メニュー

閉じる

HOME> Panasonic Blu-ray DIGA BZT9300

4Kとハイレゾを手に入れてより進化したプレミアムモデル Panasonic Blu-ray DIGA BZT9300
「9000」はパナソニックのハイエンドBDレコーダーに与えられた栄光のモデルナンバーである。昨年のBZT9000も大評判だったが、今回のBZT9300はそれを遙かに超える地平の新製品だ。開発キーワードは「ハイレゾ」。急速に高解像度化しているオーディオ・ビジュアルシーンに向き合い、正しく商品化に取り組んだ努力は大いに評価できよう。
麻倉怜士
「ハイレゾ対応レコーダー」という新しいジャンル

例年、BDレコーダーシーンではパナソニックが先陣を切って発表し、それにソニーが続くという構図で来ていたが、今年は、ソニーが優れた新製品を発表した後もパナソニックからは、なしのつぶてであった。様々な経済状況を鑑みると、モデル・チェンジは無いかもしれないと心配していたが、蓋を開けてみると、想像もしなかったゴージャスでトレンディなBDレコーダーがそこに、あった。

何より驚いたのは、従来のフラッグシップモデルBZT9000を軽々と超えてしまうハイスペックが投入されたこと。ハイエンドモデルの常識では考えられない「登場後一年にして、早くもフルモデルチェンジ」なのである。外観上はほとんどBZT9000と同一だが、中味はまったく異なるものだ。トータルで形容するなら、「BDレコーダーの常識を超えた地平に立った、初めてのBDレコーダー」といえよう。

今回の9000シリーズの特徴をひとことで言うならば、「ハイレゾ」である。映像も音声もまさに、この言葉でなければ形容できない仕様が満載されている。「ハイレゾ対応レコーダー」という新しいジャンルが形成できそうな勢いだ。

ではこれから、本機におけるハイレゾの真髄を探訪してみよう。私をもっとも驚かせたのが、4K×2Kへのアップコンバート機能が搭載されたことだ。当然、AVシーンは4K×2Kシフトを急速に強めているので、一般的な解としては正しいかもしれないが、ことパナソニックにおいては、奇異な感じもする。パナソニックには、4K×2Kのプロジェクターはおろか、4K×2Kのテレビもないからだ。ショーモデルとしては、CESなどに152インチのDCI・4K×2Kのプラズマ試作機などがあるが、商品としては業務用の受注生産のみだ。一方、今年のCES、IFA、CEATECには20インチのIPSの4K×2Kディスプレイが展示、話題を呼んでいたが、これは業務アプリケーション用だ。

「われわれは常に、オーディオ・ビジュアルの新しい方向に向いて、新製品の開発に取り組んでいます。4K×2Kの時代が来ることは、すでに承知していました。AVのトレンドに先進的に対応することはわれわれの責務だと思っています」と、画質担当の甲野和彦氏は言った。

CPU速度が従来比2倍にアップ
cpu
高速デュアルコアプロセッサー「新ユニフィエ®」搭載によりデータの処理能力が一段とアップし画質、音質共に磨きがかかった。

4K×2KのHDMI入力を持つ機器は現在のところ、ソニーの4K×2Kプロジェクター、VPL-VW1000ESと、同じく液晶テレビKD84X9000だけだが、私としては、ぜひパナソニックにも4K×2Kディスプレイに進出して欲しいと願う。まずはBDレコーダーという外堀はこれで確保されたわけだ。

問題はどのように4K×2Kのアップコンバート信号を生成するかだ。ソニーの場合は、アップコンバートLSI+超解像という組合せだが、パナソニックのやり方は独得だ。特別のアップコンバート用、超解像用のLSIを持たずに、独自のシステムLSI「ユニフィエ」内部に機能的に等価のアップコンバートと超解像機能を仕込んだのである。それが可能になったのは、ユニフィエ自体が革新されたからだ。CPU速度が従来比2倍にアップして画質エンジンも刷新、これまではやろうと思っても不可能だったことが実行できることになった。

そこで目をクロマアップサンプリングに向け、その動作に実質的なアップコンバート機能を付加したのである。「DIGAのクロマアップサンプリング技術を使って4Kアップコンバートを実現すれば、これまでに無い自然で濃密な4K映像が得られると考えたのです。」(甲野)

徹底的にこだわったクロマアップサンプリング
photo
4Kダイレクト・クロマアップコンバート
新開発の4K対応システムLSI「新ユニフィエ(R)」により、独自の4Kダイレクト・クロマアップコンバートを実現。ハイビジョン信号からダイレクトに4K信号にアップコンバートできるようになった。

振り返れば、パナソニックにおいてBDレコーダーの画質改善は、常にクロマアップサンプリングの改革と共にあった。クロマアップサンプリングとは、BDや放送の圧縮映像において、輝度信号の1/4に圧縮して格納されている色信号を、再生時にフル解像度に復調する動作をいう。

