メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.14 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > LIVE HOUSE REPORT 高松 festhalle

LIVE HOUSE REPORT 高松festhalle
ステージ袖に設置された2台の「ローランド Digital Snake S-2416」。計48ch入力/32ch出力で、「O・H・R・C・A M-5000」の入出力とな
ステージ袖に設置された2台の「ローランド Digital Snake S-2416」。計48ch入力/32ch出力で、「O・H・R・C・A M-5000」の入出力となる
コンソール脇に設置されたラック。「ヤマハ SPX990」、同「Pro R3」、「Lexicon PCM70」などが収納されている
コンソール脇に設置されたラック。「ヤマハ SPX990」、同「Pro R3」、「Lexicon PCM70」などが収納されている
96kHzの音は、ハイエンドの伸びが48kHzとはまるで違う
――― 実際に現場で使用されて、「M-5000」のサウンドや使い勝手はいかがですか?

木村 音質に関しては、「ローランド」の卓らしい温かみのあるサウンドなんですが、「V-Mixer」よりもクオリティはかなり向上していますよね。別物と言っていいくらい良くなっています。

今回、メイン・コンソールとして導入された「ローランド O・H・R・C・A M-5000」
今回、メイン・コンソールとして導入された「ローランド O・H・R・C・A M-5000」
亀田 分離感が凄く良いですよね。やっぱり96kHzというのが大きいのではないかと思います。ハイエンドの伸びが48kHzとはまるで違いますから。高域の響きがきれいなんです。

木村 サンプリング・レートが上がると、柔らかいサウンドになりますよね。これも96kHzが関係しているのか分かりませんが、「M-5000」はたくさん音を突っ込んだときの飽和感がない。あまり良くないデジタル・コンソールは、たくさんチャンネルを突っ込んでいくと、何か“上手くいっていない音”になってしまうんですよ。「M-5000」は、“上手くいっていない音”にはならないですね。

――― 「M-5000」は、128chの範囲でミキサーとしての仕様を自由に定義できる点が大きな特徴ですが、ここではどのようなコンフィギュレーションにしていますか?

亀田 「festhalle」のデフォルトで、入力は64ch、AUXは16系統、マトリクスは8系統、メイン出力は2系統で、グループは組んでいません。Console in/outには再生系とか持ち込みのアウトボードなどを接続できるようにしています。

――― 好きな機能を常時操作できる状態にしておけるアサイナブル・フェーダーとユーザー・アサイナブル・セクションには、どのような機能をアサインしていますか?

亀田 ぼくの場合、アサイナブル・フェーダーにはボーカルやボーカルのリバーブを割り当てておくことが多いですね。アサイナブル・フェーダーの一番端にはBGMやSEなどをアサインしています。上のユーザー・アサイナブル・セクションは3ページ使えるので、エフェクトのパラメーターだけでなく、オシレーターなどもアサインしていますね。これはかなり便利な機能です。

「O・H・R・C・A M-5000」を操作する亀田氏
「O・H・R・C・A M-5000」を操作する亀田氏
「O・H・R・C・A M-5000」の特徴であるアサイナブル・フェーダーとユーザー・アサイナブル・セクション。頻繁に使う機能を自由にアサインできる
「O・H・R・C・A M-5000」の特徴であるアサイナブル・フェーダーとユーザー・アサイナブル・セクション。頻繁に使う機能を自由にアサインできる
――― 内蔵のエフェクトに関してはいかがですか?

亀田 これは「ローランド」の担当者さんにもお話ししたんですけど、「V-Mixer」内蔵のものと比べてクオリティが格段に良くなっていますね。リバーブは「V-Mixer」にも入っている“Stereo Reverb”というプログラムをずっと愛用しています。ぼくは“Hall”のアルゴリズムで使用しているんですが、パーンという鳴り方ではなく、柔らかく伸びていく響きが良いんですよ。

――― iPad用コントロール・アプリ「M-5000 Remote」や、パソコン用コントロール・ソフト 「M-5000 RCS」は使用していますか?

亀田 あまりiPadを持ってウロウロするということはないんですが、両方とも使用しています。パソコンの方は、乗り込みのオペレーターさんがチャンネル名などを入力するときに重宝していますね。iPadはリモート・コントローラーではなく、卓の上に置いてメーター・ブリッジとして活用しています。
 iPadと言えば、「M-5000」はiPhoneを専用ケーブルで直接接続できるのが便利ですね。SEなどを鳴らしたいときにインプットを潰さずに繋げられるのがいい。USBメモリへのレコーディング機能はまだ使っていないんですが、「M-5000」は16ch入出力のUSBオーディオ・インターフェース機能も内蔵しているので、いずれライブ・レコーディングで使用してみたいですね。

――― 「M-5000」で特に気に入っている機能があればおしえてください。

亀田 アンカー機能ですね。レイヤーを切り替えていくと、触りたいフェーダーが見つからなくなってしまうことがありますが、「M-5000」ではアンカーという機能を使うことで、よく触るフェーダーを瞬時に呼び出すことができるんです。1つのレイヤーに最大8つのアンカーを打てるんですが、これは本当に便利な機能ですね。それと「V-Mixer」と比べると、拡張性が良くなったところも気に入っています。「M-5000」はオプション・カードを装着すればDanteにも対応しますからね。

木村 ぼくは軽いところが一番気に入っています(笑)。本当に軽くて、モニター・スピーカー1個分くらいな感じ。ですからこのコンソールは、レンタル用途にもいいでしょうね。

photo12.jpg
木村氏と亀田氏、そして運営会社「ヘイマーケット」の取締役で「festhalle」の総支配人を務める和田年美氏(写真右)
亀田 あとはメーカーの対応が早いのもいいですね。こちらから要望を伝えると、すぐに反映してもらえる。それは本当にこのコンソールの良さだと思います。

――― 本日はお忙しい中、ありがとうございました。

高松 festhalle
香川県高松市常磐町1-3-2
Tel:087-802-2722 http://festhalle.jp/
前のページ


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.