Photo:Takayuki Kono
Illurstlation:Ryugo Ito

祝・連載再開!! しかも、アクオスの最新型「クアトロン」LC-52LX3を使っての再スタート。まさしく相手にとって不足はない(!?)。とはいえ、今回のBDコンテンツは非常に手強そうだ。頭脳明晰なうえ、取っ組み合いでも負けないという、新解釈の「シャーロック・ホームズ」だ。助手のワトソン博士も相まみえたところで、新たに4原色技術を導入した新型アクオスが果たしてこの強力タッグをどう攻略できるか、早速試してみるとしよう。
第4巻 SHARP AQUOS LC-52LX3×シャーロック・ホームズ 「黄金がホンモノになると、映画もホンモノになる」小原由夫
●LC-52LX3に大接近!

HDMI接続を中心に考えられた接続端子パネル。入力6はメニュー設定によってモニター(録画)出力として使用可能。光デジタル音声出力端子からはデジタル放送で使われているAAC規格のデジタル音声信号を取り出すことができる
別売の外付けUSBハードディスクを接続し、本機に録画機器として登録すれば、番組表からのダイレクトエアチェックなどが行なえる。USB端子にはその他、オプションの無線LANアダプターなどを挿入して活用できる

テレビのキャビネットを振動させることなく豊かな重低音を引き出す「Duo Bass」を採用。その秘密はサブキャビネットに向き合って配置された2つのウーファーユニット。互いの振動を打ち消している
あらかじめプリセットされた映像モードを選ぶためのメニュー画面。ぴったりセレクトは、再生中のコンテンツの種類、部屋の明るさや光源の種類、視聴者の好みなどを自動的に反映するポジションだ
こちらは音声信号の調整ツール画面。「サラウンド」を自動にすると、再生するコンテンツを自動検出して、本機の疑似サラウンド効果を付加するという。写真は、今回の視聴を行なった状態になっている
「サラウンド」を自動にしたとき、内蔵スピーカーによる立体音響効果を付加するのは、入力ソースが3ch以上の場合。入で強制的に働かせることもできる。本機の内蔵スピーカーは画面を囲むように配置されている
LC-52LX3のここがすごい!
  • R,G,Bに加えてY:黄色のサブ画素を追加し、色再現範囲を大幅に拡大した
  • 1つのメイン画素が4つのサブ画素によって構成されることになり、映像の滑らかさと精密感が向上
  • LEDバックライトの光を効率よく映像に反映させるUV²A技術を搭載
  • 液晶パネルの倍速駆動、撮影カメラのパンニングボケ検出機能、LEDバックライトの高速オン/オフにより、どんな映像もクッキリハッキリ
  • コントラストは一気に5,000,000対1へ、煌めく黄金から闇の漆黒まで幅広く再現
  • ノスタルジックに映画を楽しめる「クラシックモード」がおもしろい!
  • 外付けのUSBハードディスクにテレビ番組を保存できる
  • 液晶画面を囲むように配置したARSS(アラウンドスピーカーシステム)で映像と音の一体感を実現
  • 2つのウーファーを対向配置して、低振動かつパワフルな低音を楽しまてくれるDuo Bass搭載

「クアトロン」は、RGBに加えて、Y、すなわちイエローのサブピクセルが加わった4原色技術を搭載したことで、例えばひまわりの黄色や金屏風の黄金色など、輝かしさや明るさとその色合いが一段と鮮やかになったことをアピールしている。だが私は、光の利用効率を高め、著しいコントラスト向上を果たした「UV²A」パネルによる明部から暗部にかけての表現力のアップも、「クアトロン」の見逃せないセールスポイントと認識している。一言でいえば、一段と力強さと深みを増しているように感じるのだ。

