メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > PANASONIC VIERA TH-55EX850

有機EL一色の感がある昨今のテレビ市場。その反面で液晶は、
なんだか置き去りにされた印象が強い。しかし、秘かに円熟期を迎えているのが今日の液晶テレビなのである。そうした魅力の一端は、パナソニックのニューモデルTH-55EX850に見て取れる。画質・音質ともに最新技術を引っ提げて登場した、パナソニック渾身の1台なのだ。  小原由夫
 最新IPSパネルを採用した“液晶ビエラ”の中にあって、EX850シリーズはビエラ史上最高レベルの高い輝度を実現していることが特徴だ。パネルの選択や適応技術の改善に、技術陣が真摯に取り組んだ成果といえよう。

「正しいリビングテレビ」を追求

 ご承知のように、IPSパネルはVAパネルに対して視野角に優れるが、ネイティブコントラストで劣る。今回選ばれたのは、広視野角/高輝度IPSパネル。パネル自身の基礎体力を上げた上で、バックライトの部分制御の動作をより精密に施し、前述の課題に真正面から取り組んだ。さらに盛り込んだ技術が「エリアコントラスト制御」だ。

 具体的には映像全体の明るさを見ながら映像信号のゲインを適宜制御。例えば暗いシーンの中の微細な明るい部分が飽和しないよう、階調表現をなだらかにする最適なゲインの処理を行なっている。こうして黒をしっかりと沈ませながら、明部にも的確なグラデーションを与えることができているのだ。さらに本機では、自家薬籠中の「ヘキサクロマドライブ」の進化によって、リッチでヴィヴィッドな色再現が相乗効果を挙げている。

 夜間のリビングルームを模した100ルクス程度の照明下で、「シネマモード」にてUHDブルーレイを視聴してみた。HDRの効果でキラッと光るライトが背景の暗闇からスーッと浮き出る。しかもこれまで光量に差がないように思えた複数の光にも、実は微妙な差があることがしっかりと実感でき、鮮やかなコントラストを描いたのである。液晶テレビということを考えればなかなか見事な描画力だ。これこそ信号処理の分割数を上げることで見掛け上のコントラストを大きく改善した「エリアコントラスト制御」の恩恵といえよう。

 いっぽうでは外光が差し込む日中のリビングルームを想定した映像チューニングもぬかりない。視野角で有利なIPSの特質を活かしつつ、コントラストの課題を克服することで「正しいリビングテレビ」のあり方を追求したのが、今回の新型液晶ビエラの真骨頂といってよい。

ベルリン・フィルとの協業で培ったサウンドチューニング・モード搭載

 サウンド面についても、TH-55EX850はブラッシュアップを果たした。具体的には昨年モデルDX850のリサーチ結果から、高品位部品の追加・変更、回路基板の見直し(パターン変更)、電源部の強化といったポイントを実施。さらに同社のピュアオーディオブランド「Technics」の技術者と共同で音質を磨くとともに、「ハイレゾリマスター」技術や「JENO Engine」といった基幹技術を採り入れ、抜本的な音質改善を実施したのである。
バックライトLEDの「高輝度化」、明るさをエリアごとに細かく調整する「バックライトエリア制御」、さらに高画質エンジンによる「エリアコントラスト制御」により、エリア毎に最適ゲインに調整して白とびを抑えることで、高輝度から低輝度領域までの映像ディテイルを忠実に再現
↑バックライトLEDの「高輝度化」、明るさをエリアごとに細かく調整する「バックライトエリア制御」、さらに高画質エンジンによる「エリアコントラスト制御」により、エリア毎に最適ゲインに調整して白とびを抑えることで、高輝度から低輝度領域までの映像ディテイルを忠実に再現
本機は最大出力100Wの3ウェイ8スピーカーを搭載。3ウェイ完全分離、フルデジタルアンプ「JENO Engine」搭載に加え、音質改善をはかる高音質部品を新たに投入
↑本機は最大出力100Wの3ウェイ8スピーカーを搭載。3ウェイ完全分離、フルデジタルアンプ「JENO Engine」搭載に加え、音質改善をはかる高音質部品を新たに投入


 サイドスピーカーは、上下にミッドレンジを配してトゥイーターを挟み込む構造。これによって画面の中での定位感を明確にした。画面裏のウーファーは容積を確保し、音導管を前方に導くことで重低音をよりクリアーに再生する。総合出力100Wのアンプでこれら3ウェイ/8スピーカーを駆動し、よりダイナミックで臨場感に溢れたサウンドを実現しているのである。

 実際に音楽コンテンツを聴いてみると、ベースラインの音程がしっかりと聴き取れるだけでなく、重心の低い安定したエネルギーバランスが感じられた。ヴォーカルやソロ楽器の定位も画面中央に結ばれて、映像とのリンクも自然。ベゼル下面に下向きで放射される今日一般的な薄型テレビのパフォーマンスと比べると、大人と子供ぐらいの力の差を感じる。

 本機のサウンドには、ベルリン・フィルとの協業で培ったサウンドチューニングと、その成果を盛り込んだ音楽再生モード「ミュージックモード」も息づいている。
4K LCD DISPLAY
Panasonic TH-55EX850 オープン価格
●画面サイズ:55型 ●解像度:水平3840×垂直2160画素 ●内蔵チューナー:地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3 ●接続端子: HDMI入力4系統、ビデオ入力1系統、デジタル音声出力1系統(光)、USBタイプA 3系統、他
●寸法/質量:W1338×H755×D300mm/約35.0kg(スタンド含) ●ラインナップ:TH-60EX850、TH-49EX850 ●http://viera.jp
同モードにてベルリン・フィルの演奏を映像配信サービス「デジタル・コンサートホール」で聴いてみると、コントラバスの響きの充実感があり、ハーモニーやアンサンブルがていねいにほぐれて広がる様子が実感できた。ベルリン・フィルの感性と、パナソニックの技術の融合が、ここに結実したのである。

 普段使いのテレビこそ、ユーザーに身近に寄り添う日常の中で高画質・高音質を発揮しなければならない。パナソニックのそうした考え方・姿勢に、私は大いに共感するのである。

提供:パナソニック

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.