メニュー

閉じる

HOME > GENELEC The Ones Series 8341A 8331A

GENELEC 8341A with OPPO Digital UDP-205 GENELEC The Ones Series 8341A 8331A 「The Ones=同軸」アンプ内蔵小型3ウェイがもたらすシンプル&高音質ハイレゾ再生スタイル構築
オッポデジタルUDP-205と8331A/8341Aをダイレクト接続
オッポUDP-205は、高品位なアナログ音声出力回路を備えたユニバーサルプレーヤー。今回は音量設定をUDP-205側で行なうことで、シンプルな2ピース構成ながら、快適かつ高品位再生を目指した
オッポデジタルUDP-205と8331A/8341Aを4.0ch設定で接続
オッポUDP-205はマルチチャンネルアナログ音声出力端子も備わっているので、4本のTheOnesシリーズスピーカーを活用したマルチチャンネル再生も試した。設定は図に記載の通りに行なう必要があるが、結果的にはステレオシステムに、サラウンド用スピーカーを2本だけを加えたシンプルな4.0ch構成だ。もちろんセンタースピーカーやサブウーファーなども組み込めばさらに高度な再生が可能となる。ディスプレイをつなげば、そのままBDやUHDブルーレイ等も妥協なく楽しめるわけで、AVセンターを使わない新感覚のAVシステムともいえる

感覚中枢を刺激する快感の音

 もっとも小型の8331Aは重量級スタンドに載せて、芯々で1.5m、スピーカーからリスニングポイントまでも1.5mのニアフィールドセッティングである。UDP-205でCD『シャイ・マエストロ・トリオ』を聴くと、ステレオイメージが明確で空間感は広大、キックおよびウッドベースのアルコ(弓弾き)も逞しく、ピアノの音色は濡れたように美しい。ハイレゾはMacBookとUDP-205をUSB接続して『春の祭典』(DSD 11.2MHz)を聴いたが、スケール感はサイズ相応ではあるものの迫力は充分。しかも色々な音が四方八方から飛び交って、たいそう快感中枢を刺激される。この高音質とプリメインアンプを省略できるコストパフォーマンスの高さには脱帽だ。

 8341Aはウーファーの口径もエンクロージャーのサイズもアップしているので8331Aよりも少し幅を広げたセッティングとした。スペインの歌姫ブイカのCDはニュートラルという言葉とエモーショナルという言葉が同時に浮かぶ鳥肌ものの生々しさ。アンナ・ネトレプコのソプラノもヒステリックに傾きやすく再生が難しいが、澄んで伸びやかでかつ堂々たる歌声となって感激であった。ハイレゾは丈青のピアノトリオJ.A.M.(192kHz/24ビット)でハイパワー再生を試みたが、パワフルなドラムが実物大と思える迫力で炸裂した。2017年ミックス『サージェント・ペパーズ〜』もCDとBDオーディオ(ハイレゾ)の音の違いが極めて明瞭。ハイレゾでは躍動するベースや、エレキギターの火傷しそうな鮮烈な音にまるで新録音を聴くような感動を覚えた。

4.0ch再生で出現した超立体音場

 最後にフロント側に8341A、リア側に8331Aを配した4.0ch構成でサラウンド再生を行なう。接続は図をご覧いただきたいが、オッポUDP-205のスピーカー設定は、センターなし、サブウーファーなしとしたうえで、4本のスピーカーのレベルは聴感で合わせている。

『サージェント・ペパーズ〜』は後方からヴォーカルやギターが聴こえるミックスではないが、音場が広大と感じられ、音像定位は驚くほど立体的だ。壁に張り付いたような演奏が眼前に浮かび上がる感じといえばいいだろうか。ムターのSACD『カルメン・ファンタジー』は、録音がすこぶる新しいだけあって、スピーカーの存在は完全に消え去って音楽だけが超立体的に空間に浮かび上がる。後方から音が飛び出すことはないが、リアスピーカーの外側まで広大に音場が形成され、前方にはムターのヴァイオリンが浮かび上がるという立体音場だ。この素晴らしいサラウンド再生がAVセンターを使わずに可能というのは、まさにパワードスピーカーの恩恵と言えるだろう。

 ぼくがジェネレックを好ましく思うのは、何より音の良さがあるから。キャビネットも強固だし、パワードスピーカーをいち早く手がけた経験値も反映しているに違いない。この良さは8331A、8341Aでも確かに感じられた。

試聴したソフト
CD:Shai Maestro Trio『The Stone Skipper』、BUIKA『vivir sin miedo』、Anna Netrebko『VERDI』、Gary Peacock and Bill Frisell『just so happens』
ハイレゾファイル:ショルティ指揮シカゴ管弦楽団『ストラヴィンスキー:バレエ「春の祭典」』(11.2MHz/1ビット/DSD)、J.A.M.『Silent Notes』(96kHz/24ビット/WAV)
SACD:ムター(vn)、レヴァイン指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団『カルメン・ファンタジー』
BDオーディオ:ビートルズ『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』


(株)ジェネレックジャパン TEL 03(6441)0591

前のページ


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.