メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.14 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.13 更新

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > ABCラジオの中継現場で活躍する ローランド O・H・R・C・A M-5000C

ABCラジオの中継現場で活躍する ローランド O・H・R・C・A M-5000C

M-5000CとR-1000で行う96kHzマルチトラック収録

PS 昨年末に「M-5000C」を導入されたそうですね。

平間 はい。持ち出しで使っていた「シグマ」のコンソールが老朽化していたので、そのリプレースとして導入しました。「M-5000」に関しては、これまでハイグレードなコンソールでしかできなかった内部のコンフィギュレーションを自由に変更できるのが凄いなと思い、ずっと注目していたんです。96kHzにも対応していますし、既に導入していた「Digital Snake」を有効活用できることもあり、コンパクトな「M-5000C」を2台導入することにしました。本当は「M-5000」の方が良かったんですが、収納や運搬のことを考え「M-5000C」を選定しました。2台導入したのはメイン機とバックアップ機という位置付けで、1台では足りない現場では2台並べて使おうかと。また、普段使っていないときは、スタジオで「M-48」のコントローラーとしても活用できるんじゃないかと思ったんです。

「ザ・シンフォニーホール」で行われた公開収録時の様子
「ザ・シンフォニーホール」で行われた公開収録時の様子
PS 「M-5000C」の拡張スロットにはインターフェース・モジュールを装着していますか?

平間 1台にREAC端子を拡張するための「XI-REAC」を装着しました。実は今回「M-5000C」と一緒に「R-1000」も追加導入していて、「R-1000」を2台併用することで、96kHzで48トラックのレコーディングができる環境を整えたんです。96kHzの場合、「M-5000C」標準のREAC端子だけでは24トラックしかレコーディングできないので、「XI-REAC」はもう1台の「R-1000」を接続するために装着した感じですね。
 それと、Dante接続用に「XI-DANTE」も装着してあります。これは「Focusrite」の8chマイクプリA/Dインターフェース「RedNet 4」を接続するためのものです。「RedNet 4」は、「Digital Snake」とは違うサウンドが欲しくて、「M-5000C」と同時に2台導入しました。楽器によって、違うタイプのマイク・プリアンプとA/Dコンバーターを使い分けられたらいいなと。また他の用途として、社外でDante対応ミキサーを使うPAさんと音声の連携をしたり、「Dante Virtual Soundcard」を入れたPCと接続し、DAWとして利用するといったことも考えています。
 さらに、「M-5000C」の電源を冗長化するための「S-240P」も今回一緒に導入しました。

「ザ・シンフォニーホール」のホワイエにセッティングされた2台の「M-5000C」
「ザ・シンフォニーホール」のホワイエにセッティングされた2台の「M-5000C」
PS 「M-5000C」の使用感はいかがですか?

平間 このコンソールの一番の特徴である、128chの範囲で内部のコンフィギュレーションを自由に組み替えられるというのがとても便利ですね。現場では、収録当日に楽器が増えたり、コーラスがいきなり入ったりという突然の変更がよくありますから。「M-5000C」なら急な組み替えにもすぐに対応できる。まだ定番のコンフィギュレーションというのは無いんですが、今後使い込んでデフォルトの形を作っていけたらと思っています。
 音質も凄く良いと思います。やはり96kHzは高域の伸びが全然違うので使いたくなってしまうのですが、48kHzでも全く問題ないです。生放送で運用するときは48kHzで、ホールなど素材として残すような収録をするときは96kHzと使い分けています。
 フェーダーのタッチも良いですし、操作感も悪くないと思います。タッチ・スクリーンの操作性も良いですね。他のスタッフも使いやすいと言っています。よく使う機能を割り当てられるアサイナブル・フェーダーも便利です。普段は収録が多いので、4本のフェーダーには大抵アンビエンス、MC、メイン・リバーブ、メイン・アウトを割り当てています。
 内蔵のエフェクトも良いですね。「Lexicon」風や「TC Electronic」風のリバーブも用意されており、シーンや好みに応じて使い分けています。

「M-5000C」横に設置された2台の「R-1000」
「M-5000C」横に設置された2台の「R-1000」
ステージ袖に設置された「Focusrite RedNet 4」
ステージ袖に設置された「Focusrite RedNet 4」
PS 「M-5000C」と「R-1000」の組み合わせで収録も行ったのですか?

平間 はい。つい先日も「ザ・シンフォニーホール」での公開録音で使用しました。そのときはステージ後方のホワイエに「M-5000C」を2台設置し、ステージ袖に「S-4000S」と「RedNet 4」を置いて。トリオ・バンドのジャズ・ボーカルがメインで、計3組による演奏だったのですが、96kHzで48トラック、フルに使いました。入力はボーカルやドラム、ウッド・ベースは「RedNet 4」、それ以外は「S-4000S」という使い分けでしたね。「RedNet 4」のパラメーターは、Danteネットワークに接続したノート・パソコンからコントロールしました。「M-5000C」から直接コントロールできたらいいのですが。(笑)

PS 「R-1000」で収録したデータは、スタジオの「Pro Tools」でミックスしたのですか?

平間 いいえ。基本はライブ・ミキシングを生かしたいと考えています。ただ、気になった曲や直したい曲については、次の日MA室にコンソールを持ち込み、バーチャル・リハーサル・モードで「R-1000」2台をリンク再生し、「M-5000C」2台でリミックスしました。「M-5000C」の拡張DanteポートからノートPCの「Pro Tools」に落としました。結局やり始めるといろいろ気になってしまい、ほとんどすべての曲をリミックスしたような気がします。(笑)

PS 「M-5000C」で特に気に入っている機能はありますか?

平間 パソコン用のリモート・コントロール・ソフトウェアの「M-5000RCS」が便利です。「M-5000RCS」を使えば、「M-5000C」が無い事務室などでも事前に設定が作り込める。それをUSBメモリで「M-5000C」にコピーすれば、それだけで準備は完了ですからね。内部のコンフィギュレーションも「M-5000RCS」上で設定することができますし。事務室はコンソールを広げるだけのスペースが無いので、
「M-5000C」をオペレートする平間氏
「M-5000C」をオペレートする平間氏
「M-5000RCS」は本当に重宝しています。また、iPadも購入したんですが、現場でのインプット・メータ確認用に使っています。 

PS 本日はお忙しい中、ありがとうございました。

 ローランド製品に関する
 問い合わせ
 ローランド株式会社
 Tel:050-3101-2555(お客様相談センター)
 http://www.roland.co.jp/solution/ 
前のページ


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフト情報
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.