メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.14 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > JBL PROFESSIONAL SRX800 Series 導入レポート:両国SUNRIZE

JBL PROFESSIONAL SRX800 Series 導入レポート:両国SUNRIZE 取材協力:両国SUNRIZE、ヒビノ株式会社
 今春国内販売が開始された「JBL PROFESSIONAL」の新型パワード・スピーカー「SRX800」シリーズ。「JBL PROFESSIONAL」の様々な技術が採用されたスピーカーと、「AMCRON」製クラスD仕様のパワー・アンプのコンビネーションにより、非常に高品位なサウンドを実現しているのが特徴だ。さらには高性能DSP「SHARC」を内蔵し、コンプレッサーやディレイ、パラメトリックEQなどの信号処理にも対応。それらの設定/操作は、Windows PCやiPad、Androidデバイスから行えるようになっている。まさに最新テクノロジーが凝縮された、新世代のパワード・スピーカーと言っていいだろう。
 そこで本誌では、いち早く「SRX800」シリーズを導入した現場に足を運び、その使用感について話を伺ってみることにした。今回お邪魔したのは、両国のライブ・ハウス、「両国SUNRIZE」。同店では今春、約10年間使用してきたパワード・スピーカーを、「SRX800」シリーズの3ウェイ・モデルである「SRX835P」と、サブ・ウーファーの「SRX828SP」の組み合わせにリプレースしたとのこと。「両国SUNRIZE」でオペレーターと音響管理を手がける岩田豊氏に話を訊いてみた。
ナチュラルで生音に忠実なサウンドで、パワー感も十分
――― まずは「両国SUNRIZE」さんの沿革をおしえていただけますでしょうか。

岩田 ここは以前もライブ・ハウスが入っていたんですが、現在のオーナーになり、「両国SUNRIZE」という名前でオープンしたのは2009年11月のことになります。キャパシティは約250人で、東京の東側には200人規模のライブ・ハウスが意外と少ないので、ライブはもちろんのこと、様々なイベントでお使いいただいていますね。
東京・両国のライブ・ハウス、「両国SUNRIZE」。キャパシティは約250人。JR両国駅から徒歩1分という絶好のロケーションにある若者に人気のライブ・ハウスだ
東京・両国のライブ・ハウス、「両国SUNRIZE」。
キャパシティは約250人。JR両国駅から徒歩1分という絶好のロケーションにある若者に人気のライブ・ハウスだ
出演アーティストのジャンルは多岐に渡っていて、メタル、ハードコア、アイドル、あとはコントなどを行うグループがライブを行うこともあります。最近ではMCバトルの大会でもお使いいただきましたね。ジャンル的には本当に色が無いので、スピリットを持った人たちならどんな音楽でも受け入れています。

――― 同規模のライブ・ハウスと比べた特徴と言うと?

岩田 ステージの横幅が広いことでしょうか。ですからスカ・バンドや人数が多いアニソン系のイベントにも対応できます。楽屋からステージに客席を通らずに行けるのもポイントですね。あとは音楽とは関係ありませんが、バーでは世界各国のビールが売っているので、なかなか飲めないようなお酒を楽しんでいただけます。

――― 「両国SUNRIZE」さんでは最近、スピーカーを「JBL PROFESSIONAL」の新製品、「SRX800」シリーズに入れ替えられたそうですね。

岩田 はい。「SRX800」シリーズの「SRX835P」という3ウェイ・タイプのものと「SRX828SP」というサブ・ウーファーの組み合わせに入れ替えました。前のスピーカーが、10年も使っているとさすがにくたびれてきて、歪むタイミングもどんどん早くなっている感じがして……。それでそろそろ新しいスピーカーに入れ替えた方がいいと思い、去年の10月頃から選定を開始し、最終的に「SRX800」シリーズを導入することに決めました。

――― 約10年ぶりにスピーカーを入れ替えるにあたって、どのようなことを考えましたか?

