メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME> LCD DISPLAY SHARP 4K対応 AQUOS LC-60UD1

「4Kが映し出す映像世界は、 テレビの美しさの概念をも変える」 LCD DISPLAY SHARP 4K対応 AQUOS LC-60UD1 話題の4K対応AQUOSに60型が登場
photo昨年のICC PURIOSに続き、AQUOSの4K対応テレビとしてUD1ラインが登場。70V型に続き、ユーザーのニーズの高い60V型も発売され、より多くのユーザーが4Kテレビの高精細な映像を楽しめるようになった。THX 4K ディスプレイ規格の取得など、ICC PURIOSの設計思想を継承し、AQUOS最上画質を実現したUD1ラインの実力を早速テストした。
鳥居 一豊
4Kの高画質をより身近に使いやすく
 AQUOSブランドとして登場した4K対応テレビ「UD1ライン」は、画面輝度の均一性など、ディスプレイとしての基本性能を磨き上げたICC PURIOS LC‐60HQ10とは異なり、現実的な価格とした4K対応テレビだ。その両者の位置づけの違いを商品企画を担当した指出実氏はこう話してくれた。 「ICC PURIOSはシャープの最高峰のディスプレイ技術とICCという高精細化技術を持つプレミアムモデルですが、誰でも手に入れられるモデルではありません。UD1ラインはリビングで大画面テレビを使いたいというユーザーに向けたモデルで、4Kの高画質をより身近に、しかも使いやすくお楽しみいただけるモデルです」
photo
鳥居一豊
photo
シャープ株式会社
デジタル情報家電事業本部
液晶デジタルシステム第一事業部
第一商品企画部
部長
指出 実さん

photo
シャープ株式会社
デジタル情報家電事業本部
AVシステム開発センター
第四開発部 画質開発グループ
チーフ
小池 晃さん
 UD1ラインの大きな特徴は、シャープが独自に開発した4Kパネルに大日本印刷と共同開発した低反射と黒の締まりを両立するモスアイパネルを組み合わせていることだ。明るいリビングで目立ちやすい画面への映り込みを低減し、より快適に美しい映像を楽しめるのは、非常に重要なポイントだろう。  4Kの高画質については、THX 4K ディスプレイ規格を取得するなど、ICC PURIOSを受け継いだものとなっている。UD1ラインでは、LEDバックライトはエッジ型となっているが、画質を担当した小池晃氏によれば、エッジ型で画面の均一性を高いレベルで実現するのはかなり困難だったそうだ。 「エッジ型で均一性を高めるのはかなり難しかったですが、導光板や拡散板の構造を見直すことによりかなりのレベルのものを完成する事ができました。これによって、自然で奥行きのある映像再現ができました。これはシャープ4K対応テレビならではの特徴と言えると思います」
 パネルやLEDバックライトから画作りを追求できることはパネルを自社開発するシャープの強みが出ている部分でもある。その映像は極めて自然で落ち着いた佇まいが印象的だ。これについても、4K解像度ではテレビの画作りの思想を変え、パッと目を引く見映えのする映像ではなく、一見地味でも見たままに近い本物感を追求しているという。これはICC PURIOSに通じる思想そのままだ。
 さらに、「AQUOS 4K-MasterEngine PRO」を新開発。4Kカメラの映像をお手本とし、フルHDソースであっても4Kに近いディテールを復元できるなど、高いレベルでのアップコンバートを可能にした。ハードウェア的な差こそあるものの、表示された映像はICC PURIOSと同じものを目指したという。
 視聴では、IMAXカメラを多用して製作された「ダークナイト・ライジング」の冒頭シーンを見たが、飛行機から宙づりにされるという場面での高さ感にハッとさせられた。身がすくむような高度感が実にリアル。この生々しい再現はまさに本物を思わせる説得力がある。リビング向けだからといって従来のテレビの画作りの延長とせず、4Kの新しい価値観を主張する考えには大いに賛同したい。開発陣は地味に見える画作りと言うが、この吸い込まれるような奥行き感は十分に驚きがあり、店頭でもアピール度の高い映像だと思う。
高画質とともに磨かれた機能性 /></div>


