メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.14 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > ヘッドホンでスピーカーの音場を再現するビクター WiZMUSIC90

ヘッドホンなのに、スピーカーで聴くワクワクが止まらない。

構成=伊藤隆剛、写真=村上宗一郎
ヘッドホンでスピーカーの音場を再現するビクター WiZMUSIC90
オーディオ評論家3名が一斉体験&魅力を語る【前編】


WiZMUSIC90 ¥900,000(税込)
WiZMUSICの紹介ページ
Stereo Sound ONLINEの発表会レポート
スピーカーで聴いた音場をそのままヘッドホンで再現する、そんな夢のような製品が誕生した。ビクターの「WiZMUSIC」だ。これまでも、同様のコンセプトの製品はあったが、再現しているとは言い難かったため、にわかには信じられない人も多いだろう。そこで、スピーカーとヘッドホン、両方のリスニングに精通するオーディオ評論家の小原由夫さん、藤原陽祐さん、山本浩司さんの3名に、ビクタースタジオの音場を再現する「WiZMUSIC90」を一斉体験してもらい、その真価と魅力を存分に語ってもらった。前編となる今回は、製品説明と体験後のファーストインプレッションを紹介する。(Stereo Sound ONLINE 編集部)

WiZMUSICは“コト”と“モノ”のパッケージ

WiZMUSIC90について説明をしてくれたJVCケンウッド メディア事業部 プロダクトビジネスユニット WiZMUSIC のプロジェクトリーダーの斉藤靖之さん(左)と、ビクタースタジオ エンジニアグループ ゼネラル マネージャーの秋元秀之さん(右)
WiZMUSIC90について説明をしてくれたJVCケンウッド メディア事業部 プロダクトビジネスユニット WiZMUSIC のプロジェクトリーダーの斉藤靖之さん(左)と、ビクタースタジオ エンジニアグループ ゼネラル マネージャーの秋元秀之さん(右)
WiZMUSIC90の試作モデルが用意されており、実機を確かめながら説明が行なわれた
WiZMUSIC90の試作モデルが用意されており、実機を確かめながら説明が行なわれた
――WiZMUSIC90を体験いただく前に、JVCケンウッドの斉藤靖之さんと、ビクタースタジオの秋元秀之さんに概要を教えていただきます。WiZMUSICという製品はどのような内容なのでしょうか?

斉藤 WiZMUSICとは、頭外定位音場処理技術「EXOFIELD」(エクソフィールド)技術を使った音場特性カスタマイズサービスと、専用ヘッドホン&スマホアプリ等をパッケージングした、業界初の試みです。5月の発表以降、多くの方から「WiZMUSICってサービスなの? 商品なの?」というお問合せをいただきますが、その両方を含むパッケージサービスの総称となります。

――WiZMUSICによって、ユーザーはどのようなメリットを得ることができるのでしょうか?

斉藤 簡単に言えば、

(1)個人の音場特性を測定&データ化
(2)専用に開発したヘッドホン&測定値を反映したスマホアプリのご提供

を通じて、自分用にチューニングされた最高のリスニング環境を自宅に持ち帰る、あるいは持ち歩くことができるようになります。言い換えると(1)は“コト”、(2)は“モノ”。“モノ”だけでなく“コト”をメーカーからご提供するという点が、WiZMUSICの新しさだとわれわれは考えています。

小原 私たち3人(小原、藤原、山本)はEXOFIELDが発表された際、横浜・子安のJVCケンウッド本社内にあるオーディオルームでこの技術のプレゼンテーションを受けました。
ビクタースタジオ入り口にあるマスコット犬「ニッパー」像の前でポーズを取るのは、今回WiZMUSIC90を体験してくれたオーディオ評論家3名。左から藤原陽祐さん、小原由夫さん、山本浩司さんで、全員HiViベストバイ、HiViグランプリの選考委員を務める音のプロフェッショナルだ
ビクタースタジオ入り口にあるマスコット犬「ニッパー」像の前でポーズを取るのは、今回WiZMUSIC90を体験してくれたオーディオ評論家3名。左から藤原陽祐さん、小原由夫さん、山本浩司さんで、全員HiViベストバイ、HiViグランプリの選考委員を務める音のプロフェッショナルだ
たいへんな感銘を受けたのですが、今回のWiZMUSICは、EXOFIELD技術を最大限に活かす専用機器が一緒に提供されるところがポイントですね。

斉藤 はい。現在のところWiZMUSICでは「WiZMUSIC90」と「WiZMUSIC30」という2つのラインナップを用意しています。ともに基本的な流れは先述の(1)(2)で共通していますが、WiZMUSIC90は300台限定のプレミアムパッケージとなっています。
新技術「EXOFIELD」で頭外定位再生を実現
WiZMUSICで頭外定位を実現するのが3月に発表されたビクターの新技術「EXOFIELD」だ。一般的にヘッドホンで聴いた場合、頭の中央に音が集まって聴こえる。EXOFIELDは空間の響きも含めてスピーカー再生さながらの音場をヘッドホンで楽しめるようにする技術(写真左)。そのために、個人の聞こえ方に合わせて測定を行ない、その値をもとにヘッドホンでスピーカー音場を再生。さらに、ヘッドホンの音場をキャンセルすることで、自然な音場を作り出す(写真右)。なお、写真はEXOFIELD発表時の資料
1:WiZMUSICとは 2:90と30の違い 3:体験レポート

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.