メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

    季刊ステレオサウンド No.204 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.9.4 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF



photo
  ハイレゾ対応プレーヤーであり、かつ洗練されたフォルムで多くのユーザーを獲得したアステル&ケルンのAK100。その上位機種となるAK120が登場した。モデル名はあまり変わらないが、内容やスペックは大幅にアップされている。コンセプトも「スタジオクォリティサウンド」とし、レコーディングやマスタリングの現場で活躍するエンジニアにもアピールする音づくりを目指している。メーカーの言葉を借りるなら「究極の音」である。とくにレコーディングの現場では、デジタル録音がされるようになって久しい。サンプリング周波数やビットレートではCDを凌駕するクォリティで収録されることがほとんどだ。そこで、ハイレゾプレーヤーを使用すれば、レコーディングされた音源のデータを損なうことなくチェックできる。AK120は、そんな用途も視野に入れて開発されたのである。
  アステル&ケルンの母体となるiriver(アイリバー)が、ハイレゾ対応プレーヤーの開発を企画したのは2006年のことだという。当時は技術的な限界があり実現されなかったが、2011年に「アイリバーとしてできる究極の高音質ミュージックプレーヤーに挑戦しよう」というCEOの意見のもと、本格的に開発に着手。当時の開発コードネームは「ティアドロップ」。リスナーが感動のあまり涙をぽたぽた流すようなものを作る、という意気込みから名付けられていたそうだ。「アイリバー」を超えることができるブランドとしてふさわしいネーミングを模索した結果、ブランド名は最終的に「Astell&Kern」となり、そのロゴのシンボルマークは、「究極(Ultimate)」、「卓越(Superiority)」、「熟練(Craftman ship)」が支え合うトライアングル型となっている。
左右それぞれに独立したDACを採用ハイエンドオーディオで用いられる手法をポータブルプレーヤーに投入
  そんな「究極の音」を追求するため、AK120で採用した方法のひとつが、Wolfson(ウォルフソン)製のDAC、「WM8740」を左右それぞれに採用し、アンプも完全に分離させていること。これはハイエンドオーディオで試みられる手法だが、こうしたコンパクトなモデルに詰め込まれていると考えると驚愕に値する。
 「WM8740」が選ばれた理由は、AK100で既に採用しておりチューニングに慣れていたこと、緻密な表現ができることなどが挙げられるという。また、消費電力が他のチップに比べて低いこともその理由で、ここへの電源供給がもっとも気を配ったポイントのひとつだそうだ。
  このAK120の開発に携わったアイリバーの研究開発員は約25人にものぼるという。さらに、サウンドチューニングには、Wolfsonの英国本社のエンジニア、ドイツのレコードプロデューサーと著名なヘッドフォンやイヤフォンメーカーのエンジニア、アメリカのスピーカーの専門家、レコードプロデューサーやミキシングエンジニア、日本のヘッドフォンやイヤフォンメーカーのエンジニア、韓国のスピーカーエキスパート、K-POPのプロデューサーやミキシングエンジニアといった、おおよそ12ヵ国からの外部協力者が加わっている。ハードウェアの設計は76回も改良が行なわれ、試行錯誤を経て現在のサウンドに到達したという。
photo
  AK120の製品特長としては、内蔵メモリーが64GBに増量されている(AK100は32GB)。また、USB DACとして使用できるのもAK120の大きな特長だ。本機にハイレゾファイルを移さずとも、パソコンに収めている音源を聴くことができる。GUIも変更され、より直感的に操作できるようになったことも嬉しい。
DSDファイル再生にもいよいよ対応!
  そしてAK120は、ファームウェアをアップグレードすることで、DSDファイルの再生も可能としている(アップグレードは後日予定)。これは日本からの強いリクエストに応えたものだという。今回は特別にそのβ版を入手して試聴を行なった。伊藤ゴローの『グラスハウス』は、リニアPCM版とDSD版で配信されており、それらを聴き比べてみた。それぞれに持ち味が感じられたが、特にDSD版は、音楽全体に奥行きや立体感がある。アコースティックギターを中心として、その背後にストリングスがゆったりと広がる。また、空気にとろみが生まれたようで、まるで良質なアナログレコードを聴いているかのような雰囲気だった。サウンドクォリティの詳細は、フィットイヤーのイヤフォンのニューモデル、Parterre(パルテール)と組み合せて別ページにて紹介しているので、そちらを参照してほしい。
  ヘアライン加工されたアルミ製のボディ、さらにイタリアの職人が仕上げた本革のケースまで標準で付属する。それらが醸し出すスマートなデザインも好ましい。どこをピックアップしても、まったく隙がない。小さいけれど、AK120はオーディオシーンの牽引役として、その存在は長く輝き続けるだろう。
Astell & Kern AK120×FitEar Parterre 8月28日発売(予定)の「DigiFi」No.11も要チェック!!
Astell & Kern × FitEar Parterre この二つが組み合わさると何が起こる!?スペシャルコラボ特設ページ公開中!URL:http://iriver.jp/products/product_94.php#5


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ライフ 4K ULTRA HD &ブルーレイセット
  • ライフ
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 3D+ブルーレイセット
  • E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • サイバー・リベンジャー
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.