メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.14 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> オーエス Pure Mat III

こんな高精細映像は観たことがない!待ちに待った4K時代のスクリーン登場 麻倉怜士
¥304,500(PA-120H-02[120インチ/16:9、張り込み式])5月20日発売、6月3日出荷予定
●ゲイン:1.0±1.0%(3度)●半値角:60度以上
●備考:受注生産品。DCI対応のビスタ(17:9) シネスコ(2.35:1)サイズなど規格品以外の特別注文にも対応
●問合せ先:㈱オーエスプラスe コンタクトセンター fd.jpg0120-380-495
三つのキーワード
photo
↑表面を拡大すると織物系スクリーンであることがよくわかる。左がピュアマットⅢ(生地型式WF301)で、右のピュアマットⅡEX(WF203)と比べて、糸の太さが約半分になっている
 4K時代はスクリーンにも変革を迫っている。4Kプロジェクターが登場している今、これまでのスクリーンで、4K映像が十全に映せるのか? という疑問に見事に応えたのが、オーエスが新開発したピュアマットⅢだ。

 4K用スクリーンの要諦とは何か。オーエスは「それは精細感と輝度のレンジ感だ」と喝破した。単純な話、同一スクリーンサイズなら、画素サイズは確実にフルHDの4分の1になるわけで、これまでのフルHDで最適化されていたスクリーンでは、粗い質感の映写となる懸念がある。しかも、4Kになるとは、単に高精細だけが眼目ではない、トータルな画質としてスクリーンで見せる「絵力」がどれほど向上するかも、ポイントになる。

 そこでオーエスは、4K対応スクリーン開発の目標を「4Kならではの高精細再現」、「4Kならではの高ダイナミックレンジ再現」に置いた。高精細再現を実現する手段は、なるほど、この手があったかと喝采を送りたくなるほどのものだ。同社独自のスクリーン素材である「糸」の直径を縮小したのである。

 ピュアマットは織物スクリーンである。繊維を束ねて糸にし、その糸を縦横に織ってスクリーンにしている。つまり縦と横の織りで形成される四角形が、〝画素〞のメタファーである。この場合、〝画素〞の粗さ、細かさが見た目の精細感に大きく関わるのである。

 「4Kならではの高精細再現」を実現するなら、〝画素〞サイズをできるかぎり小さくしなければならない。もう少し技術的に言うと、問題は四角の糸部分とその中央の空間部で形成される凹凸。それが必要以上に深いと凹凸の表面と奥で距離が長くなり、映像光の到達に距離差が生じ、フォーカスに悪影響を与える。

 そこでオーエスではまず、糸を細くすることに挑戦。従来のピュアマットⅡEXは0.01〜0.15㎜程度の繊維を束ねた0.4㎜以下の糸で織り上げているが、今回のピュアマットⅢは繊維の太さは同じだが、その数を減らして糸の直径を0.2㎜以下にしたのである。つまり、その分〝画素サイズ〞がまさに4分の1になる! これが解像感を向上するための4K対応である。


 ダイナミックレンジ方向の4K対応とは、白レベルを上げ、光階調をより緻密に描写することだ。これまでピュアマットシリーズのゲイン値は、当初のピュアマット(WF)が0.5、次のピュアマットⅡ(WF201)とⅡplus(WF202)が0.8、ピュアマットⅡEX(WF203)が0.97と、拡散型ホワイトマットの理想値といわれるゲイン1.0まであと一歩のところまで来ていたが、その値までは0.03不足していた。

 今回、ピュアマットⅢで、遂に理想の「1.0」の実現に成功したのである。技術的には糸に混入させる酸化チタン(白色を形成)の量を従来より増やし、表面コートと黒のバックコートの最適化を行なって待望の「1.0」を実現したのである。

 では画質はどうか。ソニーのVPL‐VW1000ESで、まずヴィスコンティ「山猫」。65㎜フィルム撮影/8Kスキャン/4Kマスタリングという、まさにハイレゾ中のハイレゾと言える映画作品だ。一見して分かったのが、映像を構成する粒子がひじょうに細かいこと。繊細なる情報再現と階調再現、そして凋密さ。これぞ、ワン・アンド・オンリーの特徴だと認識した。色の階調も実に細やか。Dレンジ方向の力感もたっぷり感じられた。

 ビデオ収録映像はどうか。NHKエンタープライズ制作の「4Kマスターブルーレイ」では精細感とエネルギーに満ちた格調高い映像が観られた。

 まさに4K時代を拓く「高精細スクリーン」の誕生である。




  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.