匠スティーヴ・ホフマンのマスタリングでSACD/CD化! 5枚組ボックスとして2回に分けて発売。至宝のジャズSACDコレクション第1弾! 第2弾は6月発売。
2016年5月 本邦初!大瀧詠一ハイレゾ化を実現! 1982年にアナログLPとしてリリースされたベスト盤をオリジナル・アナログ・マスターテープから復刻した限定盤「アーリー大瀧詠一」(CD+DVD-ROM<192kHz/24bit・WAVファイル収録>)発売。
2016年5月 特別付録はバランス駆動対応ヘッドフォンアンプ!「DigiFi」22号発売。
2016年6月 オーディオ名盤コレクション≪ジャズ編≫として至宝のジャズSACD化第2弾「Contemporary Records Vol.2」 (SACD/CD BOX 5枚組)を発売。「Vol.1」同様、米国オリジナル・マスターテープを名匠エンジニアのスティーヴ・ホフマンがマスタリング!
2016年7月 フラット・トランスファーシリーズ第13弾 ローズマリー・クルーニーのアルバム「Sings Ballads」のオリジナル・アナログ・マスターテープから「The Shadow of Your Smile」「The Days of Wine and Roses」の2曲入りマスターCD-Rを発売。
2016年7月 「MIXER’S LAB SOUND SERIES Vol.1」メタルマスター・ダイレクトプレス限定重量盤発売。PCM384kHz/32bit スタジオマスターからのダイレクトカッティングによる高品位アナログレコード。
2016年7月 太田裕美「こけてぃっしゅ」「ELEGANCE」発売。松田聖子作品に続くシリーズとして、オリジナル・アナログ・マスターテープの音を最大限忠実にSACD/CD化した待望の2タイトル。
2016年8 「ベラフォンテ/カーネギー・ホール・コンサート」発売。1959年カーネギー・ホール・リサイタルをライヴ収録したアナログ・マスターテープから初のSACD/CD化!ハリー・ベラフォンテの黄金期を飾る傑作。
2016年9月 創刊50年周年記念号「ステレオサウンド No.200」発売。特別付録にサー・サイモン・ラトル指揮/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団による名演集として、本誌のために世界初SACD化された4曲を含む全5曲10トラックの名演で構成されたSACD/CDハイブリッド盤『HIGHLIGHTS』を添付。
2016年10月 オーディオ名盤コレクション≪クラシック編≫ ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(SACD+CD・2枚組) ドヴォルザーク:交響曲第九番「新世界より」(SACD+CD・2枚組)発売。オリジナル・アナログ・マスターテープからフラット・トランスファーした世界初のディスク。
2016年10月 「サウンド・クリエイターのための、デジタル・オーディオの全知識〈増補改訂新版〉」発売。ナイアガラ再発カタログのテクニカル・エンジニアを担当してきた柿崎景二氏が「デジタル・オーディオ」全般をわかりやすく解説した決定版。「ロング・バケイション」のサウンドメイキングについて言及した大瀧詠一氏との対談を収録。
2016年11月 オーディオ名盤コレクション≪クラシック編≫ ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」(SACD+CD・2枚組)ロイヤル・バレエ・ガラ(2SACD+2CD・4枚組)発売。オリジナル・アナログ・マスターテープからフラット・トランスファーした世界初のディスク。
2016年11月 「ちあきなおみ・おりじなる」の愛読者限定・特別追加プレス盤発売。2007年、コロムビアミュージックエンタテインメントが18年振りにLP盤として発売したちあきなおみ極上のレコードの特別保存盤。
2016年11月 オーディオ名盤コレクション≪ポップス編≫ 松田聖子「Snow Garden」「金色のリボン」発売。オリジナル・アナログ・マスターテープの音を最大限忠実にSACD/CD化した待望の2タイトル。
2016年12月 オーディオ名盤コレクション≪クラシック編≫ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲) (2SACD + 2CD・4枚組)、ホルスト:組曲「惑星」(SACD+CD・2枚組)発売。オリジナル・アナログ・マスターテープからフラット・トランスファーした世界初のディスク。
2016年12月 アナログレコード初心者のための、レコードライフお買い物ガイド「My RECORD Style」発刊。