パナソニックのクロマアップサンプリング物語は2006年の初代BDレコーダーのBW200に始まる。同社ハリウッド研究所にて同機と標準デコーダーと比較したところ、大幅な画質差があることに気付き、それがクロマアップサンプリングのフィルターのタップ数の違いに由来することを突き止めた。次作で対策したことを嚆矢とし、パナソニックは徹底的にクロマアップサンプリングにこだわることになった。

その後の経緯は、処理内容も縦方向処理だけだったのに水平方向も加えた、クロマアップサンプリング処理をHDMIトランスミッターに持たせた、処理の対象をエアチェックコンテンツにまで拡大させた、i/P変換後にアップサンプリングするように処理順番を変更した……など、実に細かい部分にまで気を配りクロマアップサンプリング性能を高めてきた。今回の4K×2Kアップコンバートの発想は、まさにその延長にある。強力な新しいユニフィエを活用するなら、アップサンプリング動作をさらに積み重ねることにより、4K×2K解像度に到達するはずと、喝破したのである。

具体的には色信号の倍数を水平、垂直の両方向で2K×1Kでは二倍ずつ上げていたのを、4倍にした。輝度信号は二倍に上げる。……これだけである。特別なアップコンバート用のLSIや超解像LSIは必要とせず、従来の延長の方策で、4K×2K信号を形成することに成功したのである。HD領域での色信号補間をせず、HDの元信号から4Kに直接上げるので、パナソニックでは「ダイレクトクロマアップコンバート」という言い方もしている。

実は、本機の4K×2Kの独得な味わいは、このコンストラクションから来ている。ソニーのVW1000ESへのHDMI接続(24Pに限られる)で観たところ、ナチュラルな雰囲気で、生成り的な味わいがあった。超解像処理というと一般的には、いかにもマニピレートしたことが分かるように、はっきり、くっきりの明確さを追求するケースが多いなかで、本機のそれは、まさに単に倍数を増やしただけの構成ならではの簡潔なテクスチャーであった。

もうひとつ印象に残ったのが、色がたいへん濃密であることだ。感覚的にはサイズを極小にした色の粒子の数を大幅に増やし、ぎっしりと詰め込んだように見える。四倍密にしたことで、明らかにクロマアップサンプリング自体の色信号に対する効用が格段に上がったのだ。

史上初のBDレコーダー+ネットワーク・プレーヤー
photo
192kHz/32bitオーディオD/Aコンバーター
photo
高耐圧ショットキーバリアダイオード
photo
LANコモンモードフィルター
photo
バランス音声出力端子

本機を称して「ハイレゾ・レコーダー」と言う第二の論拠が、音声のハイレゾ化だ。192kHz/32ビットのDACを搭載し、BD-ROMを始めとして、放送のエアチェック音声も192kHz/32ビットにアップサンプリング可能になった。映像もアップサンプリングなら、音声もアップサンプリングなのである。ワン・アンド・オンリーの真空管サウンドも、それに応じて音質的に進化させたという。

さらに、ネットワークオーディオにも対応した。リンのDSと同じやり方で、ホームネットワーク上のNASに収載された192kHz/24ビットまでのハイレゾ音源の再生を可能にした。史上初のBDレコーダー+ネットワーク・プレーヤーの誕生だ。以前からDLNAに対応し、また、192kHz/32ビットのDACも搭載していたのだから、確かに技術アイテムとしては、実現可能なことであるが、BDレコーダーでそれをやる大胆さには驚く。

しかし、よく考えてみると、初代のBDレコーダーから音楽再生機能としてCDリッピング機能を搭載していたわけで、それが、ハイレゾとなり、ネットワーク対応に進化するのも、当然か。今後はネットワーク対応に加え、本体内蔵のハードディスクへのハイレゾファイル収載も期待したい。

さらにオーディオ的な仕様として、ハイエンドなアンプとアナログ接続するバランス音声出力端子も搭載した。もちろんBDレコーダーでははじめてだ。大元から、192kHz/32ビットDACの差動出力をL/R独立してバランス伝送しており、そのまま外部にアウトプットするのである。「ハイレゾなのだから音づくりはナチュラルで豊かな中域を持ちつつ、空気感の豊富な音を目指したんです」と、音声を担当した宮本真吾氏が言った。

パナソニックは松下電器の時代に優れたオーディオ機器を多数輩出していた。その優れた遺伝子が、いまBDレコーダーに姿を変えてヴィヴットに活用されていることに、少なからずの感銘を受けるのである。

photo
photo Panasonic DMR-BZT9300 オープン価格

●録画可能メディア:BD-R/RE(BDXL対応)、DVD-R/RW/RAM/R DL●HDD容量:3Tバイト●内蔵チューナー:地上/BS/110度CSデジタル×3●接続端子:アナログ音声出力2系統(RCA×1、XLR×1)、HDMI出力2系統、デジタル音声出力2系統(光/同軸)、AV入力1系統、i.LINK1系統、USB端子3系統 ほか●消費電力:約28W
●寸法/質量:W438×H77×D239㎜/約7.7㎏
http://diga.jp



  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.