メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.10.17 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.17 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.17 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.9.26 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.8.28 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.10.16 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    月刊HiVi 2017年11月号

    NEW UPDATE 2017.10.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年10月号 Vol.201

    NEW UPDATE 2017.9.16 更新

    季刊ステレオサウンド No.204 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.9.4 更新

    DigiFi No.27 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.8.29 更新

    季刊管球王国 Vol.85 2017年SUMMER

    NEW UPDATE 2017.7.29 更新

    耳が喜ぶ補聴器選び No.2 2017-2018

    NEW UPDATE 2017.5.15 更新

    季刊管球王国 Vol.84 2017年SPRING

    NEW UPDATE 2017.4.27 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.10.19 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.10.18 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.10.17 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> PANASONIC DIGA DMR-UBX7030

 DMR-UBX7030の最大のトピックは、UHDブルーレイの再生対応。昨年のモデルBRX7020とほぼ同じ価格でこの進化。コストパフォーマンスがきわめて高く、たいへんお買い得といえる。11チューナー/7TバイトのHDD容量も、BRX7020とまったく同じ。好評であった、最大10チャンネルのすべての番組を28日分録画できる機能も、そっくり継承されている。

新たに搭載された「ドラマおとりおき」は、地上デジタル放送ゴールデンタイム(19時〜22時台)のドラマ番組を約90日間保存してくれる機能で、ドラマ毎に一括表示される。話題のドラマを見逃しても、後から観始めることができるうれしい機能だ

↑新たに搭載された「ドラマおとりおき」は、地上デジタル放送ゴールデンタイム(19時〜22時台)のドラマ番組を約90日間保存してくれる機能で、ドラマ毎に一括表示される。話題のドラマを見逃しても、後から観始めることができるうれしい機能だ
 その上で、実に頼もしい機能強化が図られた。それが「ドラマおとりおき」機能だ。具体的には、いわゆるゴールデンタイム(19時から22時59分まで)の地上波連続ドラマを、自動的に約90日間保存してくれるのである。90日間というのは、すなわちドラマの1クールだ。これにより、初回を見逃した、あるいは、巷で評判なので見てみようかといったニーズにしっかり対応しているわけだ。

ドラマ録画完全武装マシン

 この「ドラマおとりおき」機能は、内蔵HDDのチャンネル録画と通常録画の容量切り分けの中で、通常録画の領域を使用する。その領域も3段階から選択可能で、持ち出し番組の自動作成も可能というから、録画スタイル/鑑賞スタイルに応じたさまざまな応用が効くのがうれしい。

暗い部分が見えにくい
暗い部分が見えにくい
暗い部分までよく見える
暗い部分までよく見える
↑HDR映像の調整機能として新たに搭載されたのが「ダイナミックレンジ調整」。視聴環境に応じHDR映像の暗部から明部までを微調整することでより見やすい映像を再現する
 「ドラマおとりおき」機能を含めた新着番組のサムネイル表示も、新たに見やすくまとめられている。目当ての回がすぐに見つかる一覧表示で、シリーズまるごとを一画面に表示させることができるのだ。

 ここまでくると、ドラマ好きがディーガの全録モデルを選ばない理由はもはやない。そのいっぽうでお気付きのことと思うが、ドラマ録画機能が強化されたことで、通常録画の容量割当てが減っている。とはいえ、その削減も1割程度。それを補って余りある、1クールが丸々録れる「ドラマおとりおき」は大きな魅力であり、ドラマ録画の完全武装マシンといっても過言でないのだ。

 また、昨年モデルで提案された「ディーガで音楽」は、ディーガでCDリッピングをして大容量HDDに保存するという活用法で、こちらもたいへん好評ということから引き続き搭載された。これはPC要らずで、CDの音楽をディーガに保存でき、しかも内部の音声信号処理で、最大192kHz/24ビットにアップコンバートされ、より高音質で聴くことができる。

 冒頭記したように、画質処理エンジンに関しては、各ラインナップにおけるプレミアムモデル(最上位機)のみ、クロマのエッジの非線形処理が加わるというだけで、映像クォリティは遜色ない。安心して美しい映像を堪能できる、パナソニックが近年提唱するクロマアップサンプリングの恩恵が全機種に当てはまるのだ。その詳細をここで述べる紙数はないが、4K映像の基本処理において、ディスクの記録信号4:2:0を、マルチタップフィルターにて垂直/水平方向ともに4:4:4にアップサンプリングする効果である。

 いっぽうでは、HDR映像再生時の新たな課題として浮き上がってきたのが、従来と同じやり方では輝度調整がうまくできないということだ。具体的には、テレビのブライトネス、黒レベル調整、ダイナミックコントラスト、バックライト制御等でのテレビ側の操作/調整だけでは、現状では限界がある。そこでディーガでは「ダイナミックレンジ調整」機能を内蔵させ、例えば視聴環境が明るいためにHDR映像の暗い部分が見えづらい場合でも、暗い部分を明るくできるようにした(微調整も可)。技術的には、PQ信号を内部で特殊な信号に変換して処理することによって、
PANASONIC DMR-UBX7030 オープン価格
●再生対応ディスク:UHDブルーレイ、BD、ブルーレイ3D、DVD、CD他●内蔵HDD容量: 7Tバイト●デジタルチューナー:地上デジタル×11、BS/110度CSデジタル×6●接続端子:HDMI出力2系統、デジタル音声出力1系統(光)、LAN端子1系統、他●寸法/質量: W435×H71×D309mm(突起部含まず)/約4.8kg ●http://diga.jp
従来のガンマ信号と同じように明るさを調整できるようにしているのだが、これは信号処理に高いビット精度が充てられないと難しい。この辺りもパナソニックの面目躍如たる部分である。

 録画もたっぷり楽しみたいが、UHDブルーレイもきれいに観たい。そうしたニーズに対して、使い勝手も機能も強化されたDMR-UBX7030。今流にいえば、まさに“ユーザー・ファースト”なレコーダーなのである。
提供:パナソニック



  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

三菱電機 CLUB DIATONE(クラブ ダイヤトーン)|ここで試聴できる DIATONE SOUND. NAVI|試聴会情報一覧

ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • メッセージ 4K ULTRA HD & ブルーレイセット
  • メッセージ
  • 未知との遭遇 4K ULTRA HD & ブルーレイセット
  • 未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション スチールブック仕様
  • キング・アーサー <4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット>
  • キング・アーサー 3D&2Dブルーレイセット
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.