メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

    季刊ステレオサウンド No.204 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.9.4 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > 説得力のある音に惹かれる FOCAL SHAPE Series誕生

FOCAL SHAPE Series誕生

左からSHAPE SERIESのSHAPE 65、SHAPE50(¥119,600ペア・税込)、SHAPE 40(¥98,000ペア・税込)SHAPE 50:寸法/質量:W191×H312×D242mm/6.5kg SHAPE 40:寸法/質量:W161×H257×D200mm/5kg
左からSHAPE SERIESのSHAPE 65(¥159,600ペア・税込)、SHAPE50(¥119,600ペア・税込)、SHAPE 40(¥98,000ペア・税込)
SHAPE 65:寸法/質量:W218×H355×D285mm/8.5kg
SHAPE 50:寸法/質量:W191×H312×D242mm/6.5kg
SHAPE 40:寸法/質量:W161×H257×D200mm/5kg

ボリュウム付USB DACとSHAPE 65を組み合せシンプルシステムを構築


 今回は3機種の中からもっとも大型のSHAPE 65を準備し、2種類のUSB DACを使ってそのサウンドの真価を探ってみた。ボリュウムはUSB DAC側で調整できるので、とてもシンプルなシステム構成となる。

 最初に組合せたのは、ニュープライムDAC9。旭化成エレクトロニクスAK4490EQを内蔵したデジタルプリアンプ的な製品で、384kHz/32ビットのPCM、11.2MHzまでのDSD信号に対応する。シャーシの脚部には、制振効果を発揮するオリジナルのアイソレーションフィートを搭載しているのが特徴だ。ボリュウム調整は1個の抵抗だけしか通過しない信号経路を実現した、FPGA採用の高精度スイッチ抵抗ラダーネットワークというのも見逃せない。

FOCAL SHAPE65と組み合せたUSB DAC
ニュープライムDAC-9¥110,000
ニュープライム
DAC-9
¥110,000
オッポデジタルSonica DACオープン価格(実勢価格9万8,000円前後)
オッポデジタル
Sonica DAC
オープン価格
(実勢価格9万8,000円前後)
 くっきりとした音像定位と、重心の低い安定したエネルギーバランス。そのコンパクトなサイズからは想像できない克明なサウンドを描き分ける。女性ジャズ・ヴォーカルではスウィング感がたっぷりと感じられるし、ヴォーカルの質感もなめらか。スモーキーな雰囲気の再現も申し分ない。

 ロック/ポップスを再生して低域の量感がもう少しほしくなり、リアパネルにある調整ツマミで160Hzの中域を+2dB、0〜250Hzの低域を+3dBとすると、がぜんビートに力感が加わり、がっちり、どっしりとしたローエンドが繰り出されるようになった。この状態で聴くジャズのピアノ・トリオも、ベースの量感やドラムの押し出しが好ましく、全体にドライブ感が付加される。情報量の描写もしっかりしており、クラシックではコントラバスを含む低音部の厚みと立体的なコントラストを感じた。

 次にUSB DACをオッポデジタルSonica Dacに代えてみよう。こちらはESSテクノロジーの最新にして最高峰ES9038PROを内蔵し、768kHz/32ビットPCM、22.5MHz DSD音声対応という、現在望み得る最高スペックを達成した製品だ。専用アプリによるネットワーク再生/ストリーミング対応もさることながら、前面のディスプレイで大半の操作、セットアップが管理でき、使い勝手もよく練られている。

 この組合せで聴くSHAPE 65のサウンドは、情報量の多さが圧倒的。周波数レンジの広さも特筆したい。今回まったく方向性が異なる二人の女性ジャズ・ヴォーカルを試聴したのだが、一方の艶っぽいアダルトな雰囲気、もう一方の豊満でスモーキーな質感など、いずれもリアリスティックに描き分けた。伴奏陣のノリも異なり、スウィンギーなリズムと、一方の場末感たっぷりのブルージーなムードといったそれぞれの魅力が濃密に再現された。

 ポップスやロックではイコライザーをフラットに戻して試聴したが、精巧なアレンジを鮮明に描写したうえ、音場にはクリアーな透明感が感じられた。ジャズのピアノ・トリオでは、そのステレオイメージが立体的で広々としており、楽器の距離感も精妙。クラシックに至っては、その音数の多さにSHAPE 65の懐の深さを実感した次第だ。反復リズムが次第にクレッシェンドしていく様子など、スケール感、臨場感の再現はサイズを越えている。

 USB DACそれぞれの特質をストレートに引き出してくれたSHAPE 65。リーズナブルな価格設定もうれしい、期待のニューカマーである。

スピーカーをフラットな状態で再生できる注目のソフトウェア スピーカー・キャリブレーション・ソフトウェア ソナーワークス Reference 3
スピーカー・キャリブレーション・ソフトウェア
ソナーワークス
Reference 3

(株)メディア・インテグレーションではスピーカー・キャリブレーション・ソフトウェア「ソナーワークスReference 3」を取り扱っている。ソフトウェアをPCにインストールし、専用の測定用マイクロホンをオーディオインターフェイスにつなぎ、順序に従って部屋の特性を測定することでスピーカーをフラットに再生できるベスト・ポジションが探れる。このソフトウェアは周波数全域に渡り16,000ものポイントで測定するという。スピーカーに加え、ヘッドホンの測定にも対応する。価格は仕様により異なる(¥9,800〜¥52,000)
撮影協力 PACIFIC FURNITURE SERVICE
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-20-4 営業時間:11:00-20:00 火曜日定休 TEL 03(3710)9865 HP=http://pfservice.co.jp/
お気に入りの本やレコードをスタイリッシュに飾る「スタッキング・ブック・ケース」 スタッキング・ブック・ケース
 東京・恵比寿にある家具販売店「PACIFIC FURNITURE SERVICE パシフィック・ファニチャー・サービス」のオリジナル商品「STACKING BOOK CASE スタッキング・ブック・ケース」。ラインナップは重ね使いのできる「Sサイズ」(写真のラック上段)と「Lサイズ」(下段)の2種類で、天面と底面を固定する「TOPとBASE」がオプションで用意されている。ケース単体を重ねるだけの使い方もできる。素材はオーク材。
 「Lサイズ」はLPレコードがぴったりと収まる寸法で、レコードラックにも最適。好きなようにケースを組み合せ、お気に入りの本やレコードを飾ろう。

ケース単体(販売は店頭のみ)
Sサイズ W800×D330×H285mm ¥36,720(税込)
Lサイズ W800×D330×H380mm ¥37,800(税込)

> 商品詳細ページ
前のページへ

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ライフ 4K ULTRA HD &ブルーレイセット
  • ライフ
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 3D+ブルーレイセット
  • E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • サイバー・リベンジャー
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.