メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.14 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> Panasonic Blu-ray DIGA BXT970

Panasonic Blu-ray DIGA BXT970
録画マニアの夢を実現する柔軟な全録機能を搭載
結論から言えば、BXT970はこれまでに存在してきたあらゆるビデオレコーダーの中でも、飛び抜けて「万能性」の高い製品だ。単体プレーヤーを越える高画質を実現した上で、録画マニアの夢を実現する柔軟な全録機能を搭載した。つまり、日夜蓄積されていく未知の番組との出会いを演出し、自分では発見できなかった番組を発掘して、そして家中に録画された番組を配信する録画サーバーとしても活躍できる。
同社が得意とする優れたクロマ(色信号)アップサンプリング処理とその技術を応用した4Kダイレクトクロマアップコンバート、マスターグレードビデオコーディング対応、音声信号の低ジッター処理など、高画質・高音質のための独自技術を盛り込み、さらに全録レコーダーという利便性と両立している。では全録レコーダーとしては中途半端なのかと言えば、機能や利便性の面でも、過去最強と言える作りだ。
 BXT970には通常の予約録画を行なう「通常録画」と、複数チャンネルを録画し続ける「チャンネル録画」というふたつの録画系列がある。通常録画はトリプルチューナーを搭載する従来からのディーガと同じ。チャンネル録画は8チューナー(うち3つがBS/CS対応)を同時に長時間モードに再圧縮しながら録画できる。
搭載するHDDは5Tバイトで、うち2Tバイトが通常録画、3Tバイトがチャンネル録画用だ。チャンネル録画は5倍モード時、8チャンネルを約1週間分記録できる。さらに、通常録画用の領域を1.75Tバイト分までチャンネル録画用へ割り当てることも可能だ。
HDDの増設にも対応しており、ふたつのUSB端子をそれぞれチャンネル録画と通常録画で利用する。接続可能なHDDは1台3Tバイトだ。チャンネル録画と通常録画用に1台ずつ増設し、最大11Tバイト(うちチャンネル録画用最大7.75Tバイト)の大容量で活用できることになる。
このような柔軟な設計思想は、チューナーの割り当てにも反映されている。通常録画用に3系統が用意されているデジタル三波チューナーは、うちふたつをチャンネル録画にも割り当てが可能で、同時10番組録画を可能にしている。
BXT970 HDD使用例
全録機のチャンネル録画には、チャプターが自動付与されないなどの制限がある製品も少なくないが、パワフルな最新ユニフィエを搭載したBXT970は、全チューナーの録画に対してオートチャプターが働く。さらには番組ジャンルを認識した長時間用再圧縮アルゴリズムが使われるため、チャンネル録画の初期設定である5倍圧縮でも大きな破綻が見られない
もちろん、特定チャンネルだけを無劣化のDRモードとすることもできる。設定を変えるたびに録画可能な日数が自動的に計算されるので、それを元に使いこなしも簡単だ。
複雑な操作もマウスのように
これだけでも全録レコーダー最強と言えるスペックだが、実はこの先にも工夫がある。あらゆる番組を溜め込むBXT970には、オーナーが気付いていない多様な番組が収められることになる。そこから興味ある番組を発掘する手段として、音声認識用マイクとモーションセンサーを内蔵した新型のリモコンが同梱されている。
探したい番組が大まかに解っている場合は音声認識が便利だ。音声認識ボタンを押し、番組ジャンルや好きな俳優の名前などを話せば番組を絞り込める。
photo
●内蔵チューナー:地上デジタル×11、BS/110度CSデジタル×6●HDD容量:5Tバイト(内チャンネル録画専用3Tバイト)●接続端子:HDMI出力×1、デジタル音声出力1系統(光)、USB2.0端子2系統、USB3.0端子2系統、LAN端子1系統ほか●消費電力:約62W●寸法/質量:W439×H71×D311mm/約5.1kg●http://diga.jp

※1 ブルーレイディスクビデオ再生など一部の操作中は、追加チャンネルの録画を中断します。また追加チャンネル設定時は放送転送などの動作に制限があります。
※2 有料のBS・CS放送をチャンネル録画する場合は有料放送事業者との視聴契約が必要。またデータ放送は録画できません。視聴・録画用とチャンネル録画用のB-CASカード2枚に契約が必要。
※3 HDD2には通常録画用の3チューナーの番組が録画されます。このうち2チューナーをチャンネル録画用に変更した場合も同様にHDD2に録画されます。
photo
一方、見知らぬ番組への誘導も全録の長所を活かすために必要な機能だ。チャンネル録画番組を見ながら「似たものおすすめ」を呼び出すと、再生中の番組によく似た番組を全録した番組の中から選べる。さらには番組内の細分化されたインデックスが自動付与されるミモーラサービスに対応しているため、一度も見たことがない番組でもシーン一覧を呼び出し、内容をササッと確認して興味あるテーマを素早く発見できるのだ。文章で書くと複雑な操作だが、一連の操作は新型リモコンのモーションセンサーが解決してくれる。まるでマウス操作のように画面上で多様な機能を選ぶことが可能で、一連の操作の流れをシンプルに完了できる。
ネットワーク機能にも抜かりはない。チャンネル録画された番組はDLNAサーバー機能を通じて同時に2台まで、他のテレビ、プレーヤー、レコーダーなどへ配信でき、さらにDTCP+による宅外配信にも6月からネットダウンロードで対応予定である。高画質、高機能に加えて利便性も提供するBXT970こそは、世に存在するコンテンツはすべてしゃぶりつくしたいと思う本誌読者にとっての理想型とも言えるレコーダーだろう。 提供:パナソニック


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.