2017年1月 「デヴィッド・ボウイ読本 2017 EDITION」発刊。2016年1月に他界したデヴィッド・ボウイの偉大なる功績を振り返りながら、彼のアーティスト観を徹底的にクローズアップした完全保存版。
2017年1月 オーディオ名盤コレクション≪ポップス編≫ 松田聖子「Touch Me,Seiko」発売。オリジナル・アナログ・マスターテープの音を最大限忠実にSACD/CD化した待望のタイトル作品。
2017年3月 「大滝詠一読本完全保存版 2017 EDITION」発刊。音楽評論家の湯浅学が、大滝と縁のあった周辺スタッフやアーティストのインタビューを敢行。はっぴいえんどのアルバムを筆頭に、大滝詠一名義のオリジナル・アルバム、シングル、楽曲提供やプロデュース作などまでを網羅的に紹介。
2017年4月 テレサ・テン≪ベスト2≫、谷村新司≪ベスト≫180g重量盤アナログレコード発売。名匠カッティング・エンジニア武沢茂の手によって作り上げられた全曲オリジナル・マスター使用の完全保存盤。
2017年5月 別冊「耳が喜ぶ補聴器選びNo.2 2017-2018」発刊。補聴器情報を中心に、難聴予防や耳を守る(ケア)情報など、「きこえ」にまつわる情報を補聴器エントリー層に向けわかりやすくガイド。
2017年6月 Stereo Sound Hi-Res Reference Check Disc (BD-ROM+CD)発売。ハイレゾフォーマットが持つ「音の力」そのものを把握するために、CDフォーマットからハイレゾフォーマットまでをサンプリング周波数別、ビットレンジ別に同一条件で録音し制作した初のハイレゾリファレンスチェックディスクです。BD-ROMには、CDフォーマットの44.1kHz/16ビットからPCM384kHz/32ビット、DSD11.2MHz/1ビットの最上位のハイレゾフォーマットまでを、PCMはWAV形式、DSDはDSF形式で12曲全47音楽トラックを収録。各ハイレゾフォーマットの音質的特徴を音楽で把握でき、また、収録した12曲は通常のディスクプレーヤーでも再生できるようにしたCDを付属。
2017年8月 オーディオ名盤コレクション≪ポップス編≫ 太田裕美「心が風邪をひいた日」「12ページの詩集」発売。「こけてぃっしゅ」「ELEGANCE」に続くシリーズとして、オリジナル・アナログ・マスターテープの音を最大限忠実にSACD/CD化した待望の2タイトル。
2017年9月 アナログレコードコレクション≪ジャズ編≫ 「MIXER’S LAB SOUND SERIES Vol.2」メタルマスター・ダイレクトプレス限定重量盤発売。PCM384kHz/32bit スタジオマスターからのダイレクトカッティングによる高品位アナログレコード。
2017年10月 ハイレゾリューションマスターサウンド≪クラシック編≫ ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」」(DSD11.2MHzデータ入りBD-ROM)、ドヴォルザーク:交響曲第九番「新世界より」(DSD11.2MHzデータ入りBD-ROM)発売。ロンドンのマスタリングスタジオ「Classic Sound Ltd UK」において、英国保管のオリジナル・アナログ・マスターテープの音声を、ダイレクトに高品位ハイレゾフォーマットDSD11.2MHzにデータ化した世界初のディスク。
2017年10月 アナログレコードコレクション≪クラシック編≫ チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35(アナログレコード)発売。CD名盤として定評のある、アンネ=ゾフィー・ムター盤のオリジナルマスターの信号に一切の音加工を施さず、日本コロムビアの名匠カッティングエンジニア武沢茂が入魂のカッティングを行った初の国内盤。
2017年10月 アナログレコードコレクション≪歌謡曲編≫ テレサ・テン≪ベスト3≫(アナログレコード)発売。A面はトーラス時代の名曲と厳選のカバー曲を日本語歌唱で。B面は第2弾で収録した日本語歌唱ミリオンセラー曲を中国語歌唱で収録。
2017年11月 ハイレゾリューションマスターサウンド≪クラシック編≫ ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」(DSD11.2MHzデータ入りBD-ROM)、ロイヤル・バレエ・ガラ(DSD11.2MHzデータ入りBD-ROM)発売。ロンドンのマスタリングスタジオ「Classic Sound Ltd UK」において、英国保管のオリジナル・アナログ・マスターテープの音声を、ダイレクトに高品位ハイレゾフォーマットDSD11.2MHzにデータ化した世界初のディスク。
