メニュー

閉じる

HOME> AQUOSクアトロン Gシリーズ

テレビがもっと楽しくなる…… シャープの“デキル執事”「ビジュアル モーションガイド」を体験!小原由夫

「テレビは情報の窓」という喩えがある。そうした考えに従えば、近ごろのその窓の最重要機能は、「スマート」性能といえるだろう。しかし、このスマートという概念、いまひとつ判然とせず、曖昧な印象が拭いきれない。何を以てスマートというか、何が網羅されていればスマート足り得るのか、そのアプローチが各社で微妙に異なる現状なのである。

では、シャープAQUOSが考えるテレビのスマート機能とは何か。最新の「AQUOSクアトロン/Gシリーズ」に搭載された「ビジュアル モーションガイド」を見れば、その答えがわかる。

「ビジュアル モーションガイド」は、ここがスゴイ!
至れり尽くせり!テレビのスマート機能は“執事”のような存在

今日テレビは、さまざまなコンテンツを映す窓だ。地上波やBSの放送番組だけでなく、VOD(ビデオ・オン・デマンド)やSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、各種のインターネットコンテンツ。それら膨大な量のコンテンツの中からお目当てのものをいかに効率よく探し出すことができるか。加えて、ユーザーの関心や趣味、嗜好に合わせて、現在/過去/未来のコンテンツの中からぴったりマッチした内容のものを紹介することができるかどうか。テレビのスマート機能の本質は、そうしたユーザー目線に立って選り分けをしてくれる専任の“執事”のような存在といえよう。

いわば「ビジュアル モーションガイド」は、テレビだからこそ叶うスマート機能、テレビだからこそ楽しい視覚イメージを実現した、貴方の(貴方と家族の)執事である。コンセプトの「BIG&Smart」は、大画面だからこそ活きる「スマート機能」。視野いっぱいに広がる映像の臨場感を大画面が可能にし、放送とネットを身近にするスマート機能がそこに協調する。昨今は、使う上での楽しさ、操作するおもしろさも望まれるが、「ビジュアル モーションガイド」は、その点についても十分作り込まれている。

早速「ビジュアル モーションガイド」を体験!
photo
「ホーム」画面から、ボタン一発でキーワードを検索できる!

スタートは、リモコンの<ホーム>ボタンから。GUIは大まかに3段階に分かれている。
上段が現在視聴中の放送等のコンテンツやお知らせ/設定のゾーン、中段が各種機能や履歴、予約録画の提案等のお薦めコンテンツのゾーン、下段がインターネットサービスを中心とした「AQUOS City」ゾーンという配置だ。

注目したいのが、お薦めコンテンツのゾーン。ここにアクオスならではの工夫がある。それが「ビジュアル モーションガイド」のキーポイントのひとつである、「気付き」だ。

視聴中の番組や視聴履歴からお薦め番組を案内するのは、今時は他社のテレビでも見受けられる機能。本機ではさらに特定時間帯のシェアや類推されるキーワードから検索を掛け、裏番組や未来の番組のお薦めをガイダンスしてくれる。それは放送番組だけにとどまらず、既に録画済みのコンテンツや、VOD等のインターネット・コンテンツにまで及んでいるのだ。

仮にインターネットに接続されていない状況でも、「ビジュアル モーションガイド」の利便性は変わらない。「AQUOS City」のゾーンのアイコン表示がなくなり、お薦めゾーンのサムネイルの表示数も少なくはなるが、動作は実にスムーズで違和感がない(その上で、「インターネットにつなげばこう広がりますよ」というリコメンドが表示される辺りは、よく練られていて感心!)。


guide01_4.jpg
現在試聴している放送と関連した番組の情報を抽出。さらに関連した情報を引き出し、視聴者に提供してくれる(録画コンテンツ・これから放送される番組・Webの情報、等)
番組を観ながら、ボタン一発でWEB検索。どんどん知識を深堀りできる!
photo
今回の取材にて「ビジュアル モーションガイド」を駆使し、某有名女優のトリビアを発見した瞬間。まさに新たな“気付き”に出会った瞬間だった!

例えば、現在視聴している番組の公式ホームページ等があれば、「ホーム」画面からボタン一発でそのWEBページを表示させることができる。そこに記載されている情報からネット検索をかけ、関連したデータを探すなんていう動作はお手のものだ。そうやって知識(トリビア的なものを含め)をどんどん深堀りできるところがすこぶる楽しい。

同様に知識を得たいという場合、これまではテレビからの情報をメモなどに残しておき、後でパソコンを立ち上げ、検索エンジンを駆使して情報を入手するという手順だったわけだが、こうしたケースではテレビとパソコンの間がつながっていないので、情報の行き交いが成立しない。しかし、「ビジュアル モーションガイド」を使えば、放送番組視聴からネットに飛び、そのデータを元にまたテレビの番組表に戻って未来の番組録画を設定するなんていうことが、とても簡単かつシンプルにできてしまうのである。

すべての視聴者に「気付き」と「発見」を与えてくれる

これこそが、まさに“気付き”だし、“発見”だ。パソコンにはできない、ましてやスマートフォンにも不可能な、テレビだからこそ実現できるスマート機能ではないか。しかもそれが、いかにもテレビらしいGUIで、直感的にわかりやすい表示になっている点がミソ。レイアウトとその連携動作を把握さえすれば、老若男女、誰もがストレスなく操作できるように創意工夫されているのである。「ビジュアル モーションガイド」は、スマート的なアプローチをテレビがうまく活用した典型的な例といってよいだろう。

シャープが考えるスマート機能の姿勢は、現在のライフスタイル、生活習慣に何ら支障をきたさずに、新たな発見をもたらしてくれるものでなければならない。“BIG AQUOS”Gシリーズに搭載された「ビジュアル モーションガイド」は、まさしくその水先案内人といえよう。

小原由夫
おばらよしお・電気測定機メーカーのエンジニアから、オーディオビジュアル専門誌の編集者を経て、フリーライターへ。親しみやすい語り口と素朴なテーマで多くの読者をひきつけた連載「AV奮闘記」で一躍スター(!)の座を築く。海辺のがけっぷちに構えたAVルームも今は昔。現在では場所を移して「開国シアター」として大幅グレードアップしている。
クアトロンGシリーズ

  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.