メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

    季刊ステレオサウンド No.204 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.9.4 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > JBL PROFESSIONAL PRX800W Powered Series

JBL PROFESSIONAL PRX800W Powered Series
コントロール・アプリ「PRX Connect」の操作画面。無線LANルーターを介してタブレット端末(iPad、Android両対応)で、メインスピーカー8本(4ペア)、サブウーファー4本(2ペア)まで制御できる
コントロール・アプリ「PRX Connect」の操作画面。無線LANルーターを介してタブレット端末(iPad、Android両対応)で、メインスピーカー8本(4ペア)、サブウーファー4本(2ペア)まで制御できる
高域のコンプレッション・ドライバーは、環状ポリマー製。ドライバーからウェーブガイドへの流線を緻密に設計することで、明瞭な音質と正確な再現性を獲得している
高域のコンプレッション・ドライバーは、環状ポリマー製。ドライバーからウェーブガイドへの流線を緻密に設計することで、明瞭な音質と正確な再現性を獲得している
ウーファーは、ボイスコイルを2つ持ち、高い耐入力が魅力の独自技術“ディファレンシャルドライブ”を採用している
ウーファーは、ボイスコイルを2つ持ち、高い耐入力が魅力の独自技術“ディファレンシャルドライブ”を採用している
PS 新モデルの「PRX825W Powered」と「PRX818XLFW Powered」の使用感はいかがでしたか。

中嶋 今回のテスト前のチューニングで「PRX800W Powered Series」専用のコントロール・アプリ「PRX Connect」を使ってみました。フルレンジとサブウーファー個別の音量はもちろん、1本のマスター・フェーダーで全体の音量を調整できます。±24dBまで調整できるパラメトリックEQが8バンドも搭載されていることにも驚きました。また、設定変更した時のレスポンスが早いのも良いところです。

寺田 「PRX800W Powered Series」は2.4GHz帯を使用しているため、電波状況によっては通信が、途中で切れてしまうこともあります。しかし、スピーカー本体にメモリを内蔵しており、アプリからの設定変更がある度に、データを書き換えているため、設定途中に電波が途切れても、設定値はスピーカーに保存されています。

中嶋 この「PRX Connect」は便利ですね。例えば、アーティスト付きのPAエンジニアが来た時に、ハウスのEQはいじらずに、このタブレットで変更してもらうとか、いろいろなアイデアが浮かんできます。

エンジニアが扱い易い音 音離れよく、フラットかつタイトで現代的なサウンド

PS どんな音質でしたか。

中嶋 必要のない音は出さないというフラットでタイトな傾向の音で、エンジニアとしてとても扱いやすいスピーカーだと感じました。

PS 最近の「JBL PROFESSIONAL」のポータブル・スピーカーの音は、そういう傾向になってきていると感じます。これは「JBL PROFESSIONAL」に限ったことではなく、ポータブル・スピーカー全体のトレンドになっていると思います。

中嶋 特別な調整もせず、ただ置いただけでもきちんと使える音になっているのも良いですね。しいていうなら、「JBL PROFESSIONAL」のスピーカーに共通するのですが、ちょっとハイにピークがあります。そこのバランスを上手にとると、とても良い音になります。

テストは常設のメインスピーカー「SRX725」「SRX718S」を聴き、その後、写真のように「PRX825W Powered」「PRX818XLFW Powered」を置き試聴した
テストは常設のメインスピーカー「SRX725」「SRX718S」を聴き、その後、写真のように「PRX825W Powered」「PRX818XLFW Powered」を置き試聴した
PS 今日はURBANSKYによる生演奏で試聴しましたが、印象に残ったポイントはありましたか?

中嶋 音離れの良いスピーカーだと思いました。ミッドレンジがとてもしっかりしたスピーカーで、クロスオーバーも綺麗に繋がっています。低音もいやな感じもなく、バランスの良いスピーカーです。10年間使ってきた「SRX700 Series」の方が、温かみのある傾向ですが、対して「PRX800W Powered Series」は、すっきりとした今っぽい音だと感じました。今っぽいというよりもハイファイと言った方が良いかもしれません。

PS そこは、ユニットの制動力が高いことが要因の一つになっていると思います。また、多くのスピーカー・メーカーは、歪みをいかに減らすかというところを研究しています。そこも、すっきりした音につながっているんでしょう。