2017年12月 ハイレゾリューションマスターサウンド≪クラシック編≫ J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲) (DSD11.2MHzデータ入りBD-ROM)、ホルスト:組曲「惑星」(DSD11.2MHzデータ入りBD-ROM)発売。ロンドンのマスタリングスタジオ「Classic Sound Ltd UK」において、英国保管のオリジナル・アナログ・マスターテープの音声を、ダイレクトに高品位ハイレゾフォーマットDSD11.2MHzにデータ化した世界初のディスク。
2017年12月 アナログレコードコレクション≪クラシック編≫ カルメン幻想曲~ヴァイオリン名曲集 (アナログレコード2枚組)発売。CD名盤として定評のある、アンネ=ゾフィー・ムター盤のオリジナルマスターの信号に一切の音加工を施さず、日本コロムビアの名匠カッティングエンジニア武沢茂が入魂のカッティングを行った初の国内版。
2017年12月 アナログレコードコレクション≪クラシック編≫ ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第1~3番 (アナログレコード)発売。CD名盤として定評のある、クレーメル&アルゲリッチ盤のオリジナルマスターの信号に一切の音加工を施さず、日本コロムビアの名匠カッティングエンジニア武沢茂が入魂のカッティングを行なった初の国内盤。
2017年12月 別冊「有機ELテレビ完全読本」発刊。超薄型で超高画質! 夢のテレビと期待されている「有機ELテレビ」が2017年に入り続々登場。高画質映像再生にこだわるAVファンに向け、有機ELテレビの魅力に迫った一冊。
2017年12月 オーディオ名盤コレクション≪クラシック編≫ ワーグナー:楽劇《ラインの黄金》~ニーベルングの指環 序夜 (SACD2枚組)発売。 英国デッカ・レコードが、ショルティ指揮するウィーンフィル、そして選び抜かれたワーグナー歌手らとともに、1958年~1965年にかけて行なった、「リング」のステレオ全曲録音プロジェクト。オリジナル・マスターテープは傷み具合から、使える状態にないと言われている中、本SACDのマスターに使われたのは、1970年代初頭に英国デッカから、当時の輸入元であったキングレコードに提供された緊急用のセイフティ・アナログ・マスターテープ。今回は、リマスタリングが施されていないマスターテープからフラットトランスファーで忠実にデジタル化。貴重なマスターサウンドを味わえる、世界初にして唯一のSACDを完全限定生産。
2018年2月 アナログレコードコレクション≪歌謡曲編≫ テレサ・テン≪ベスト4≫ (アナログレコード)発売。昭和から平成の香りを湛えた厳選カバー曲集。日本コロムビアの名エンジニア武沢茂のカッティングによってテレサのミックスヴォイスを忠実に再現。
2018年3月 オーディオ名盤コレクション≪クラシック編≫ 楽劇《ヴァルキューレ》舞台祝典劇「ニーベルングの指環」第1日(SACD3枚組)発売。1958年~1965年にかけて行なった、「リング」のステレオ全曲録音プロジェクトの掉尾を飾ったのが、1965年録音の『ヴァルキューレ』。『ラインの黄金』で始まった「デッカ・リング」の録音技法は、8年におよぶ制作期間によって深化し、サウンドは円熟味を増した。演奏者に直接触れられそうなほどの生々しさが、豊かな空間ハーモニーのもとに実現し、最高度の臨場感をもたらす。

【季刊ステレオサウンド】編集部員ならびに編集アシスタントを募集します

編集部厳選のおすすめアイテム

ウエスギ UT-66 (プリメインアンプ)

ウエスギ UT-66 (プリメインアンプ)

上杉研究所 藤原伸夫氏設計・製作 6L6プッシュプル・インテグレーテッドアンプ

Sun Audio SVC-200 管球王国ヴァージョン (プリアンプ)

Sun Audio SVC-200 管球王国ヴァージョン (プリアンプ)

真空管と採用パーツの変更で音質と安定性の向上を図った限定高音質仕様

PLA87 (パワーアンプ)

PLA87 (パワーアンプ)

エレハモ製6550EHと優れた特性のトランスが活きたパワーアンプ

もっと見る

ステレオサウンド社の出版物

もっと見る

読者アンケート

執筆陣

リンク集

メルマガ登録

スマートフォン版

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