 その真価は、「シャーロック・ホームズ」の作品冒頭部から実感できた。

 真夜中のロンドンの街を疾走する馬車と人影。闇の中をうごめくその様子が、高いS/N とグラデショーンを伴って活写されている。闇を闇らしくグッと引き込みながら、影が潰れずに再現されているのだ。この冒頭シーンを観ただけで、私は早々と「クアトロン」の実力の高さに感嘆した。  並みの液晶テレビならば、ジラジラとノイズが映っても不思議でない暗がりのシーンで、LC-52LX3はクリアーかつリジットな暗部を再現し、なおかつ解像力の高さもうかがえる。「UV²A」によるものか、光の表情がより一層の生々しさ、本物らしさを勝ち取った感がする。さらには、その闇の中にぼんやりと微妙な色が含まれていることがわかるのである。

 それにしても、この「シャーロック・ホームズ」は、ずいぶんと思い切った内容だ。鋭い推理や華麗な謎解きといった本来の名探偵シャーロック・ホームズのキャラクターを斬新な解釈によって、英国の崩壊を企てるブラックウッド卿との闘いを描いている。随所にアクション映画としてのスリリング要素がちりばめられ、まさしく痛快無比な娯楽大作といった趣きだ。

 主人公のホームズ役にロバート・ダウニー・Jr、ワトソン博士にジュード・ロウという豪華なキャストによる2009年作。ヒロインに「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスを起用している点も見逃せない。

 もはや完全復活といっていいロバート・ダウニー・Jrの活躍ぶりには、近年目覚ましいものがある。92年に喜劇王チャップリンを演じた「チャーリー」で注目されながら(オスカー主演男優賞にノミネート)、麻薬不法所持や薬物依存で再三に渡って起訴や矯正施設送りとなったが、06年の「ゾディアック」辺りからかつての演技派としての輝きを取り戻し、黒人兵士を演じる白人俳優に扮した「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」では08年のオスカー助演男優賞候補に。そしてご存じ「アイアンマン」の再ブレイク。本作でも拳闘シーンで筋骨隆々の上半身を披露。アクション俳優としての新たな地盤を築きつつ、持てる才能にさらに磨きをかけているといったところだろう。

 冒頭の暗黒シーンに続くのは、日中のロンドンの街並みだ。19世紀末の港町の映像は、どこかノスタルジックな空気感が漂う。今回は、いくぶんセピア調を狙った映像モード「映画(クラシック)」がおもしろそうだ。

 このモードは、「クアトロン」で新たに加わったもので、古い映画を郷愁的な味わいで見せるべく、意図的にフリッカーを加えた画づくりが特徴。開発陣はフィルム投影機のような『カタカタ』としたコマ送りを意識したようだが、「シャーロック・ホームズ」ではいささかその狙いが強調され過ぎるように感じられた。光が差し込む窓や建物の白い外壁などでチラつきがやや目立ったので、映像調整メニューの「QS駆動」の<アドバンス/スキャン>(映画クラシックのデフォルト値)を<アドバンス/標準>に切り替えた。これでセピア調の雰囲気を残しながらも、チラつきはだいぶ緩和された。「映画/クラシック」モードでは、どうやら「QS駆動」の設定がキーポイントになりそうだ。 〈右斜め下へ続く〉

 