今回、新たに導入されたスピーカー、「JBL PROFESSIONAL」の「SRX800」シリーズ。3ウェイ・モデルである「SRX835P」とサブ・ウーファーの「SRX828SP」が1/1対向で導入された
今回、新たに導入されたスピーカー、「JBL PROFESSIONAL」の「SRX800」シリーズ。3ウェイ・モデルである「SRX835P」とサブ・ウーファーの「SRX828SP」が1/1対向で導入された

ステージに向かって左側に設置された「SRX800」シリーズ。客席に固定された柵とステージの間の限られたスペースに上手く収まっている
ステージに向かって左側に設置された「SRX800」シリーズ。客席に固定された柵とステージの間の限られたスペースに上手く収まっている
岩田 いろいろありました。まず、パワフルなものがいいなと思ったんです。というのも、最近は激しいバンドが増えてきたので、出力が足りないと感じることが少なくなかったんですよ。それは出演者からも言われていて、導入できるスピーカーのサイズは限られているんですが、その中でもパワーがあるものがいいと思ったんです。あとはコンソールの「ヤマハ M7CL」と相性が良く、サウンド的には生音に忠実で特性的にフラットなものがいいなと思っていました。他には、ステージ手前の柵とのスペースにきっちり収まるものということくらいでしょうか。

――― 「M7CL」との相性という話が出ましたが、以前のスピーカーは相性が良くなかったのですか?

岩田 アナログ・コンソールから「M7CL」に入れ替えて、なぜか子音が耳につくようになったんです。あとはデジタル・コンソールなので、立ち上がりのスピードが速くなった結果、スピーカーのプロテクトがかかるタイミングも早くなってしまったんですよね。これはもう「M7CL」と前のスピーカーの相性が良くないんだなと思っていました。

――― いろいろ選択肢はあったと思うのですが、最終的に「SRX800」シリーズに決めた理由をおしえてください。

岩田 大体4製品くらい候補を挙げて選定したんですが、最終的に「SRX800」シリーズに決めたのは、サウンドが生音に忠実でサイズ感も良く、コスト・パフォーマンスが圧倒的に優れていたからですね。それと個人的には「AMCRON」製パワー・アンプが内蔵されている点も魅力でした。ライブ・ハウスでは「JBL PROFESSIONAL」のスピーカーと「AMCRON」のパワー・アンプを導入しているところが多くて、ずっと相性の良い組み合わせだなと感じていたので……。それと発売されたばかりの新製品なので、話題性もあるんじゃないかと(笑)。

――― 実際に導入されてみて、その使用感はいかがですか?

岩田 まずサウンドに関しては、ナチュラルで、生音にとても忠実で、すごく気に入っています。この金額でこのサウンドは驚きですね。「JBL PROFESSIONAL」のスピーカーは、硬めでハイファイな音というイメージが強かったのですが、いい意味で覆されました。

――― これまで課題だったパワー感に関しては?

岩田 もう十分ですね。ハコが揺れるくらい音量が出ます。「SRX800」シリーズを導入して、少し防音したくらいですよ(笑)。それと「M7CL」との相性の悪さもまったく感じなくなりました。ああいうデジタル・コンソールでも、ここまでナチュラルなサウンドなのは凄いなと思いましたね。多分このスピーカーなら、どんなデジタル・コンソールを使ってもクセのない音が出せるのではないかと感じています。

――― 「SRX800」シリーズは、内蔵DSPによって音響補正を内部で行えるのも特徴です。

岩田 そうですね。現時点では「ヒビノ」さんにお手伝いいただいて導入時に作成したプリセットのままで使っています。DSPで十分に音響補正されているので、グラフィックEQで要らない帯域を切る必要が無くなりました。
「両国SUNRIZE」でオペレーターと音響管理を手がける岩田豊氏
「両国SUNRIZE」でオペレーターと音響管理を手がける岩田豊氏

両国SUNRIZE
東京都墨田区両国 4-36-6 ガラス会館B1
Tel:03-5600-7337
http://www.livehousesunrize.jp/


これまで、ぼく以外にも4人のオペレーターが使ったんですが、皆同じことを言っていましたね。

――― 出演者から何かコメントはありましたか?

岩田 何度か出演していただいているアーティストから、ステージ上の音が凄くすっきりしたと言っていただきました。ここは低音が回りやすいハコなんですけど、おそらく「SRX800」シリーズではその回り込みが抑えられているんじゃないかと思います。低音の回り込みを抑えるために吸音しようかなと思っていたんですが、そんな工事は不要になりましたね。
JBL PROFESSIONAL SRX800 Series
問い合わせ:ヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールス Div.
Tel:03-5783-3110 http://www.hibino.co.jp/


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.