メニュー

閉じる
  • ホーム
  • ニュース
  • レビュー
  • 連載

    連載一覧

    映画番長の銀幕旅行

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    ハリウッドのBehind the CAMERA

    NEW UPDATE 2017.12.1 更新

    映画の交叉点 a junction of the movies

    NEW UPDATE 2017.11.1 更新

    コレを聴け!!

    NEW UPDATE 2017.10.24 更新

    麻倉怜士のまるごと好奇心

    NEW UPDATE 2017.10.20 更新

    アニメノヲト -Anime Note-

    NEW UPDATE 2017.10.13 更新

    ナベさんのマストバイ

    NEW UPDATE 2017.8.14 更新

    麻倉怜士のヨーロッパ音楽紀行

    NEW UPDATE 2017.6.14 更新

    Masato’s G clef Lab.

    NEW UPDATE 2016.3.3 更新

    編集部ブログ

    ヤスのアイドルラブ

    NEW UPDATE 2017.12.3 更新

    HiVi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2016.10.21 更新

    管球王国編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.10.8 更新

    オートサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2015.1.23 更新

    ステレオサウンド編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2013.3.29 更新

    ビートサウンド・DigiFi編集部 ブログ

    NEW UPDATE 2012.3.14 更新

  • 出版物

    季刊ステレオサウンド ステレオサウンド No.205 2018年 WINTER

    NEW UPDATE 2017.12.12 更新

    DigiFi No.28 特別付録ハイレゾサンプラーDVDつき号

    NEW UPDATE 2017.11.28 更新

    月刊HiVi 2017年12月号

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    隔月刊PROSOUND 2017年12月号 Vol.202

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    季刊管球王国 Vol.86 2017年 AUTUMN

    NEW UPDATE 2017.10.28 更新

  • 特集
  • ベストバイグランプリ
  • ソフト情報

    e-onkyo ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.8 更新

    OTOTOY ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.7 更新

    mora ハイレゾ音源ランキング

    NEW UPDATE 2017.12.6 更新

    DL Jukebox High Res. Download Files QUALITY CHECK

    NEW UPDATE 2017.11.17 更新

    今週発売のBD一覧

    NEW UPDATE 更新

    CD・SACD・USB・BD・DVD好評発売中!

  • お問合わせ

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ステレオサウンド社の刊行物およびウェブサイトへのご意見・ご感想・各種お問い合わせは、
    以下のリンク先のフォームにてお受けしております。
    ※内容によっては、回答にお時間がかかる場合があります。
    また、ご意見・ご要望・お問い合わせの内容によってはお答えできない場合もあります。
    あらかじめご了承ください。

    雑誌

    季刊Stereo Sound

    月刊HiVi

    季刊管球王国

    BeatSound

    DigiFi

    隔月刊PROSOUND

    その他の別冊/書籍

    ウェブサイト

    Stereo Sound ONLINE

    Auto Sound

    メールマガジン
    販売提携誌

    ワイン王国

    その他

    読者の方へ

    広告出稿をご検討の方

    ウェブおよび雑誌広告に関するお問い合わせ

    媒体資料

    Stereo Sound

    (2017年10月)PDF

    HiVi

    (2017年10月)PDF

    管球王国

    (2017年7月)PDF

    DigiFi

    (2017年10月)PDF

    隔月刊PROSOUND

    (2017年10月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2017年5月)PDF

    Stereo Sound ONLINE

    (2016年4月)PDF

 ユニバーサルでは映画史を飾った名画「アラバマ物語」「西部戦線異状なし」、さらにはヒッチコック作品から古典モンスター映画までを修復し、創立100周年記念のブルーレイ・ディスク(BD)としてリリースしている。100周年記念BDでは、4Kスキャン/4Kワークフロー、サウンド・リミックスが重要なキーワード。8月に発売された「JAWS/ジョーズ」、そして11月に登場する「E.T.」は、その中核を担う作品である。

 「E.T.」の修復責任者は、「ジョーズ」に続きマイク・ダルティ氏。ユニバーサル作品のアーカイヴ保存と修復作業を担当するダルティ氏と彼のチームは、ユニバーサル・ライブラリーのほぼすべてを手掛けているのだ。最新BDラインナップ「めまい」「サイコ」「鳥」、さらには「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン」などの名画もダルティ氏の修復至芸によって蘇り、高い完成度を誇っている。
4Kスキャンにより圧倒的な映像情報量を獲得
photo
 さて、待望の「E.T.」の出来映えはどうか。「ジョーズ」同様に「オリジナルの姿や製作意図を可能な限り再現する」という修復テーマは、本作でも妥協することなく実践されている。ここで収録されるのはCG等で加筆された2002年公開の「20周年アニバーサリー版」ではなく、まぎれもない1982年公開オリジナル版だ。30年前にフィルム全身に沁み込んだスピルバーグのハートウォーミング、これをBDで噛みしめることができよう。

 35mmネガからの4Kスキャン/4Kワークフロー絵画。海外メディアにダルティ氏が語ったところによれば、「かつては決してネガを使用しなかった」という。すでにカラー・タイミング(カラー・コレクション)が施されたインターポジの方が扱いやすく、時間も節約できる。ネガではいちからカラー・タイミングをやり直さねばならず、撮影に何日も費やした日中シーンなど、同じ日、同じ時間の陽光に整えるために膨大な時間を要するからだ。

