メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2018.3.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2018.2.28 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2018.1.31 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2018.1.31 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2018.1.25 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2018.1.19 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.12.11 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2018.2.27 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    月刊HiVi 2018年7月号

    NEW UPDATE 2018.6.15 更新

    季刊ステレオサウンド No.207 2018年 SUMMER

    NEW UPDATE 2018.6.4 更新

    隔月刊PROSOUND 2018年6月号 Vol.205

    NEW UPDATE 2018.5.16 更新

    季刊管球王国 Vol.88 2018年 SPRING

    NEW UPDATE 2018.4.26 更新

    DigiFi No.29

    NEW UPDATE 2018.3.1 更新

    季刊管球王国 Vol.87 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2018.1.29 更新

    隔月刊PROSOUND 2018年2月号 Vol.203

    NEW UPDATE 2018.1.18 更新

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2018.6.15 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2018.6.13 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2018.6.7 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2018.5.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2018年3月)PDF

    HiVi

    (2018年3月)PDF

    管球王国

    (2018年1月)PDF

    DigiFi

    (2018年3月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2018年3月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2018年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> HiViグランプリ2017

HiViグランプリ2017
HiVi
詳しくは
HiVi2018年2月号を
ご覧ください
ステレオサウンドストアで買う

HiViグランプリ2016 年に一度のビッグイベント 2016年、もっとも輝いたAV機器&オーディオ製品たち

オーディオビジュアルの専門誌として30年以上の伝統を誇る月刊HiViが主催する
「HiViグランプリ」は、その年のAV界を牽引した優秀製品を選定するビッグイベントであり、
業界でもっとも権威のある年間アウォードとして、定着した催しとなっている。
選考委員は、麻倉怜士委員長以下、本誌その他で活躍中の6名のAV評論家と、本誌編集部で構成されている。
選考会を2017年12月1日に開催し、名誉ある各賞を決定した。
ここでは各賞に選出された製品を紹介する。
選考経緯や選考理由等の詳細は、2018年1月17日発売の
HiVi2018年2月号に掲載されているので、ぜひご覧いただきたい。(編集部)
HiViグランプリ選考について HiViグランプリ選考委員について HiViグランプリ過去のグランプリ
GOLD Award
GOLD Award
4K有機ELディスプレイ
パナソニック
TH-77EZ1000
オープン価格
(実勢価格250万円前後、
受注生産)
パナソニック製有機ELテレビのプレミアムモデルEZ1000シリーズ中、この77型が最大サイズとなる。基本構成は既発売の65型TH-65EZ1000と同様。土台と一体化したスピーカーはもちろん「Tuned by Technics」だ。このスピーカーについては、画面サイズに合わせてユニット位置が変更されるなど、若干の変更は加えられている(編集部)
TH-77EZ1000
SILVER Award
SILVER Award
8K液晶ディスプレイ
シャープ
LC-70X500
オープン価格
(実勢価格100万円前後)
昨年12月1日に発売された初の家庭用8Kディスプレイで、100万円という実勢価格も大きな話題だ。シャープは1992年にも家庭用ハイビジョンテレビ36C-SE1を100万円で発売し、普及の先駆けとなった。今回は8Kでその再現を狙っているのだろう。液晶パネルは業務用機LV70002と同一で、家庭用テレビにふさわしいチューニングが施されている(編集部)
LC-70X500
SILVER Award
コントロールAVセンター
トリノフ・オーディオ
Altitude16
¥2,600,000+税
HiViグランプリ2015で[シルバー・アウォード]に輝いた、ALTITUDE 32の弟分。ALTITUDE 32は16ch仕様で定価¥4,550,000+税という超高級モデルだったが、今回は信号処理を96kHz/24ビットで行なうなどの変更で価格を約半分に抑えている。とはいえ、独自の音場補正機能や、ドルビーアトモス、DTS:X、Auro-3Dへの対応は変わりない(編集部)
Altitude16
BRONZE Award
BRONZE Award
SXRDプロジェクター
ソニー
VPL-VW745
¥1,700,000+税
4K SXRDパネルに、レーザー光源「Z-Phosphor」を組み合わせた、ソニー家庭用プロジェクターの事実上のトップモデル。上位機となるVPL-VW5000(受注モデル。HiViグランプリ2016で[シルバー・アウォード]を受賞)から明るさは抑えられているが、120インチクラスであればまったく問題はないだろう。VW5000のエッセンスを絶妙に受け継いだお買い得機(編集部)
VPL-VW745
BRONZE Award
AVセンター
デノン
AVC-X8500H
¥480,000+税
本誌2018年1月号の白河工場取材で、お伝えしたデノン最新モデルが、ついにベールを脱いだ。「ニュー・フラッグシップ」として時代を拓くという意気込みで作られた製品で、AVC-A1HD以来の10年ぶりのフラッグシップモデルになるという。その位置づけに相応しく、Auro-3Dへの対応、6本のトップスピーカー対応といった数々の新提案を盛り込んできている(編集部)
AVC-X8500H
BRONZE Award
有機ELディスプレイ
LG
77W7P
オープン価格
(実勢価格250万円前後)
77インチの4K有機ELパネルと、ヘッドユニットからなるセパレートタイプのディスプレイ。有機ELの性質を活かして、パネル部を厚さ約6mmに抑えている点が一番の特長。質量は12.3kgで、壁掛設置を前提に設計された製品といえる。チューナーを内蔵したヘッドユニットにはドルビーアトモスに対応したムービングスピーカーも内蔵されている(編集部)
SC-LX901

HiVi Prize(部門賞)はこちら
SPECIAL Award(特別賞)はこちら

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ジャコメッティ 最後の肖像
  • 否定と肯定
  • ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
  • ファースト・キル ブルーレイ&DVDセット
  • ギルバート・グレイプ
  • 映画「伊藤くん A to E」
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.