シャーロック・ホームズといえば、理知的な静かな物腰の英国紳士というイメージを抱くが、本作ではマッチョでアクティブなキャラクターとして描かれている

共演するのは、「きみに読む物語」でHiVi/HiVi WEBのみなさんにはおなじみのレイチェル・マクアダムス。彼女もまた、この映画ではアクション女優を演じている

  〈左上より続く〉「UV²A」によって明部の輝かしさを増した感がある「クアトロン」だが、Ch(チャプター)・17から18にかけては、4原色技術の 最大の真骨頂が味わえることだろう。 修道会の長、トマス卿が銅製のバスタブに浸かっているシーンでは、赤っぽい金属色がとてもリアル。蛇口の造形の立体感も、その映り込みや陰影、くすみがいかにも本物っぽい。また、ホームズが全裸で拘束されているシーンでは、ホテルの金色の装飾のグラデーションがリアルに浮き立ち、続く修道会のシーンでも、祭壇の豪華さがブリリアントな輝かしさを伴って際立つ。また、クアトロンLC-52LV3では、ベゼルの横にもスピーカーを組み込んだ8スピーカーシステム「ARSS」も売りのひとつ。とりわけその要ともいえる、低振動ウーファー「Duo Bass」の真価が発揮されたのが、チャプター21の工場爆発シーンだ。芯のある低音が繰り出されるだけでなく、俊敏さも有しているので、爆風の勢いが一段と迫真的に感じられるのだ。

 立体的造形やその色合いを再現できるテレビはあったが、豪華さや高級感まで表現できるテレビは、そうはない。アクオス「クアトロン」は、それが可能なテレビであるし、「シャーロック・ホームズ」がたっぷりとお金をかけた映画であることも、その映像再現から明快に実感できた。


本作は初回限定版のみ、DVDとのコンボでリリース。BDには128分の本編と約177分の特典映像収録。DVDは、128分の本編とBDにも含まれている約14分のメイキングによって構成されている
BD & DVDセット「シャーロック・ホームズ」¥3,980

●発売日:2010年7月21日
●製作年度:2009年(COLOR)
●本編:約128分 BD映像特典:約177分 DVD映像特典:約14分
●映像仕様:1080p VC-1 ビスタ
●BD音声仕様:DTS−HDマスターオーディオ 5.1(英語)、ドルビーサラウンド(日本語)、
●字幕:日本語,英語、吹替え用
●ディスク:2枚 (片面2層BD+DVD)
〈スタッフ〉
●監督:ガイ・リッチー
●製作:ジョエル・シルバー、ライオネル・ウィグラム
●脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン、アンソニー・ペッカム〈キャスト〉
●シャーロック・ホームズ:ロバート・ダウニー・Jr.
●ジョン・ワトソン医師:ジュード・ロウ
●アイリーン・アドラー:レイチェル・マクアダムス、他

●公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/sherlock/
●鉄人の調整大公開
今回の視聴では、シャープが新しい試みとして私たちに提案する「映画(クラシック)」モードを主に試した。色温度が低めに設定され、意図的にフリッカーが強調されたそれは、ノスタルジックをテーマにしたものだとか
その「映画(クラシック)」モードに対して、今回の視聴では小原鉄人が若干の調整を実施。コントラストを+25に、黒レベルを-6に設定している。コントラストをさらに確保しようという狙いだ
初期状態の「映画(クラシック)」モードでは、QSモードが「アドバンス(スキャン)」にセットされていて、ややフリッカーが目につきやすい状態であったので、小原鉄人はそれを(標準)にしている
映像調整メニューよりさらに深いところにあるプロ設定画面。これが視聴時の最終設定だ。今回、カラーマネージメントには手を触れていない。こうしたさまざまな調整の結果は、入力端子毎に記憶されるしくみだ

小原由夫
おばらよしお・電気測定機メーカーのエンジニアから、オーディオビジュアル専門誌の編集者を経て、フリーライターへ。親しみやすい語り口と素朴なテーマで多くの読者をひきつけた連載「AV奮闘記」で一躍スター(!)の座を築く。海辺のがけっぷちに構えたAVルームも今は昔。現在では場所を移して「開国シアター」として大幅グレードアップしている。
quatron.png液晶テレビ
SHARP AQUOS LC-52LX3 オープン価格(実勢価格 ¥400,000前後)
http://www.sharp.co.jp/aquos/
■第1巻 SHARP AQUOS LC-46DX2×GOEMON
■第2巻 SHARP AQUOS LC-46DX2×ココ・アヴァン・シャネル
■第3巻 SHARP AQUOS LC-46DX2×グッド・バッド・ウィアード

■INDEXへ戻る

▲ ページトップへ