メニュー

閉じる

HOME> Panasonic DIGA Blu-ray BZT9600

4K対応の最強BDレコーダー誕生! Panasonic DIGABlu-ray BZT9600
4Kアップコンバートの大幅な進化
パナソニックがブルーレイレコーダーというカテゴリに専用設計の電源、トリプルレイヤードシャシー、アルミ天板、側板などを採用したプレミアム製品「DMR - BZT9000」を投入してから、すでに2年が経過した。アナログ、デジタル、メカニズム。あらゆる面から画質・音質を極めてきた同シリーズだが、果たして「BZT9600」と名付けられた三世代目はどのような進歩を遂げているのか。
まず、目玉とも言えるのが4Kアップコンバートの大幅な進化だ。ご存知のように、パッケージ化や放送波で失われる色情報を高精度なマルチタップ(複数画素参照)処理で復元するクロマ処理の優秀性が、DIGAの高画質を支えている。この処理を輝度信号にも適用し、4K信号へのアップコンバートに対応したのがBZT9300だった。
今回はこのアップコンバート処理を見直し、従来の1.3倍の処理能力で高精度変換している。もちろん、各社の4Kディスプレイ/プロジェクターには超解像処理回路が内蔵されているが、コンテンツの出自やビットレートを把握した上で、ソースからダイレクトに最適設定でアップコンバートするなら、コンテンツ再生を行なう装置の中でアップコンバートする方が有利だろう。
その違いは4Kらしい高周波成分の多い、細やかなテクスチャーの深さ、映像全体の立体感描写などで現れてくる。BZT9600の出す4K映像は自然な奥行を持つのである。映像チェック用に用いているBDソフト「SAMSARA」で、カンボジアの雄大な風景を4K出力して映し出すと、そのスケールの大きさがより克明に伝わってくる。
こうした精細感を引き出すチューニングでは、とかく明瞭な輪郭を演出しすぎて、奥行感を失う傾向があるが、BZT9600の4K映像は高域から超高域まで、実に伸びやかで自然な絵を出す。ここに得意のクロマ(色)情報が詰まった映像が重ねられるため、抜けのよいスッキリした映像が楽しめるのである。
BZT9600が対応する主な4K出力フォーマット
この映像を100%活かすため、パナソニックはHDMI2.0の最大転送レートをサポートする最新LSIを本機に投入した。HDMI2.0で完全な色情報を含む4K映像を送出するには、HDMI2.0で規定される最大転送レート18Gbpsに対応する必要がある。現時点で対応できるディスプレイはパナソニック製のみだが、将来、4K対応機が増えていくことを考えれば、この時点で対応している点は重要だろう。
また、より正確な4Kアップコンバートを手軽に楽しむため、より細かな画質モードを追加。これらをベースに詳細な画質調整を行った結果をお気に入りとして2個まで登録し、標準設定とともに切り替えることで一般的な画質のブルーレイから、昨今増えている4Kカメラ撮影などで作られた高画質ブルーレイまで幅広い映像に対応する。
もはやライバルと呼べる製品がない本機だけに、さらなる画質の進化に頬が緩むが、筆者がもっともありがたく感じたのが、HDMIまわりの動作が“賢く” なったことだ。
たとえば36ビットの色情報を堪能できるマスターグレードビデオコーディング(MGVC)。10.2Gbpsの一般的なHDMI端子を搭載した4Kディスプレイの場合、送信できる色信号や階調情報が限定される。簡単に言うとMGVCコンテンツと一般的なコンテンツでは、設定すべき最適なHDMI設定が変化するのだ。
これはオーディオに関しても同じだ。本機は5.1チャンネルFLACも再生できるなど、ステレオからマルチチャンネルまで、幅広いハイレゾオーディオ再生に対応しているが、映像を重視して4Kで接続していると、音質面では好ましくない。そこで、オーディオファイル再生時には、自動的に“音がもっともよくなる接続モード” にHDMIを自動的に切り替えてくれる。
さらにこうしたHDMIの振る舞いとともに、回路内部の電源を積極的にオフすることでノイズ発生を抑制する。インテリジェント・ローノイズシステムと呼ばれるこの機能は従前の機種でも採用されているが、BZT9600はさらに徹底した電源オフを実現し、HDMI出力の最適化と組み合わせることで、より大きな効果を引き出しているのだ。
これらは従来ならば、ユーザーの使いこなしで対応していた部分だが、BZT9600はこうした最適設定を自動的に行なってくれるのである。ちょっとしたことだが、これによってBZT9600の利用価値は確実に上がる。
従来機よりひとつ上の高音質を実現
音質に話が向いたところで、高音質化対策にも水を向けるとしよう。BZT9600の音質対策は、基本的に従来路線の延長線にある。よりよい高音質部品を使うとともに、HDMIの音質を高めるための工夫を、さらに徹底して行なっている。が、今回の目玉と言えるのは内蔵スイッチング電源の再設計である。
これによりバランス出力にも対応するアナログ出力のS/Nが格段によくなり、より一層濃密な音場を作り出し、さらにデジタル出力であるHDMIの音もよくなっている。中高域から高域にかけての情報量、そしてミッドバスからローにかけてのしっかりとした土台。いずれも、従来機で磨き込まれていたものだが、さらにひとつ上のレベルへと上がっている。
さらに、オーディオ好きのためのお楽しみとして付属しているのが、空いているUSB端子(USB3.0がお勧め)に取り付けるUSBパワーコンディショナーである。これはルビーマイカコンデンサーを使ったノイズフィルターの一種だが、取り付けると確かに音が変化する。高域の情報が増して華やかになり、低域は地面を踏みしめるような力強さが出てくる。
こうした部分を含め、映像から音までを“マジメに遊び尽くす” 。そんなマニアな姿勢が、心躍らせる製品を作らせるのであろう。そして、そんなよりよい画と音への渇望が、プレミアムモデルだけでなく、DIGAシリーズ全体の質を毎年底上げしていることも忘れてはならない。最上位機種が進化するから、シリーズ全体が前へと進む。それを実践し続けるパナソニックの胆力に、今年も驚いた。そんな1台だ。
スイッチング電源の強化
電源回路の余裕度を2.5倍(従来比)に強化し力強い低音を表現
photo
↑従来比約2.5倍の大容量電解コンデンサー(左)、従来比約3倍の大容量スイッチングMOSFET(右)
↑本体内部の電源ノイズを低減し音質を高めるUSBパワーコンディショナー
photo
photo●録画可能メディア:BD-R/RE(BDXL対応)、DVD-R/RW/RAM/RDL●HDD容量:3Tバイト●内蔵チューナー:地上/BS/110度CSデジタル×3●接続端子:アナログ音声出力2系統(RCA×1、XLR×1)、HDMI出力2系統、デジタル音声出力2系統(光/同軸)、LAN入力1系統、i.LINK1系統、USB端子3系統 ほか●消費電力:約28W●寸法/質量:W438×H77×D239㎜/約7.7㎏●http://diga.jp


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.