Stereo Sound ONLINE ホーム > 特集 > デノンRCD-N7+SC-N7

重心の低いどっしりとしたサウンドAirPlayに対応し操作性&拡張性が向上したデノンRCD-N7+SC-N7
(TEXT =中林直樹)
 デノンから昨年の秋に発売されたRCD-N7はネットワークCDレシーバーと銘打たれている。それはFM/AMチューナーやCDプレーヤー、アンプのほか、iPodドック、USBメモリーポートを搭載し、さらには有線LANやWi-Fi、インターネットラジオに対応しているからだ。この小さな筐体に、何を再生しようか迷ってしまうほどの入力があるのだ。そして、今年の2月下旬にはアップルが提唱する無線ネットワークシステムAirPlayにもアップグレードを果たした(有償¥5,250)。

 今回はそんなAirPlayのメリットを知るべく、ネットワークを構築してみた。使用するのは、筆者所有のiPhone4、デジファイ試聴室のWi-Fi対応のブロードバンドルーターとNAS、それにRCD-N7と純正スピーカーSC-N7である。つまり、既存のWi-Fiネットワークにオーディオシステムを加えたといった方がわかりやすいかも知れない。
 iPhoneのWi-Fi設定をオンにし、ネットワークに入る。RCD-N7は、DHCPやAUTO IP機能の搭載で自動設定が可能。これで準備は完了だ。

 iPhoneからiPodを起動し選曲すれば、画面右下にAirPlayのアイコンが表示されるはずだ。それをタップすれば、「RCD-N7」の文字が現れ、選択すれば、すぐさま目の前にある2本のスピーカーから音が流れ出る。

 AirPlayの優れたところは、対応したオーディオ機器を選択すれば、入力もそれに切り替ることだ。余計な操作をせずとも、ワンタッチで再生されるから、ストレスがない。
アプリ「Denon Remote App」でRCD-N7が司令塔に早変わり抜群の操作性に驚かされる
 iPhoneに格納された音楽だけを聴くなら、これで十分だが、今回のようにNASの中にあるデータを呼び出したり、本体のCDプレーヤーを操作したりする場合には、デノンが独自に開発したアプリ「Denon Remote App」が便利だ。これはアップルのApp Storeから無料でダウンロードできる。

 メイン画面の「ソースセレクト」をタップすれば、ネットワークにつながるNASやPCの音楽データを表示させることができる。そこから再生したいファイルを呼び出せばよい。このアプリ上で「スーパーダイナミックベース」のオン/オフや高域低域のトーンコントロールも可能だ。また本体のCDプレーヤーやチューナーなどの操作にも対応している。つまりiPhoneがすべてを司るリモコンになるのだ。どのソースを選択してもスムーズな操作感で、再生機器を意識することなく扱える。

 ここで改めて思うのはWi-Fi環境のメリットだ。それを構築さえしておけば、場所にしばられることなく音楽が楽しめる。例えばコンパクトなRCD-N7をベッドルームに置き、CDやインターネットラジオを聴く。他の部屋にあるパソコンは音楽データのストレージとして活用。そのスペースで聴くのはもちろん、ベッドルームからも音楽ファイルを呼び出して楽しむことができる。RCD-N7のようにAirPlayによってネットワークにリンクする製品は間違いなく増えるだろう。AirPlayだけに特化した外付けタイプや、ハイエンドのAVセンターも出現することも想像に難くない。RCD-N7の小さなボディが、ネットワークオーディオという大きな世界を現実のものに引き寄せているのだ。

 デジタルファイルの対応フォーマットは、MP3、AAC、WMA、WAV、FLACなど。WAVは96kHz/24ビット、FLACは96kHz/24ビットにも対応していることを確認できた。そのサウンドは、重心の低いどっしりしたものだ。これはスピーカーとのマッチングもあるだろう。サイズを超えた迫力がある。この傾向は、CDプレーヤーから、あるいは、iPodドックからの再生でも同様だ。

 これだけの多機能とパフォーマンスを誇りながら、この5万円代半ばという価格設定。ネットワークオーディオ、そしてAirPlayの認知と普及を高める注目すべき製品だ。
*メーカーの公式サポートは48kHz/24ビットまで

Wi-Fi Network + Audio System feat. Denon RCD-N7+SC-N7
Denon Remote App / Top
▲アプリ「Denon Remote App」を使用した際のトップ画面
Denon Remote App / SOURCE SELECT
▲「ソースセレクト」を選ぶと、本機の入力ソースがすべてディスプレイされる
Denon Remote App / TONE CONTROL
▲「トーンコントロール」も快適に操作できる
Denon Remote App / NOW ON PLAY
▲ジャケット・データが保存されていれば、ご覧のように再生中のディスク・ジャケットが表示される。写真はNASに保存された音源を再生した場合
feat. DENON RCD-N7+SC-N7 by DigFi
▲RCD-N7のリアパネル。ネットワーク端子やWiFi端子などをリアパネルに装備。AタイプのUSB端子はフロントパネルにあり
ネットワークCDレシーバー デノンRCD-N7 価格:オープンプライス(実勢価格5万5千円前後)
●定格出力:65W×65W(4Ω)●再生可能ディスク:CD●接続端子:デジタル入力2系統(光、USB[タイプA])、アナログ入力3系統(RCA×2、ステレオミニ)、アナログ出力1系統(RCA)、ネットワーク端子1系統、ヘッドフォン出力1系統、サブウーファープリ出力1系統、他●寸法/質量:W280×H112×D299mm/4.3kg

スピーカーシステム デノンSC-N7 価格:オープンプライス(実勢価格1万5千円前後・ペア)
●型式:2ウェイ2スピーカー・バスレフ型●ユニット構成:ウーファー・120mmコーン型、トゥイーター・25mmドーム型●感度:82dB/W/m●インピーダンス:6Ω●再生周波数帯域:50Hz〜20kHz●クロスオーバー周波数:7kHz●寸法/質量:W145×H233×D236mm/2.3kg

【問合せ先】
デノン お客様ご相談センター 電話番号 044(670)5555
hr.png
DigiFi
DigiFi
“PCオーディオ&iPodはスマート音楽生活を約束”がコンセプトの「DigiFi(デジファ イ)」No.2(5/6発売)でも、この記事をお読みいただくことができます。