メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

    季刊ステレオサウンド No.204 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.9.4 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

HOME > SHARP AQUOS ブルーレイ

連ドラ録画の強い味方!その名も「ドラ丸」連続ドラマの録画・視聴に特化した機能が盛り込まれたレコーダーSHARP AQUOS ブルーレイの新モデルに注目!

photo01.jpg シャープからAQUOSブルーレイ、2015年春モデルが正式発表となり、2月16日より順次発売されることが明らかになった。BD-T3700(3TB)、BD-T2700(2TB)、BD-T1700(1TB)のトリプルチューナー機と、BD-W2700(2TB)、BD-W1700(1TB)、BD-W570/W570SW(500GB)のダブルチューナー機に、シングルチューナー仕様のBD-S570を加えた、計8機種という充実のラインナップで、録って見る楽しみを力強くアピールする。この春モデルの最大の注目は、徹底してドラマを追いかけ、快適に楽しめる「ドラ丸」機能(BD-S570は非対応)。ここではその価値を徹底して分析する。
※
photo
今回お話を伺った、シャープ株式会社 デジタル情報家電事業本部 液晶デジタルシステム第1事業部 副事業部長 兼 第2商品企画部長 松浦 文俊さん



 シャープのBDレコーダーといえば、BD再生時の待ち時間を大幅に短縮した高速なBDドライブ動作や、録画済み番組の見たいシーンが素早く見つけ出せる「見どころポップアップ」、あるいは再生画像とEPGの同時表示、操作が可能な「2画面見ながら操作」などが思い浮かぶが、この春モデルでも、これらはどれも搭載済み。
 いや正確に言うと、見どころポップアップの指定中のサムネイルがいつも中央に、拡大されて表示されるようになったり(前後のシーンが分かりやすくなった)、2画面表示のPinP、映像入れ替え(音声の切り替え)が可能になったり、細かな部分で確かな進化を遂げており、実際の使い勝手をしっかりと押し上げている。
photo
藤原 陽祐 氏
 ただ最大のトピックは、何といってもドラマ好きをターゲットにした「ドラ丸」機能だろう。ニュース/情報、ドラマ、スポーツ、バラエティ、アニメ、映画、音楽と、日々、我々が楽しんでいる放送コンテンツは多岐に及ぶが、いざ 「録画」となるとある特定のジャンルに集中する傾向が見られるという(シャープ調査)。
 そのジャンルとは、ずばり「ドラマ」だ。よくみる番組は? という問いでは「ニュース/情報」がダントツだが、録画する番組となると「ドラマ」が他を圧倒するのだという。ならば新規に始まるドラマを正確に探し出して、根こそぎ録って、それを専用の番組リストから快適に見られる(一括消去/BDへのムーブも可能)能力をBDレコーダーに備えつけたらどうだろう。そんな発想から「ドラ丸」機能の開発はスタートしている。
「しまった、ドラマの初回放送日を忘れていた…」そんな時こそ「ドラ丸」の出番
 今回、「ドラ丸」がターゲットにしたのは、メインストリームとも言える地上デジタル放送。現在、地デジでは年4回の番組改編時に計30本前後の新作ドラマが始まり、全10話前後で完結する。こうした傾向をしっかりと把握した上で、確実に番組を検出して、録画していく。録る前に新作のドラマをリストアップ(ドラ丸リスト)して、事前のチェックが可能(この時点で録画キャンセルも可)。録画後はそのリストにサムネイルが表示され、リストでは放送順に1話目から順番に並ぶため、時系列にストーリーが楽しめるという仕組みだ。また録画モード(初期設定は5倍モード)、録画時間の設定もユーザーに開放されているため、21時以降のドラマだけを、高画質のDRモードで録るといった使いこなしも可能だ。
 基本的に4話までは自動録画され、その後は5話放送時に1話を消去していく。つまり録画後28日経過した番組は上書きされていくシステムだが、「これは残したい」という場合は、ドラ丸リストから「確定」操作を行なう。ここで「予約確定」の表記が入り、5話以降も消去することなく、1クール、全話丸ごと録画が実現することになる。さらに「一括ダビング」機能を使えば、ドラマを全話、そのままBD化することが可能だ。ここではBD容量に応じて、1枚のディスクにぴったり収まるように、最適ビットレートが自動的に設定されることになる。
 なおこの機能、録画対象を「ドラマ」から「アニメ」に変更することも可能。基本的な動作は「ドラマ」の時と変わらないが、両者を併用することはできない。また「アニメ」に設定してもドラ丸リストなどの表記は変わらない。
録り忘れ・見逃しナシ!まさに連ドラ好きが待っていた機能
●BD-T3700/T2700/T1700は、ドラ丸録画の録りおきに関しては、同じ時間帯の録画は2番組まで。リモコンの「緑」ボタンを押して通常予約にすべて変更すると、3番組同時に録画できる

