メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> Epson EH-TW8100W

ここが凄い!エプソンの3Dプロジェクター ニコタマシアターでEpson EH-TW8100Wをじっくり検証
検証ポイント1 リビングとの親和性
レコード棚の上にEH-TW8100Wを設置
↑プロジェクターの前面に吸排気システムが採用されているので、後方や左右にスペースを確保する必要がなく、壁際での設置も問題がない。加えて、短焦点レンズによる投写距離の短さと、レンズシフト機能の搭載で、プロジェクター設置位置の自由度が高まっている
レンズシフト範囲
↑レンズシフトの範囲は、上下方向に96%(約3画面分)、左右方向に47%(約2画面分)という広い範囲を実現している
インターフェイスカバー
↑ワイヤレス対応モデルEH-TW8100W(写真)、EH-TW6100Wは、端子部を隠してすっきりとさせるインターフェイスカバーを付属

映画はスクリーンで楽しみたい……。オーディオビジュアルファンなら誰しも、そうした願望があると思う。その願いを実現するためには、専用シアタールームを持つことが理想的だが、なかなかそうはいかないことも多いだろう。専用ルーム以外では、リビングルームで大画面を行なうことが現実的であるが、そこにも難題がたくさん横たわっている。たとえばスクリーンをどう設置するか。この点を克服して何とかスクリーンを置けたとしても、次にプロジェクターをどこに設置するかで悩むケースが意外と多い。今回リリースされたエプソンのEH - TW8100Wならば、そうしたプロジェクターの設置に関わる難題を苦もなくクリアーしてくれる。

まず本機は、短焦点レンズを採用してるため、投写距離が短い。スクリーンと3mの間隔を確保すれば、100インチの大画面が実現できる。3mの投写距離とは6畳間の長手方向なら余裕で実現できる数値である。

またレンズシフト機能も充実している。上下方向に約3画面分、左右方向にも約2画面分を移動できるので、スクリーンのセンターの延長線上からプロジェクターを投写しなくてよい。レンズシフト時の画質劣化が少ないのもファンにとって嬉しい点だと思う。

さらに吸排気ダクトがプロジェクターの前面にレイアウトされていることも、リビングルームでの使用に便利だ。プロジェクターを壁面ぎりぎりにセットしたり、ラックや本棚に設置したりしても、熱の問題で不安になることがないだろう。

そして、TW8100Wのもうひとつの優れたフィーチャーは、60GHz帯を使ったワイヤレスHD伝送をあげたい。前作から継承されているこの機能は、HDMIケーブルを引きまわす必要がなく、また画質面での劣化がないという点でも大いに歓迎したい。

付属するワイヤレスHD伝送用トランスミッターは、前作から改良され、HDMI端子を5系統に増やして使い勝手を向上させている。またこのトランスミッターに搭載されたUSB端子を使って、付属3Dメガネの充電が可能となった。3Dメガネは液晶シャッターの駆動にRF帯域を用いたブルートゥース伝送を採用することで、他のIR機器との干渉がなくなったことも嬉しい。


検証ポイント2ワイヤレスHD伝送
HDMIケーブルをトランスミッターに接続
↑同梱されるワイヤレスHDトランスミッターをBDレコーダーに接続。これでワイヤレス再生の準備が簡単に整う。無線化された映像信号はプロジェクター内蔵の受信機で受信され、フルHDの映像は劣化することなく再生されるという
ワイヤレスHDトランスミッター(背面)
↑HDMI入力5系統とパススルー出力1系統(ワイヤレスHDと切替え式)、3Dメガネ充電用USB端子、光デジタル出力(5.1ch対応)を装備
photo
↑3Dメガネは、赤外線干渉のないRF方式(ブルートゥース)、重さ35gの軽量タイプ。プロジェクター本体との間に障害物があっても10m範囲で受信できる
番組発見機能を満載嗜好にあったコンテンツをテレビが教えてくれる

画質面においても前作からレベルアップが図られている。とりわけ3D映像は、より豊かな表現力を身につけている。前作のTW8000Wではブライト3Dドライブという8倍速映像表示と、メガネ側の液晶シャッターのスピードを高めて、クロストークの発生を抑え込んでいた。さらに本機EH - TW8100Wでは、光学エンジンを最適化させることで、3D再生時の輝度を従来モデルに比べ最大15%アップ。3D再生時の弱点とされる明るさ不足をクロストークが少ないままに克服し、ホームシアターにおける楽しみの幅を広げたのである。

心臓部の3板式LCDは、前作と同じD9パネルを採用している。光学エンジンの構成そのものは前作と同様だが、前述のように最適化を行なっている。それは3D映像だけではなく、2D映像の再生にも有効に働く。輝度のスペックは同等だがコントラストがアップ(ダイナミックコントラストが20万対1から32万対1へ)。ハイライト部分の輝きは明らかにTW8100Wが明快だ。