<div class=  また、4Kの高解像度を生かすため、「かんたん4Kフォトフレーム」を備える。これは、SDメモリースロット経由でデジカメなどで撮った高精細な静止画を表示する機能で、内蔵メモリーに静止画を保存でき、リモコンのボタンひとつで手軽にスライドショー再生もできるもの。もちろん、HDMI入力は4K/30pに対応し、将来的な4k動画コンテンツの登場にも対応している。
photo
フルHDの4倍※1の解像度(3,840×2,160画素)を持つ4K高精細液晶パネルを採用するとともに、既に定評のある「モスアイ®パネル※2」を採用。photo映像を構成する画素の密度が細かく画素の粗さが気にならないことに加え、外光や部屋の照明などの反射を抑えることにより、これまでにはない映像体験が可能となった。また、フルHDの入力映像を高画質化するデュアルコア2K高画質回路に、フルHDから4Kに解像度をアップコンバートする高精細化回路を組み合せた「AQUOS 4K-Master Engine PRO」を新開発。地上デジタル放送やブルーレイディスクの映像も、4K解像度の臨場感あふれる高精細な再現を実現した

※1 フルHD(水平1,920×垂直1,080画素)との比較
※2 モスアイRは、大日本印刷株式会社の商標または登録商標






 そして、テレビとしての機能もAQUOSの最高峰のものとなっている。テレビ画面と同時に選局ナビゲーションや各種の検索やインターネット機能を快適に使える「ビジュアルモーションガイド」を採用するが、ICC PURIOSと同様に上部に表示される放送画面サイズはちょうど1/4のフルHD解像度で表示される。子画面ではあっても放送そのままの画質というわけだ。放送と同時にインターネット機能の併用がしやすくなっているのも4K解像度のメリットだ。
photo
400を超えるテスト項目からなり、高解像度ディスプレイに対して映像品質の高さを保証するプログラム。映画監督の意図する映像を自宅でも忠実に再現することができるハイエンド機器しか合格することが出来ない厳格な規格だ。本機は、高精細・高品位な映像表示能力が高く評価され、4K(3,840×2,160画素)コンテンツでも、鮮明な映像でホームエンターテイメントを提供できるテレビとして認められた

※3 THX 4K Certified Display Program, THX 4Kディスプレイ規格にて2D映像表示時で認証取得。THXおよびTHXロゴはTHX.Ltd.の登録商標。

photo
最新の4K対応AQUOS2機種(写真左が70型、写真右が60型)


















  4Kとしての画質、リビングで使いやすい機能性を含め、UD1ラインは4 Kテレビに関心のあるユーザーにとって魅力的なモデルであることが確認できた。70V型に続き、より使いやすいサイズでもある60V型が8月に登場したことでUD1ラインの注目度はますます高まるだろう。
ユーザーにとっての〝本当の使いやすさ〟を追求した注目のレコーダーBD/HDD RECORDER SHARP BD-W2300/1300
photo
 もうひとつの話題は、BDレコーダー。ダブルチューナー機のBD‐W2300/W1300だ。ボリュームゾーンに投入される身近なモデルだが、HiVi夏のベストバイで1位に輝いたモデルだ(BD‐W1300)。BDレコーダーは登場初期に購入したユーザーの買い換え期に入っているというが、そんなユーザーが求めるニーズは使い勝手の向上が大きいという。
 そこで、従来は入門機のかんたんシリーズにのみ搭載していた「音声ガイド付きかんたんメニュー」を搭載。基本操作を音声でナビゲーションするもので、使い方がわからないといったユーザーの声に応えるものだ。スタンダードモデルとしてはトリプルチューナー機に続いての採用となるが、ユーザーの評判も上々のようで、操作についてのサポートへの問い合わせ件数も1/3ほどに減ったという。また、電子番組表も選択したチャンネルを拡大表示するなど、さまざまな部分でより使いやすく改良されている。
photo
シャープ株式会社
デジタル情報家電事業本部
液晶デジタルシステム第一事業部
第二商品企画部
副参事
伊藤 公宜さん

