Stereo Sound ONLINE ホーム > 特集 > ソニー BDZ-AX2700T:高画質・高音質を基盤にした高機能・高利便性の達成に進化の足跡をみた

この秋ラインナップが一新されたソニーBD/HDDレコーダー群。高いマルチタスク性能など利便性の高さに加えて、3番組同時長時間録画を達成。また外付けUSB HDDに対応したほか、スマートフォンで外から録画予約できるなど、要求の高いユーザーにはうれしい製品だ。しかし、今回のトップエンドモデルBDZ‐AX2700Tの高品位な音質と画質には、単に利便性の追求にとどまらない、積年の開発努力と発想の柔軟性がみえてくる
↑写真・左から ソニー株式会社 ソフトウェア設計本部 ホームアプリケーション設計部門 三好秀典氏、麻倉怜士氏、ソニー株式会社 ホームエンタテインメント事業本部 HAV企画MK戦略部 宮原靖武氏、ソニー株式会社 ホームエンタテインメント事業本部 ホームエンタテインメント開発部門 濱田敏道氏、ソニーイーエムシーエス株式会社 木更津テック設計センター 桑原邦和氏
「BDの再生画質に関しては、必ず毎年、顕著な進化を仕込むことがわれわれのモットーです」と、画質担当の濱田が言った。総合的画質回路、CREASについての言及だ。CREASが搭載された08年からの進化の足跡を振り返ると、確かに濱田が胸を張るのも理解できよう。

 初年度は、SBMVを始めとして適応処理を入れたCREASをデビューさせた。09年はLSIを洗練。10年はメインのLSIは継続し、上級モデル用にCREAS PROとして新LSIを開発。映画のフィルムグレインノイズを精密に再現させる技術など、より緻密に画質を深掘りした。

 これらの開発技術は、改良を加えながらすべて最新モデルに引き継がれ、要所で大いに効果を発揮している。例えば、大面積で色のグラデーションが現れる部分に出る階調ノイズに対しては、初代で開発したSBMVが、改良を経て、実に効果的に対処してくれる。毎年新規開発してきた技術が集結し、目を見張るほどの画質向上に結び付いているのだ。

*SBMV(スーパービットマッピング・フォー・ビデオ)
photo
BD/HDD RECORDER
ソニー BDZ-AX2700T
オープン価格(実勢価格23万円前後)

●録画可能メディア:BD-R/RE(BDXL対応)、DVD-R/RW●HDD容量:2Tバイト●外付けHDD対応●内蔵チューナー:地上/BS/110度CSデジタル×3●接続端子:AV出力1系統、色差コンポーネント出力1系統(D4)、HDMI出力2系統、デジタル音声出力2系統(光/同軸)、USB端子3系統ほか●消費電力:50W●寸法/質量:W430×H81×D288mm/約6.0kg


基礎体力の向上が総体的なクォリティアップに
 ではこの秋のCREASはどのように進化したか。「基礎体力の向上が本モデルのテーマでした」と濱田は言った。基礎体力とは信号処理の16ビット化、コントラストリマスター(自動調整)、精度を高めたクロマアップサンプリング処理、3D映像から視差情報を解析し、映像の特徴と視差分布に合致した立体感処理の「3Dエンハンス」など多くの技術開発のこと。

 中でも大いに注目すべきポイントがあった。原信号に入っているオーバー・シュート(輪郭強調によって生じる輪郭左右の白線)を、可能な限り細くすることに挑戦したのだ。ハイビジョンになり、信号の精細度は大幅に増したが、オリジナル信号ですでに加えられているシュートは、これまでの再生装置では対処していなかった。ランダムノイズや階調ノイズは、前述のように有効な対策がとられたが、オーバー・シュートについては、信号そのものであるという定義から取りようがないとされてきた。

「指摘されてからわれわれもずいぶんトライしてきたのです」と濱田が明かした。しかし「対策は一進一退で、なかなか有効には働きませんでした。細くすることだけなら、なんとかできるのですが……」。

 では今回は?「今年は思い切って非線形のフィルターを新調しました」。特筆すべきは、その結果として精細度の向上が見込めたことだ。シュートを細くすることは、周波数的に言うと中域レベルを下げることだ。すると相対的に高域のレベルが上がり、その分細部のヴィヴッドさが際立つ。

 こだわりといえば音質も、その大いなる対象であった。「BDZ-AX2700Tでは、音づくりの手法を根本的に変えました」と音質担当の桑原。「従来はまず音を詰めてから映像を映していましたが、今回は、音づくりのまさにその場で映像を映すことにしました。AV機器として音と映像は同時に楽しまれるものですから」。

 これは重要な慧眼だ。信号は別だから独立して扱えるわけだが、AVの本質を追求するなら、AV同時再生の環境で音を調整しなければならない。音と映像は、互いに大きく影響しあうからだ。桑原はさらに言った「電源が効きました。今回は電源をかなり強化した結果が、音にストレートに反映されました」。

 電源を強化するのには理由があった。3番組同時のAVC長時間録画という機能の大幅強化を図るためだ。しかも、BD-ROM再生、BDへの高速ダビング、DLNA配信も同時に行なうという贅沢な仕様。そのパワーを確保するための電源強化が、さらに音の改善を支えた。

 マルチタスク機能に加え、ソニー初の外付けHDD対応、そして豊富な録画機能など、技術的要求の高い壁を越えながらも、根幹である画質、音質のさらなる進化を目指す。ソニーのBDレコーダー開発は、複眼的な視点からクォリティ向上に挑戦しつづけているのである。

提供:ソニー
※文中敬称略
▼ ソニーならではの録画機能の進化
外付けUSBハードディスク

photo 別売りのHDDをUSBケーブルで接続することで、録画容量を増やすこと(最大2TB増設)ができる。登録は最大で10台まで可能。また、内蔵HDD、BD、USB HDDの3つの媒体に長時間同時録画が可能だ
photo
↑増設のUSB HDDでは、「オートグルーピング」「追いかけ再生」「ダイジェスト再生」「チャプター自動作成」「チャプター編集」「毎系録画設定」など、内蔵HDD同様の便利な再生・編集操作ができる。またUSB HDDごとに名前登録ができるため、膨大な量の録画番組も容易に整理できるのは大きなメリットだ
■ 外から簡単! リモート録画予約
↓スマートフォン Xperia
photophoto
↑CHAN-TORU アプリ画面

Webアプリ・CHAN-TORU Ver 3・0*1を使えば、外出先からでもスマートフォンをとおしBDレコーダーを操作することができる

操作可能な機能
 ●リモート録画予約 ●予約番組確認 ●番組検索
 ●録画済み番組確認 ●音声検索*2
 ●録画タイトル整理 ●ランキング表示
 ●容量確認

*1「Gガイドテレビ王国CHAN-TORU」はソネットエンタテインメントが運営するサービスです *2「Koe-Kara」アプリが必要です
↓ソニータブレット Sシリーズ
photo
photo
↑画面の大きいタブレット端末やPCでは、CHAN-TORU画面がふたつのタブで構成され、より見易く使い勝手が向上

■3番組同時録画中にできるマルチタスク
 ●BDソフト、ブルーレイ 3Dソフトの視聴
 ●録りためた番組を他の部屋で閲覧
 ●以前に録画した番組のBDディスクへの高速ダビング
 ●3番組にチャプター自動作成
 ●追いかけ再生/早見再生
 ●3番組の「おでかけ転送用動画ファイル」を同時作成
hr.png