蹴散らされる物体の飛び出しをごく自然に表現する

進化したTW8100Wの画質をニコタマシアターでチェックした。スクリーンはスチュワートのスノーマット。サウンド仕様の115インチ/シネスコである。視聴はBD - ROM「バトルシップ」で、映像モードはシネマを選択している。ミズーリの甲板で行なわれている各国の部隊が集合するチャプター3は晴天下の日射しを清々しく描き出し、デイライトの表現がしっかりと味わえた。エプソンでは2007年に登場したTW2000でディープブラック回路を採用して以来、ローライト側の階調を大切にした絵づくりを行なってきた。それに加えてTW8100Wでは、ハイライトの表現力も充分な余力を持ちあわせているのである。

このように、シネマモードのデフォルト画質でも、映像再現に対する不満は少ないが、いくぶん優しげな感じにも思うので、シャープネスを3ステップ上げてみた。すると、元々のS/N感が高いこともあって、締った感じですっきりとしてきた。スクリーンとのマッチングもあるので、一概にはいえないが、デフォルトのシネマモードはかなり控えめな印象なので、映像イコライジングは積極的にトライしてみるべきだ。この状態で観る「バトルシップ」のチャプター5は、海上の様子をクリアーに再現するし、イージス艦内の描写も明快である。

次に「ニューイヤーズ・イブ」のBD -ROMを視聴する。ニューヨークのマジソン・スクエアガーデンを描いたシーンでは、深夜の広場に集まったカラフルな服装の人々をていねいに再現する。とりわけ赤色については深く濃いが、けっしてやぼったくはなく、好感が持てる。


検証ポイント3明るく、鮮明な映像3
photo
↑画面の調整をする潮さん。本機EH-TW8100Wは、3D再生の輝度が従来モデルと比べ最大15%アップしているという。さて、その画質の実力はいかに!?

ジャッキー・エバンコの音楽BD - ROM「ドリーム・ウィズ・ミー・コンサート」を視聴した。ここでもデイライトのシーンでは鮮やかさが印象的だ。夕方から始まる野外のステージではスムーズで落ち着いた映像が魅力的である。

最後に3D作品「ヒューゴの不思議な発明」を再生してみよう。明るさがアップした3D映像がストレスの少ない立体感を演出する。いっぱんに3D映像の再現には、明るさの点でゲインの高いスクリーンが相性がよいとされている。わが視聴室のスチュワートのスノーマット・サウンド仕様は、ゲインが1・0。明るさの点で本来3D再生には不向きなはずだが、予想に反して本機はS/N感が高くすっきりとして、明るい3D映像をしっかりと描いてみせた。ターミナル駅の線路上に落ちている鍵をヒューゴ少年が夢の中で発見するチャプター9は、SLに蹴散らされる物体の飛び出しをごく自然に表現する。3D嫌いを標榜している私でさえ、この3D映像には大いに感心した。

ところで本機の優れた点として、静音性が高いこともあげられる。ランプモードが「低」となるシネマモードで動作させている限り、何時間経ってもファンノイズがうるさくならない。リビングルームで常用される、明るさを重視した映像モードのナチュラルやリビングでは、ランプモードは「高」となるが、それでもファンノイズの上昇はわずかで、実使用上はあまり気にならないはずだ。

ワイヤレスHD伝送が不要なユーザーにはワイヤードモデルのEH - TW8100も用意されているが、選ぶならTW8100Wがお薦めである。いずれにしてもこの価格帯でこれだけの要求を叶えてくれる製品は他にはない。これから大画面再生を始めたいという入門層から、フルHDモデルに買い替えたいファンにとっては、実に貴重な存在のプロジェクターである。

提供:エプソン販売株式会社

photo
↑同梱される、3DメガネとワイヤレスHDトランスミッター(各1台)
photo

●投写デバイス:0.74型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル●画素数:水平1920×垂直1080×3枚●明るさ:2400ルーメン(最大)●コントラスト:320,000対1(最大)●接続端子[: 本体]H D M I 入力2 系統、色差コンポーネント入力1 系統(3RCA) 、コンポジット入力1系統、ミニD-Sub15pin×1系統、トリガーアウト1系統、他/[ワイヤレスHDトランスミッター]HDMI入力5系統、HDMI出力1系統、光デジタル音声出力1系統●レンズ:2.1倍マニュアルズームフォーカスレンズF:2.0〜3.17 f:22.5〜47.2mm●使用ランプ:230W(E-TORL)UHEランプ●騒音レベル:22dB(最小)●消費電力:357W(スタンバイ時0.30W)●寸法/質量:[本体]W466×H140×D395mm(突起部含まず)/約8.6kg、[ワイヤレスHDトランスミッター]W175×H52×D128mm/約600g●ラインナップ:ワイヤレス非対応モデルEH-TW8100

●問合せ先:エプソン販売㈱液晶プロジェクターインフォメーションセンター☎050(3155)7010 ●http://dreamio.jp



  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.