photo
 もちろん、画質についてもシステムLSIを「高画質マスターエンジンBD」にグレードアップし、さらなる進化を果たした。処理速度の向上にともない、より精度の高い高画質処理が可能になったという。特に5倍モード以上の長時間録画での画質向上が著しく、AVC圧縮で目立ちやすい動きの乱れを抑え、スムーズで見やすい映像になっている点に感心した。長時間モードの高画質化は、たくさんの番組をHDDに録り貯めたいという人には魅力的だろう。
ここがスゴい
  このほか、スマートフォンとの連携も万全だ。リモコンアプリやリモート予約に加え、AQUOS PHONEにてプリインストールされている「Smart Familink」アプリを使えば、宅内でフルHDのまま視聴ができ、ワイヤレスで番組の持ち出し(ダビング)も可能。録画した番組の視聴機会が増えるのは歓迎したいし、フルHDパネル採用モデルが増えているスマートフォンで、フルHD画質での視聴ができることは今後は欠かせない機能になると思う。
 今や薄型テレビでも録画機能の搭載は当たり前となっているが、たくさんの番組を録り貯め、快適な操作で番組を視聴できるBDレコーダーは専用機ならではの利便性がある。使いやすさを高めたBD−W2300/W1300は、手軽なテレビ録画の楽しみをさらに身近にしてくれるだろう。

photo
photo photo
LCD DISPLAY
SHARP
LC-60UD1
オープン価格


●画面サイズ:60型
●画素数:水平3840×垂直2160
●内蔵チューナー:地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×2
●接続端子:HDMI入力4系統、色差コンポーネント入力1系統(D5)、AV入力1系統、USB端子3系統、他
●寸法/質量:W1378×H383×D876mm/約45.0kg(スタンド込み)
●UD1シリーズ・ラインナップ:LC-70UD1(70型)、オープン価格
●問合せ先:シャープ株式会社 お客様相談センターフリーダイヤル0120-001-251
HDD/BD RECORDER
SHARP
BD-W2300(2Tバイト)/1300(1Tバイト)
オープン価格


●録画可能ディスク:BD-R/RE(BDXL対応)、DVD-R/RW
●地上/BS/110度CSデジタル×2
●HDD容量:2Tバイト(BD-W2300)/ 1Tバイト(BD-W1300)
●接続端子:HDMI出力1系統、色差コンポーネント出力1系統(D4)、AV出力1系統、デジタル音声出力1系統(光)他
●寸法/質量:W430×H58×D235mm/3.5kg(BD-W2300) 3.3kg(BD-W1300)
●問合せ先:シャープ株式会社 お客様相談センターフリーダイヤル0120-001-251

●シャープでは、4K対応液晶テレビ“AQUOS”UD1シリーズのWebプロモーション映像「AQUOS REAL LIVE」を公開中。今回、Webプロモーション映像として世界で初めて360°の立体映像技術「Cuvie」を採用することにより、パソコンのマウス操作で360°と真上からからの映像が視聴できるなど、画期的な内容となっている。また、プロモーション映像では元格闘家の須藤元気さんが率いる注目のダンスユニット「WORLD ORDER」を起用。アーティスティックなダンスや音楽で、ビジュアルとしてもひじょうに楽しめる。尚、この映像は主要量販店の店頭でも放映中だ

URL:
・Webプロモーション映像「AQUOS REAL LIVE」   http://aquos-real-live.jp/
・製品スペシャルサイト   http://www.sharp.co.jp/aquos/ud1/index.html
  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)