メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.3.10 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.3.10 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.3.10 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.3.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.2.22 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.1.24 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.3.10 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    大滝詠一読本 2017 Edition

    NEW UPDATE 2017.3.31 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年4月号 Vol.198 特別付録ハイレゾ音源収録DVD-ROMつき

    NEW UPDATE 2017.3.18 更新

    月刊HiVi 2017年4月号

    NEW UPDATE 2017.3.17 更新

    季刊ステレオサウンド No.202 2017年 SPRING

    NEW UPDATE 2017.3.2 更新

    DigiFi No.25 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.3.2 更新

    季刊管球王国 Vol.83 2017年WINTER

    NEW UPDATE 2017.1.28 更新

    デヴィッド・ボウイ 読本 2017 Edition

    NEW UPDATE 2017.1.10 更新

    別冊ステレオサウンド My RECORD Style

    NEW UPDATE 2016.12.15 更新

    季刊ステレオサウンド No.201 2017年 WINTER

    NEW UPDATE 2016.12.12 更新

    DigiFi No.24 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2016.11.29 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.3.24 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.3.23 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 2017.3.21 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.3.21 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2014年4月)PDF

    HiVi

    (2014年4月)PDF

    管球王国

    (2014年4月)PDF

    DigiFi

    (2014年4月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2014年4月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2015年3月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> HiViグランプリ2016

HiViグランプリ2016
HiVi
詳しくは
HiVi2017年2月号を
ご覧ください
ステレオサウンドストアで買う

HiViグランプリ2016 年に一度のビッグイベント 2016年、もっとも輝いたAV機器&オーディオ製品たち

オーディオビジュアルの専門誌として30年以上の伝統を誇る月刊HiViが主催する「HiViグラプリ」は、
その年のAV界を牽引した優秀製品を選定するビッグイベントであり、
業界でもっとも権威のある年間アウォードとして、定着した催しとなっている。
選考委員は、麻倉怜士委員長以下、本誌その他で活躍中の6名のAV評論家と、本誌編集部で構成されている。
選考会は、例年通り12月1日に開催されて名誉ある授賞製品が決定された。
ここではその受賞製品をご紹介していきたい。
選考経緯や選考理由等の詳細は1月17日発売の
HiVi2017年2月号に掲載されているので、ぜひご覧いただきたい。(編集部)
HiViグランプリ選考について HiViグランプリ選考委員について HiViグランプリ過去のグランプリ
GOLD Award
GOLD Award
LCD DISPLAY
ソニー
KJ-100Z9D
¥7,000,000+税
バックライトのLEDが完全に独立駆動する「バックライト マスタードライブ」技術を搭載した「ソニーのテレビ史上最高画質モデル」。電流を画面内の明るい部分に集中させる「X-tended Dynamic Range PRO」との合わせ技で、しっかりとしたコントラストのHDR表現を実現したことが評価された(編集部)
KJ-100Z9D
SILVER Award
SILVER Award
D-ILA PROJECTOR
JVC
DLA-Z1
¥3,500,000+税
家庭用製品として、JVC初のネイティブ4K画素を持ったD-ILAプロジェクター。0.69型の新D-ILAデバイス(水平4,096×垂直2,160画素)とレーザーダイオードによる光源を採用し、3,000ルーメンという高輝度を実現した。現状のHDR対応ソフトを研究して得た結果を基にした、独自のHDR表示モード搭載が特筆される(編集部)
DLA-Z1
SILVER Award
SXRD PROJECTOR
ソニー
VPL-VW5000
¥8,000,000+税
レーザーダイオード光源を採用し、最高輝度はなんと5,000ルーメンを保証するソニーのフラッグシップモデル。搭載するパネル自体はVPL-VW1100ESなどと同様だが、システムの規模は大幅にアップ。クーリングのためにはファンだけでなく、水冷機構を装備。ホームシアターで気になる騒音も抑えた設計となっている(編集部)
VPL-VW5000
BRONZE Award
BRONZE Award
OLED DISPLAY
東芝
65X910
オープン価格
(実勢価格90万円前後)
東芝初となった有機ELテレビの65型モデル。有機ELテレビ専用のアルゴリズムで動く処理エンジン「OLEDレグザエンジン Beauty Pro」を搭載。24フレーム/秒の映像信号に対して超解像とノイズリダクション処理を2回行なう「熟成超解像」処理など、独自の画質向上技術が投入されている(編集部)
65X910
BRONZE Award
UHD Blu-ray PLAYER
パナソニック
DMP-UB900
オープン価格
(実勢価格13万円前後)
DMR-UBZ1に続いてリリースされた、UHDブルーレイの再生に対応したディスクプレーヤー。UBZ1の録画機能を省いたもの、と誤解されがちだが、チップ構成を最適化するなど、最新世代機としてUBZ1を上回る機能も有する。ソフトウェアのアップデートにより、Netflixの4K&HDRコンテンツ再生にも対応したばかり(編集部)
DMP-UB900
BRONZE Award
AV CENTER
パイオニア
SC-LX901
¥410,000+税
SC-LX89同様に「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載しているが、SC-LX901は11chのアンプ構成。1台で7.1.4でのドルビーアトモス/DTS:X再生が可能だ。アンプの増設に伴なって回路はさらに高密度化され、サイズは従来から変更なし。パイオニアのAVセンターはこれで7世代連続の[ブロンズ・アウォード]獲得となる(編集部)
SC-LX901

HiVi Prize(部門賞)はこちら
SPECIAL Award(特別賞)はこちら

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーディオサウンド

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • SCOOP! 通常版
  • 逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX
  • 放送開始45周年記念企画 甦るヒーローライブラリー 第24集 シルバー仮面 Blu-ray Vol.1
  • ザ・ローリング・ストーンズ『トータリー・ストリップド~ライヴ・アット・オランピア・パリ 1995.07.03』【SD-Blu-ray(日本限定単体発売/日本語字幕付き/日本語解説書封入)】
  • 近鉄 16200系『青の交響曲(シンフォニー)』 4K撮影
  • バイオハザード:ザ・ファイナル 4K ULTRA HD & ブルーレイセット 初回生産限定
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.