 圧倒的な映像情報量の獲得。これがネガからの4Kスキャンの恩恵だ。確かにその後のワークフローは多くの時間を要する。「映像の中で何がフォーカスされているか」「照明レベルが低い部分では何がどこまで見えるか」など、その再現のためにフィルムの数値データも的確に把握しなければならない。しかし、挑戦と努力と創意工夫の末に生れたHi-Def絵画は、美術画の如く美しい。

 その美術画が、「E.T.」である。「ジョーズ」が自然光への感性を浮き上がらせたのに対し、様式的な光彩を駆使した本作では精神的・審美的な側面が強調されている。漆黒の森は新興住宅の光彩を際立たせ、E.T.とエリオット少年は自然主義の足かせから解き放たれたスポットライトの後光を浴びて輝くのだ。

 とりわけスモークエフェクトが多用されるシーンでのHi-Defの恩恵は多大で、彫刻される無限の陰影を通じて、光彩の持つ可能性を最大限に引き出している。しかも細密な映像情報が霧散することがない。軟調さ、脂肪質の映像と無縁。BDで観えてくるもの。それは作品に息づいている瑞々しい官能性であり、修復で蘇りしHi-Def絵画の数々は、スピルバーグの感受性の強さと審美眼の確かさを伝えて余りある。これを是非とも家庭劇場でしゃぶり尽くしていただきたい。

DVDやHD放送を上回るロスレス音声の恩恵
photo
 子供の目線を意識したローアングル・ショットに、クラシカルな伝統の香りが漂う。映画の伝統が極まるのは、古典的な、しかし隙のまったくない切り返しショットの連続性で編み上げられる終幕だ。ここでは、指先や手、あるいは瞳の瞬きの些細な動作が、スポーツの激闘と同じくらい心を揺さぶる感動を生み出すことを実証してみせている。

 同時に高度な職能的手腕が光る音楽なくしてこの終幕は立ち上がらぬが、ジョン・ウィリアムズは誰もが共感を覚えるスコアを提供した。7.1ch化では「ジョーズ」と同じくオリジナルの意図の補強がテーマで、音楽空間の連続性と遠近法の再現に最大の注意が払われているのがわかるはずだ。ハリウッド映画音楽における後期ロマン派的スタイル、その強い影響を聴取できるのも微笑ましい。

 「E.T.」は感受性豊かな家族ドラマであり、会話劇である。声変りを許さぬエリオット少年の声の音楽性からは、知的な大人に成長するであろうことを予感させる。それを支える少年少女の声が持つイノセント、大人たちの声の存在感は、発話空間で的確な距離を持つ効果音や環境音の力学と相まって、全編を通じての聴きどころとなっている。

 この音の妙味は巨大な音場空間の映画館では容易には聴取できぬものであり、DVDやハイビジョン放送を上回る分解能と明瞭度に支えられたロスレス音声ゆえの贈り物。なんとしても聴き逃さぬよう願いたい。

 「E.T.」はスピルバーグ作品の中で、もっとも良質で、もっとも豊かな気持ちにさせてくれる映画だ。「もっとも私的な映画であり、最高のディズニー映画である」と語るスピルバーグの新録インタビューほか、3時間を超える特典映像からも、さらにはDVDでは未収録であったオリジナル日本語吹替音声による鑑賞からも伝わるはずだ。

 オリジナルに忠実に。そのための誠実努力。これぞ修復の極致を経験と技術で示し、高い完成度のBDを送り出す。ダルティ氏が語るように、大人の心の中に住む子どもを呼び覚ます映画は数多いが、子どもの中の大人にまで語りかけた作品は例を見ない。だからこそ平和大使「E.T.」は、年齢を問わず誰もが楽しめ、感動するのであろう。ここに登場せし、志高き名画ブルーレイ。必見! 必聴!
photo BD-ROM
「E.T. コレクターズ・エディション」


(ジェネオン・ユニバーサルGNXF-1683)¥4,190 11/2発売
●1982年アメリカ作品●片面2層●本編115分●カラー(16:9/ビスタ)●映像圧縮方式:MPEG4 AVC●収録音声:DTS-HDマスターオーディオ7.1ch(英語)、DTS5.1ch(日本語)、DTS2.0ch(英語/日本語ステレオ)
<スタッフ>
●監督・製作:スティーヴン・スピルバーグ●音楽:ジョン・ウィリアムズ
<キャスト>
ディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ロバート・マクノートン 他
E.T.
UNIVERSAL
©1982&2002 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.


  • Check
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Stereo Sound ONLINE関連記事

ソフト情報
  • e-onkyo ハイレゾ音源ランキング
  • OTOTOY ハイレゾ音源ランキング
  • mora ハイレゾ音源ランキング
  • Stereo Sound STORE CD SACD USB BD DVD
今週のBD
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+4K ULTRA HD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+3D+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー/最後の騎士王 トランスフォーマー ブルーレイ+DVD+特典ブルーレイ
  • トランスフォーマー (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/リベンジ (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
  • トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
SNS

表示切り替えモバイル  | パソコン

会社概要|広告掲載について
プライバシーポリシー|セキュリティポリシー

©Stereo Sound Publishing,Inc.