メニュー

閉じる

HOME> TOSHIBA REGZA 55XS5

 本製品は私が個人的にも、また公的にも、熱く望んだものだ。今年のCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)での東芝の日本人記者向けの会見。アメリカ仕様の裸眼3D付き4K×2K液晶テレビの発売をアナウンスした場だが、質問時間が始まってすぐ私は、東芝デジタルプロダクツ&サービス社の大角正明社長に向かいこう述べた。
「私は、裸眼3Dを外した4K×2K専用高画質モデルを作って欲しい」。
   大角氏はその質問(ではなく要望)に少し驚いた様子だったが、しかし、その質問は結果的に、無駄ではなかった。今日、裸眼3D機能を外したまさにピュア4K×2Kモデル、55XS5として実現したのだから。
   私は、特に家庭用4K×2K直視型ディスプレイが東芝機以外存在しない現状において、同社には最高の4K×2K画質を求める声に応えて欲しい、そう願っていたのだ。今回55XS5の登場で、ユーザーに裸眼3D機能か、高画質かという選択ができたことを、高く評価したい。

圧倒的な精細感再現とダイレクトビューイングを可能とした55XS5

 さて、ここからは肝心の本機のクォリティだ。ひとつにはコントラストだ。X3は直下型のローカルディミング付きのバックライト、今回のXS5はエッジライトと、方式が異なる。本来なら、4K×2Kテレビは、ぜひローカルディミング直下型にすべきところだが、本機はエッジライトにも拘わらず豊かなコントラスト感を見せてくれる。厳密にいうと、エッジライト的な質感は一部に認められるものの、基本的に爽快な画調だ。特に、明所における暗部階調の再現性が良い。4K×2Kパネル自体の製造の安定性が時と共に高まったことも効く。
   光のダイレクト出射が可能になったため、得意の4K×2K再現性はより磨かれた。4K×2Kを語るには、二つの切り口がある。ひとつがリアル4K×2K画素数でのコンテンツを、4K×2Kネイティブ解像度で再生する道。4K入力アダプターTHD - MBA1を通じて、パソコンや4K×2Kカメラの信号を表示する。やはり圧倒的な精細感再現は凄い。

4K2K超解像技術では2回の映像処理を行なう。1回目には、再構成型超解像技術や自己合同性型超解像技術などで、DVD映像や地上デジタル放送映像を高品位な2K映像に整えていく。その後2回目の映像処理で4K変換処理をかけ3840×2160画素(約829画素)の映像を映し出す。この2回目の映像処理では、カラーテクスチャー復元超解像技術で画素ごとの色情報分析による最適な復元をかけることで、質感描写向上などより臨場感のある映像を再現する

 今回はビクターの4K×2Kカメラで撮った景色や静物、昼夜の映像を再生したが、単に情報量が多いという言い方では、もはやその感動を伝えるには不充分だ。情緒感、質感、空気感というエモーショナルな記号を感じられることこそ、リアル4K×2Kの最大のメリットといえよう。ひじょうにパワフルで、表現性に満ちたオリジナル信号が、夾雑物なしのダイレクトビューイングで見れることが今回のXSモデルの大きな収穫だとわかる。
   私がみるに、HD(2K)と4Kの違いは、単に解像度が4倍という数値だけにはとどまらない。オーディオで喩えるならば、まさにリニアPCMのCDとDSDのスーパーオーディオCDのような感動の違いがある。DSD音源の再生音は弾力性に富み「情報量」という枠を飛び出し、情緒感までも表現する。リアル4Kの映像にも、私は同様のインプレッションを覚えるのである。
   また、リアル4Kの立体感は、あくまでもひじょうに自然だ。こうした映像が現出すると「映像」そのものの価値観も大きく変わるに違いない。これまでの「鑑賞するためのもの」から「アクティブに使うもの」に変わるかもしれないし、世のクリエイターたちの感性を刺激し、アプリケーションの発想の起爆剤になる可能性も出てくる。

 もうひとつは、フルHDからの超解像アップコンバートだ。現実問題としていま、4K×2Kテレビ最大の活躍の場は、フルHDの映像が、フルHDディスプレイよりもきれいに、そして高精細に受容できることだ。このストーリーは、本誌でも何回も述べたことだが、先日、IFA展示会記者会見イベントで、4K×2Kテレビに関する否定的な意見を聞いたので、報告しよう。
   各国の電気業界に関連するジャーナリストたちのパネル・ディスカッション。司会者が「4K×2Kテレビが出てきたが、可能性はあるか」と質問したところ、オーストリアのジャーナリストは「ない。コンテンツがないからだ」と答えた。これはヨーロッパのジャーナリストの平均的反応で、実際の画像のクォリティではなく、メディア的な観点でものを決めるという思考法の典型だ。
   私の立場は、違う。実際の映像として、フルHDネイティブより4K×2Kアップコンバートの方が圧倒的に素晴らしいこと識っている私を始めとする日本のユーザーには、違和感のある発言であった。
   4K×2Kアップコンバート+超解像のメリットは幅広く認識されている。信号中にマスタリング時で得られた4K×2K的な微小信号を持つ、「サウンド・オブ・ミュージック」、「ウエスト・サイド物語」、「山猫」などの名作映画のレストア作品、4K×2K撮影の「ソーシャル・ネットワーク」「エクリプス」などの現代映画作品だけでなく、良い条件で撮影された2Kコンテンツも、確実にその恩恵を受ける。単に細かな信号が抽出されるだけではなく、色のくすみや翳りといったニュアンス系の映像も、ひじょうにていねいな描画なのだ。
   そんな4K×2K映像の素晴らしさを、さらに高次元のリアリティでダイレクトに感じ取ることが可能な55XS5の登場を大いに歓迎したい。


提供 : 株式会社東芝



  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • ブラックパンサー 4K UHD MovieNEX
  • ブラックパンサー MovieNEX
  • ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション (4K ULTRA HD+Blu-rayセット)
  • マンマ・ミーア! (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • グリース (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • (初回生産限定) グリース 製作40周年記念 HDリマスター デジパック仕様 DVD&ブルーレイDVD&ブルーレイ
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.