※1 ドラ丸を使用するには、ユーザーが予めドラ丸の設定しておく事が必要。ドラ丸録画は地上デジタル放送の番組表に表示される新作連続ドラマが対象となる。ドラマの中でも再放送や2時間スペシャルなどの単独放送は対象外だ。また、番組表が受信できないと正しく動作しない
※2 4週間経過すると、古い番組から1タイトルずつ自動消去され、次回の新しいタイトルを録画する。また、4週間まったく視聴しなかったドラマはすべて自動消去され、以降録画されない(ドラ丸リストからも削除される)。また、リモコンの「黄」ボタンを押して消去することも可能
※3 ドラ丸の録画先は内蔵HDDのみ。録画する時間帯の設定も可能だ。但し、予約が重なった条件やハードディスクの残量が少なくなった場合に、自動録画されない場合があるので注意が必要。また、1日に同じタイトルの番組が連続で放送された場合、はじめに放送される番組しか録画されない場合がある
※4 リモコンの「緑」ボタンを押して、通常予約(最終回まで録画)にすることで設定される
録って・探して・観る。そのすべてが快適なレコーダー
 限られた時間だったが、実際に触れて、操作してみると、ドラ丸リストのレスポンスの良さといい、その表記の見やすさといい、完成度の高さ、使いやすさを実感することができた。なかでも感心させられたのが、タイトル、曜日、時間、出演者、あらすじなどの各種情報が明確で、ダブりや、意味不明なデータが存在しないこと。ここまでキレイに、整然と表示される番組データも珍しい。
 「そのあたりはGガイド情報とEPGの両方を適材適所で使い分けていることが効いています。具体的には、タイトル、曜日、出演者はGガイド、あらすじはEPGのデータを使っていますが、それぞれの情報が洗練されているため、煩雑にならず、読みやすく表示できます。特にタイトル名に余計な情報を伴わず、オリジナルの状態で表示できるメリットは大きいと思います」(シャープ株式会社 デジタル情報家電事業本部 液晶デジタルシステム第1事業部 副事業部長 兼 第2商品企画部長 松浦 文俊さん)。
 スタート前から気になっていたものの、うっかりミスで録り逃してしまったドラマ、ノーマークながら、急に注目されたドラマ、あるいは思わぬ展開で、にわかに面白みを増したドラマ等々、どんなドラマであろうと、4週間前まで遡って楽しませてくれる新世代AQUOSブルーレイ。この安心感は何にも変えがたく、魅力的だ。
photophoto
まずは「ドラ丸」の設定。デフォルトでは全ての地上デジタル放送におけるドラマが対象で、録画画質は5倍で設定されている。もちろん録画画質を選択することも可能だが、実際の「ドラ丸」リストで個別の設定変更も可能(録画予約を確定した場合)なので、番組ごとに変更したほうが良いだろう。実はアニメを対象としたモードも用意されており、「アニ丸」?にもなる
photophoto
「ドラ丸」設定画面から録画対象のチャンネルと時間帯を設定。ハードディスクの残量を考えながら、自分の好みに合わせた選択が可能だ
観たいシーンがすぐに見つかる、「新・見どころポップアップ」(内蔵HDDに録画したタイトルのみ)
※ BD-T3700/T2700/T3600/T2600は、SHDD(スロットインハードディスク)(別売)に録画したタイトルにも対応
※ タイトルを編集した場合、表示されるシーンや間隔が変わる場合がある
録画した番組の内容を24画面で一覧表示、観たいシーンがすばやく見つかる
録画リストでリモコンの「画面表示」ボタンを押せば、番組の内容を24個の子画面でパッと一覧表示することが可能。すばやく内容をチェックできるひじょうに便利な機能だ。また、リモコンの黄色ボタンを押すごとに、表示シーンの間隔を「約1分」から「約5分」まで、1分単位での切り換えが可能となっている
photophoto
「BD-T3700」と「BD-T2700」はSHDD(スロットインハードディスク)に対応。容量不足が不安なヘビーユーザーも安心だ
photo
photo ブルーレイディスクレコーダー〝AQUOSブルーレイ〟
上段 左から 「BD-T3700」「BD-T2700」「BD-T1700」、ともに2月23日発売予定
中段 左から 「BD-W2700」「BD-W1700」「BD-W570」、ともに2月16日発売予定
下段 左から 「BD-W570SW」(BD-W570のホワイトモデル)2月16日発売予定、「BD-S570」2月23日発売予定 product02.jpg

提供:シャープ


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ライフ 4K ULTRA HD &ブルーレイセット
  • ライフ
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • 怪盗グルーのミニオン大脱走 3D+ブルーレイセット
  • E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • サイバー・リベンジャー
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.