 バンドサウンドだけでなく、CDでも音を確かめたということですが、結果はいかがでしたか。

中嶋 CDの音を出した瞬間にスタッフが「おおっ」と驚いていました。音の飛び方が違う、というのがスタッフ達が感じた印象です。「PRX825W Poweredの方が好みです」というスタッフもいました。今の若い人は、こういう音が好きなんだなと思いました。

寺田 この吉祥寺SHUFFLEで使っている「SRX700 Series」は、当時ハイエンドクラスでしたが、「PRX800W Powered Series」は、ミドルクラスに位置づけられます。

24歳からライヴハウス「吉祥寺SHUFFLE」を運営する店長中嶋 優氏。その他、グッドモーニングアメリカ/Charisma.com/moumoon/大森靖子/IMALUなどのPAを担当
24歳からライヴハウス「吉祥寺SHUFFLE」を運営する店長中嶋 優氏。その他、グッドモーニングアメリカ / Charisma.com / moumoon / 大森靖子 / IMALUなどのPAを担当
中嶋 この10年でスピーカーはかなり進歩しているのだと思います。僕が吉祥寺SHUFFLEのオープン時に、もしも「PRX825W Powered」と「PRX818XLFW Powered」があったら選んでいたかもしれません。値段もリーズナブルですし、パワーアンプも必要ないですからね。

寺田 パッシヴ・スピーカーだと、組み合わせるアンプによっても音が変わるので、必ずしもスピーカーの性能を出し切れていない場合があります。そういった不確定要素もなく、スピーカーの性能を最大限に発揮させることができるのが、パワード・スピーカーの大きなメリットですね。

スピーカー・セッティングが楽になりマイク調整などに時間を割ける

  PS さきほど、この「PRX800W Powered Series」は、セッティングが早いとおっしゃっていました。ということは、ライヴハウスのような固定設備ではなく、インストア・ライヴなどで今までスピーカー調整に掛けていた時間を、マイクセッティングなどに割けるようになりますね。

中嶋 そうですね。スピーカー・セッティングも楽ですし、客席に行って「PRX Connect」を使ってリアルタイムで調整できるのも良いところです。また、先程も言いましたが、「PRX825W Powered」と「PRX818XLFW Powered」は両方ともサウンドのクオリティが高い。バンドが出したい音を観客に伝えるというのが僕らの1番の目的ですので、アーティストの作った音がそのままが出るような製品を常に求めています。このパワード・スピーカーなら、バンドの要望にもすぐに応えられます。

PS 途中で、中嶋さんはサブウーファーのあり/なしを比べていましたが、いかがでしたか。

中嶋 吉祥寺SHUFFLEは、幅広い音楽ジャンルが演奏されるライヴハウスなので、今回のように「PRX825W Powered」と「PRX818XLFW Powered」を組み合わせた方がよりカバーできる音楽ジャンルが増えそうです。「PRX800W Powered Series」のフルレンジは、ドライバー構成の違いで4モデルあります。ポータブル・スピーカーと銘打っているだけあって、会場の大きさや音楽ジャンルに合わせて、使えそうなシチュエーションがたくさんありそうですね。今回、「PRX825W Powered」「PRX818XLFW Powered」というシリーズ最大のスピーカーを用意していただき聴いてみましたが、ポテンシャルを充分に感じました。

PS ありがとうございました。

今回はライヴハウスの吉祥寺SHUFFLEを借り切って、URBANSKYに3曲演奏してもらいテストを行なった●問合せ:吉祥寺SHUFFLE=Tel:(0422)42-2223
今回はライヴハウスの吉祥寺SHUFFLEを借り切って、URBANSKYに3曲演奏してもらいテストを行なった
●問合せ:吉祥寺SHUFFLE=Tel:(0422)42-2223
URBANSKY
Profile
作曲家、シンガーソングライターの44taca(ヨシタカ)のソロプロジェクトとして、2016年6月より「URBANSKY」として活動。持ち前のセンスと旬なサウンドを取り入れ、日常を彩るサウンドトラックになってほしいという想いを込め活動中。LIVE情報:12/28(木)西川口Hearts。リリース情報:配信限定『Dear..』『Steady』、EP『Hikarelight』、『Repeat and fateout』(2018年1月1日リリース予定)

前のページ

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ライフ 4K ULTRA HD &ブルーレイセット
  • ライフ
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 3D+ブルーレイセット
  • E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • サイバー・リベンジャー
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.